自動車保険の相場は知っておこう

年代別におすすめできる自動車保険や契約の候補に加えていただき
たい自動車保険、また、加入するときの留意点などをお伝えします。

 

加入する運転者の年代により自動車保険の保険料は大きく変わりま
すが、これは年齢と等級が二重に保険料に影響を与えるからです。

 

年代による保険料の変わり方はどの自動車保険も似ています
が、等級が順当に上がり続ければ50代で最も安くなります。

 

自動車保険料は保険会社によって金額に差があります。

 

ただし、各保険会社とも過去の統計や支払い実
績に基づいて金額を算出しているので、年代に
よる保険料の変化の仕方は似ていると考えます。

 

>>10代の保険料相場のページへ
>>20代の保険料相場のページへ
>>30代の保険料相場のページへ
>>40代の保険料相場のページへ
>>50代の保険料相場のページへ
>>60代の保険料相場のページへ
>>70代の保険料相場のページへ

 

【異なる保険会社でも年代による保険料の変化は似ている】

 

年代による自動車保険料の違いをグラフにしました。

 

25歳の保険料を1として、保険料の変化を線グラフで表しました。

 

国内売り上げ2位の東京海上日動と、ダイレクト型売り上げトップ
のソニー損保の2社での自動車保険で見積もりを比較しています。

 

 

 

オレンジ色の線は、年齢とともに等級がある程度順当に上が
った場合(数年に1回保険を使う程度)の保険料の推移です。

 

これを見ると、50代で最も安くなっているのがわかります。

 

しかし、20代から50代になるまでの保険料の下がり方は一定ではありません。

 

20代から30代前半くらいまでの減り方が
目立って大きく、その後は緩やかです。

 

【純粋に年齢だけなら30代半ば頃が最も安い】

 

上のグラフのうち、紺色の線は等級を固定
したままで年齢だけを変更した場合です、

 

紺色の線では30代が最も安くなっていますが、
40代以降はじわじわと金額が上がってきます。

 

これについては、おそらく純粋に年齢だけなら
30代の事故の発生率が最も低いのでしょう。

 

40代以降も安全運転を続ければ歳とともに等
級が上がって、保険料は安くなっていきます。

 

反対に等級を上げられなければ保険料は高くなっ
てしまいますから、安全運転の実績に応じて保険
料が割安になったり割高になったりします。

 

【年齢・等級以外で保険料が変わる原因】

 

補償内容を変えなければ、年齢や等級が上がるにつ
れて上のグラフのように保険料は変化するはずです。

 

ところが、現実には上のグラフのようにはなりません。

 

他にも保険料を変化させる要因があるからです。

 

・保険を使うと等級が下がる。
・保険料改定や割引制度の変更など。

 

こちらに過失のある事故で保険を使うと、原則として次の更
新時に3等級ダウンします。(例外的に1等級ダウンもあり)

 

その分保険料は跳ね上がってしまいます。

 

統計や保険金の支払い実績を踏まえて、価格設定
は定期的に見直されるので、どの自動車保険も年
代による保険料の変わり方は類似しています。

 

ですが、価格設定には差があるのです。

 

【代理店型とダイレクト型との間の高い壁】

 

損保会社は商品の販売方法の違いから
代理店型とダイレクト型に分かれます。

 

上のグラフで採り上げた2社のうち、東京海上日動は代理店型の自
動車保険です。一方のソニー損保はダイレクト型の自動車保険です。

 

この2社の保険料を実際の金額でグラフにしました。(年払い保険料)

 

 

両社とも線の形は似ているものの、ダイレクト
型のソニー損保が一貫して安くなっています。

 

それも2万円程か、もっと大きな価格差です。

 

これは2社だけの比較ですが、他の代理店型とダイレクト
型を比べても、これほどの大きな金額の開きがあります。

 

東京海上日動以外の代理店型自動車保険は、
・三井住友海上
・損保ジャパン日本興亜
・楽天損保
・共栄火災海上
・AIG損保
・あいおいニッセイ同和損保
・日新火災海上

 

現在、これらの自動車保険に加入していて保険料を安
くしたいとお考えなら、ダイレクト型自動車保険に乗
り換えることで簡単に保険料を節約できるでしょう。

 

【ダイレクト型の保険料は接近している】

 

一方、ダイレクト型自動車保険の間では保険料の差は小さいです。

 

そのため、加入する運転者の年代によって
保険料の安さの優劣は入れ替わります。

 

例として、ソニー損保の他にダイレクト型であるイ
ーデザイン損保とセゾン自動車火災の保険料を見積
もりして年払い保険料をグラフにまとめました。

 

見積り条件は上記と同等です。

 

 

ソニー損保とイーデザイン損保を比較すると、
イーデザイン損保のほうが一貫して安いです。

 

セゾン自動車火災は20〜30代はソニー損保と同
じくらいですが、40代以降になるとイーデザイ
ン損保と同程度か、さらに安くなっています。

 

かなり大胆な料金体系ですね。

 

このように、ダイレクト型同士の保険料は金額が接近
している上に料金体系に個性があるので、それぞれの
条件で一括見積もりをして比較したいところですね。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

トップページに戻る