「ホンダ」ステップワゴンの保険料シミュレーション

ホンダのステップワゴンは実用性や居住性が高く、ファミリー
ユースとして人気のあるハイルーフ系のMサイズミニバンです。

 

同じく、Mサイズミニバンの日産セレナやトヨタの
ヴォクシー、ノアなどとライバル関係にあります。

 

ステップワゴンのメインターゲットは小さな子供のいる家庭です。

 

そう言われてみると、家族みんなで遠方に
ドライブする姿が思い浮かんできますね。

 

それではここから、
ステップワゴンの保険料について詳しく見てみましょう

見積り条件

車種 ステップワゴン・Gコンフォートセレクション(2012年11月発売モデル)
初年度登録年月 2013年2月
ナンバー 5ナンバー
型式 DBA-RK1型
記名被保険者 42歳男性
使用用途 日常・レジャー
等級 14等級
免許証の色 ゴールド
運転者範囲 本人限定
年間走行距離 5,000〜1万km
対人・対物賠償 無制限
人身傷害保険 3,000万円(車内外補償タイプ)
搭乗者傷害保険 無し
車両保険 一般タイプ200万円(免責金額5-10万円)
付帯特約 弁護士費用特約・対物超過修理費用補償特約
自動付帯特約 他車運転危険補償特約・自損事故特約

保険会社 年間保険料
SBI損保 49,850円
セゾン自動車火災 53,550円
そんぽ24 67,340円


見積り条件は、妻と子供2人を持つ働き盛りの
42歳男性を想定して見積もりを取っています。

 

家族みんなでゆったりといろいろなところへドラ
イブに行けるようにミニバンに乗っていますが、
免許を持っているのは夫のみという前提です。

 

ダイレクト型自動車保険で一番安くなったのはイーデザイン損保です。

 

なお、インターネット割引はイーデザイン損保とセゾン自動車火災
が1万円、三井ダイレクト損保は4,500円となっています。

 

セゾン自動車火災と三井ダイレクト損保の保険料の違
いは、概ねインターネット割引の差と言えるでしょう。

 

ちなみに、今回は夫しか免許を持っていない設定
なので、運転者の範囲は本人限定となっています。

 

では、夫だけでなく妻も運転するという場合
の保険料はどの程度影響するのでしょうか。

保険会社 年間保険料
イーデザイン損保 40,070円
セゾン自動車火災 45,880円
三井ダイレクト損保 48,660円


上記の結果通り本人限定にするか夫婦限定にするかでは、保
険料の増加は400円〜1,300円程度とほとんど差が出ません。

 

免許を持っているのが夫のみであれば検討の余地はありませんが、妻
がペーパードライバーだから運転しないだろうといって運転者の範囲
から外すようなことはせずに、少しでも運転する可能性があるのであ
れば、夫婦限定等にして運転者の範囲に含めるようにしましょう。

 

ほんの少しの差をケチったために、必要な時に運
転ができないというのはもったいないと思います。

 

「ステップワゴンの特徴」

 

低床設計の恩恵
ステップワゴンはホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用
することにより、後席のフロア地上高39cmを実現しています。

 

また、低床設計とすることにより小さな子供や高齢者でも容
易に乗り降りができ、さらに重心が低くなることでハイルー
フ車の弱点となりがちな操縦安定性も良好となっています。

 

実用性
上記の低床設計ということもあり、室内の広さはクラストップレベルです。

 

また、3列目シートを床下収納とすることで、より
大容量の荷室スペースを確保することが可能です。

 

パワーも十分
低速領域のレスポンスは良好で、加速もスムーズ。

 

高速域となっても十分なレスポンスなの
で、快適な走りを楽しむことができます。

 

さらに最高出力110kw、最大トルク203N・mと十分なパワ
ーを持ちながら、カタログ燃費17.0km/Lと、ガソリン車と
しては同クラスでトップレベルの燃費性能を誇っています。

 

ステップワゴン

 

ご自身のステップワゴンの補償内容や保険料はいかがでしょうか?

 

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、
保険内容に不足や見落としがあっては本末転倒です。

 

そのため、まずはステップワゴンの補償プランの組み立てか
ら始まり、一括見積りで安いところをという順序を忘れない
ようにして自動車保険を選んでいくことをおすすめします。

 

>>「トヨタ」ノアの保険料シミュレーションのページに進む

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加