「ダイハツ」タントの保険料シミュレーション

人気の軽自動車ダイハツ・タントの中でも売れ筋と言われ
ているのがタントカスタムXSA(スマートアシスト)です。

 

ダイハツのタントに乗っている人、または購入を検討している人へ
向けて、任意で加入する自動車保険の判断材料になれば幸いです。

 

それではここから、
タントの保険料について詳しく見てみましょう

見積り条件

車種 タント・グレードカスタムXスマートアシスト付き(2013年発売モデル)
初年度登録年月 2015年4月
ナンバー 5ナンバー
型式 DBA-LA600S型
記名被保険者 25歳女性
使用用途 日常・レジャー
等級 6等級新規
免許証の色 ブルー
運転者範囲 本人限定
年間走行距離 5,000km以下
対人・対物賠償 無制限
人身傷害保険 3,000万円(車内外補償タイプ)
搭乗者傷害保険 無し
車両保険 限定条件で170万円(免責金額5-10万円)
付帯特約 弁護士費用特約・対物超過修理費用特約
自動付帯特約 他車運転危険補償特約・無保険車傷害特約・自損事故特約・車両無過失事故特約

保険会社 年間保険料
セゾン自動車火災 89,950円
ソニー損保 91,990円
セコム損保 104,480円


上記の条件では初めて自動車保険を契約するため
等級を6等級、免許の色をブルーとしています。

 

そのため、長年車に乗っている人と比べる
と保険料は割高な印象となってしまいます。

 

年齢が若いとどうしても保険料が高くなりが
ちですが、そのような人は車両保険プランの
見直しを行ってみることをおすすめします。

 

エコノミープランにするだけでも、か
なりの保険料節約につながるでしょう。

 

また、見積りで付帯した特約は弁護士費
用特約と対物超過修理費用特約のみです。

 

弁護士費用特約は保険会社が示談交渉できな
いもらい事故の時などに、弁護士に示談等を
依頼する際の費用を補償してくれる特約です。

 

また対物超過修理費用特約は、事故の相手側の車の
修理費用が時価を超えた場合(この特約を付帯して
いないと示談が難航する恐れがある)に、その超過
分を限度額まで補償する特約となっています。

 

保険会社により、無制限・固定額・選択可能などと異なります。

 

この2つの特約は主に示談の際に役立つので、事故後の処理を
スムーズに終わらせい人にはおすすめの特約となっています。

 

見積り条件と保険料について
見積りでは25歳の若い人を記名被保険者としていますが、
自動車保険は年齢が若いと高くなる傾向にあります。

 

その理由は、等級と運転者年齢条件が影響しているからです。

 

等級については1年に1つしか進まないの
で、今までの契約期間が短い若い人は割
引率の低い等級にならざるを得ません。

 

ただ、若い人でも同居している親の等級を引き
継いで有利な等級で契約することは可能です。

 

また、運転者ん年齢条件では補償する年齢の範囲
が広いほど保険料が高くなりますが、年齢条件は
概ね各保険会社で以下の4つの区分としています。

 

・全年齢補償
・21歳以上補償
・26歳以上補償
・30歳または35歳以上補償

 

運転する可能性のある人の中で、一番若い人
の年齢の合わせて契約をする必要があります。

 

上記の見積りの記名被保険者は25歳
なので、21歳以上補償を選択します。

 

その結果、平均的な保険料と比べると高くなっていますね。

 

このケースの場合、次年度の契約では26歳
以上補償となるので保険料は安くなります。

 

補償の見直しだけでなく、運転者の年
齢チェックも忘れずに検討しましょう。

 

「タントの特徴」

 

タントに装備されているスマートアシストは、
低速時に前方車両との衝突を回避または衝突時
の被害軽減を目的とした運転支援システムです。

 

スマートアシストでは、まず、車両の前に取り付けられた
レーザーレーダーによって前方車両との距離を測定します。

 

そして、前方車両との距離が近くなった時(約4
m以内)にまずはブザーによる警告を行います。

 

それでも運転手がブレーキ操作を行わな
い時には、緊急ブレーキを作動させます。

 

また、前方に障害物があるときのブレーキとアクセルの踏み
間違いによる急発進・誤発進の事故を防ぐ効果もあります。

 

店舗に車が突っ込んだというニュースを目にしますが、スマー
トアシストによってこのような事故を減らす可能性があります。

 

このように、スマートアシストには事故を防ぐ
または被害を軽減する効果があるので、搭載さ
れている車の車両料率クラスが良くなります。

 

その結果、保険料が安く計算されます。

 

スマートアシストをはじめとした運転支援システム
が搭載された車両を選ぶことで、搭載していない車
両よりも保険料の節約につながる可能性は高いです。

 

ただ、将来的に運転支援システムが標準になると、保
険料に与える影響は小さくなるような気がしますね。

 

 

ご自身のタントの補償内容や保険料はいかがでしょうか?

 

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、
保険内容に不足や見落としがあっては本末転倒です。

 

そのため、まずはタントの補償プランの組み立てから始ま
り、一括見積りで安いところをという順序を忘れないよう
にして自動車保険を選んでいくことをおすすめします。

 

>>弁護士費用特約の補償内容と注意点のページに進む

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加