走行距離割引の特徴と注意点

自動車保険の走行距離割引とは、年間の予想走行
距離を基準として保険料が割引されるものです。

 

走行距離が多いほど事故に遭うリスクが高いと考えら
れるので、走行距離に合わせて保険料が変わるという
リスク区分を設定している保険会社があります。

 

例えば、通勤や通学で車を使用せず買い物や送り迎
えなどの近所での運転が中心の場合、年間走行距離
は3,000〜5,000kmの間だと考えられ、比較的安
い保険料で自動車保険に加入することができます。

 

ただ、まだ走行距離割引を適用させている保険
会社は少ないので、走行距離が少ない方は割引
制度がある保険会社を選ぶようにしましょう。

 

「走行距離割引の特徴」
年間走行距離はあくまで自分で予測して記入します。

 

保険会社は大まかな走行距離の目安を提示されています
が、おおよその走行距離を考える目安は以下の通りです。

使用目的

走行距離

近所での使用がメイン

+3,000〜5,000km

通勤・通学(片道10km以下)

+3,000〜5,000km

通勤・通学(片道10km以上)

+9,000〜11,000km

週末に車を使う

+4,000km

高速をよく使う

+4,000〜7,000km

 

走行距離割引の区分は保険会社によって様々ですが、走行
距離の区分による割引率は保険会社によっても異なります。

 

なおソニー損保を例に挙げますと、
走行距離を無制限に設定した場合に比べて、
・3,000km以下で17%
・5,000km以下で15%
・7,000km以下で14%
・9,000km以下で11%
・11,000km以下で9%
・16,000km以下で2%程度の割引になっています。

 

「走行距離割引の注意点」
保険契約時に申告した走行距離と、実際に走っ
ている走行距離があまりに違う場合は保険金が
下りないケースもあるので注意が必要です。

 

保険金が下りないのは予想走行距離を超える場合ですので、余裕
を持って走行距離を設定しておくのが自動車保険おすすめです。

 

>>ゴールド免許割引の特徴と注意点のページに進む

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加