わき見運転が原因の交通事故

わき見運転が23歳の若い女性の未来を奪ってしまった悲しい事故です。

 

若い女性

交通事故の判例
若い女性は助手席で後ろへ倒れ込み、時々痙攣していました。

 

救急車が来るまでの間、介抱していた男性は「がんばれ、がんばれ」と泣
きながら声をかけていましたと、事故直後の2人を見た女性はこう語った。

 

三島(27歳)と真由美(23歳)は恋人同士で、その日は三島所有
のインプレッサの助手席に、真由美を乗せデートに出かけていた。

 

事故は白昼2時頃、周囲に田園広がる何の変哲もない国道で発生した。

 

幅8.5mの車線道路で、路側帯ですら1.5mもの幅がある広い道路である。

 

ただ普通の国道と異なる点は、路肩がコンク
リート壁で遮断された自動車専用道路だった。

 

そんな見通しの良い道路の走行(左側)車線を走って
いたインプレッサが、時速60kmくらいで左路肩に停
車していた貨物トレーラーの後部へ激突したのである。

 

貨物トレーラーは幅2.5m、全長はトレーラーヘッドも
含めると15mにもなる大型車で、広い路側帯を含めて
も2車線のうち左側1車線をほぼ塞ぐ形で停車していた。

 

「私がトレーラーに気づいたときは、もう
20mくらいしか間隔がありませんでした」

 

「それで慌てて右ハンドルを切って追い越し車線へ逃げよ
うとしたのですが間に合わず、彼女が座っていた助手席側
がトレーラー後部の右半分へ衝突してしまったのです」

 

三島は事故状況をこう話した。

 

また「車内で彼女と会話に夢中になっていました。それで、トレ
ーラーの発見が遅れました」と、目に涙が溢れ、頬を伝っていた。

 

三島は自分の前方不注意を認めたのです。

 

この事故で三島は軽傷で済んだが、真由美は全身打
撲で救急搬送された病院で翌日帰らぬ人となった。

 

「死亡事故の当事者になったら警察での取り調べは容疑者扱い」
大型トレーラーの運転手である近藤(60歳)は、トレ
ーラーの左後輪6本のうち2本がパンクして走行不能に
陥り、ハザードランプを点けて道路上に停止していた。

 

死亡事故だけに、近藤は警察で4時間にもわたって犯罪者のよう
な取り調べを受けた結果、携帯電話の発信履歴から停止2分後に
会社へパンクを連絡、その2分後に修理工場へ連絡しており、そ
の1分後に三島のインプレッサが追突したことが明らかになった。

 

大型トレーラーが停止してわずか5分後の事故だったわけである。

 

「路上駐車委夜加害事故は状況により過失割合が増減する」
追突なので過失割合は三島100、近藤0が基本判例です。

 

しかし、トレーラーが停止していた場所は自動車専用道路で、もち
ろん駐車禁止であるため通常なら過失がプラス10加えられますが、
近藤は故障によりやむを得ず駐車しており、退避不能であるためマ
イナス10が修正され、基本の三島100、近藤0で決着しました。

 

トップページに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加