自動車保険の保険金を受け取った時の税金は?

自動車保険に加入し条件に合致して支払われる保
険金は、受け取る場合に税金の対象になるのでは
と疑問視する方もいらっしゃるかと思います。

 

一般的に自動車保険の保険金は利益と見なされないので、
税金が発生したり請求されることはいたって稀です。

 

もちろん一部には例外もありますから、知らなかったで済まさな
いようにしっかりと自動車保険の仕組みを知ることが大切です。

 

自動車保険の加入を検討する際、発生する可能性のある税負担
を踏まえ、受け取れる保険金を把握する必要があると言えます。

 

自動車保険は基本的に税金の支払いが不要です

 

個人の収入は通常所得の対象となるので、所得税に当てはまると考えられます。

 

しかし、自動車保険の保険金は損害を補填するために支
払われますから、財産が増える収入には該当しません。

 

つまり、保険金は収入と呼べず、利益には含まれないの
で結果的に支払いの負担が発生することはないでしょう。

 

一方、条件によっては例外が発生することがあります。

 

これは、自動車保険は保険金を受け取っても所得にはな
りませんが、受取人が死亡した場合は例外が起こります。

 

通常保険金は加入者が受け取るものですが、亡くなった場合
は遺族に相続されるので、相続税が発生することになります。

 

仮に保険の契約や加入の名義が本人ではなくても、
受取が本人以外になれば受け取った人は贈与され
たとみなされ、贈与税の支払いが求められます。

 

また、保険料を家族が負担してその家族が保険金を受け取
った時は、一時所得に該当するので所得税が発生します。

 

契約者と保険料の支払い人、そして保険金の受取人の関係で発生
する税金の種類は変わりますから、覚えておくと良いでしょう。

 

このことから、自動車保険を理解すると税金の不安が解消されます

 

損害を受けた人が存命で、通常の被害に収まるもの
であれば基本的に支出が発生することはありません。

 

具体的には損害保険車両保険に所得税はかからないことになっています。

 

唯一、損害保険だけは死亡保険金に例外があるのです。

 

事故に遭って保険金を受け取るとき、税の負担が必要と
なればいくら支出が起こるのかと不安になるでしょう。

 

急な場面でも焦らず落ち着いて対応するためには、契約する保険内容
を再確認して、事故に備えシミュレーションすることがポイントです。

 

トップページに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加