「トヨタ」ノアの保険料シミュレーション

トヨタのノアは同社のヴォクシーと肩を並べ、ファミリー向
けのミニバンとして開発されたとても人気のある車種です。

 

現行モデルはデザインもスタイリッシュで質感も高い仕上がり
となっているので、さらに口コミの評価が良くなっています。

 

それではここから、
ノアの保険料について詳しく見てみましょう

見積り条件

車種 ノア・グレードX-FF-CVT(2010年4月発売モデル)
初年度登録年月 2010年8月
ナンバー 5ナンバー
型式 DBA-ZRR70G型
記名被保険者 45歳男性
使用用途 日常・レジャー
等級 14等級
免許証の色 ブルー
運転者範囲 夫婦限定
年間走行距離 5,000〜1万km
対人・対物賠償 無制限
人身傷害保険 5,000万円(車内外補償タイプ)
搭乗者傷害保険 無し
車両保険 一般タイプ100万円(免責金額5-10万円)
付帯特約 弁護士費用特約
自動付帯特約 無保険車傷害特約・自損事故特約

保険会社 年間保険料
SBI損保 38,650円
セゾン自動車火災 45,560円
そんぽ24 68,160円


SBI損保の保険料が一番安いですが、やはり価格で選
ぶのであればダイレクト系自動車保険が有利でしょう。

 

上記の見積もりは45歳の男性が前提となっていますが、他の
条件は全く同じだったとして、記名被保険者の年齢が35歳も
しくは55歳だった場合の保険料はどう変わるのでしょうか。

 

契約者が35歳だった場合

保険会社 年間保険料
SBI損保 38,650円
セゾン自動車火災 56,010円
そんぽ24 73,200円

契約者が55歳だった場合

保険会社 年間保険料
SBI損保 38,650円
セゾン自動車火災 51,500円
そんぽ24 65,380円


結果を見る限りでは、45歳の場合と比べて35歳だと保険
料が跳ね上がり、55歳だと保険料がダウンしています。

 

一般的に運転の経験や技術の関係から、年齢が若ければ
若いほど事故に遭遇する可能性が高いと言われています。

 

そのため、保険料も運転者の年齢が若いほど高くなる傾向にあります。

 

保険会社毎の年齢による保険料の差は様々で
すが、通常は記名被保険者の年齢と運転者の
年齢を組み合わせて保険料を算出しています。

 

ただし、SBI損保についてはどの年齢でも保険料に変化がありません。

 

SBI損保の場合は記名被保険者の年齢にかかわらず、運転者
の範囲(年齢条件)のみによって保険料が決まるようです。

 

「ノアの特徴」
まず、ノアは収納関係が優れています。

 

従来と比べると3列シートが薄くなってお
り、その分荷室スペースが広がっています。

 

また、床下収納やワンタッチ跳ね上げの3列
目シートは実用性の向上に貢献しています。

 

最新モデルでは携帯電話を置くだけで充電できる
機能や、7人乗り使用の2列目シートには折りたた
みサイドテーブルもあり至れり尽くせりです。

 

動力性能・足回り問題なし
ミニバンというと走行性能があまり満足レベルに
達していないことが多いですが、ノアは違います。

 

低中速度域での扱いやすさを重視しているので、普
段の運転ではストレスを感じることはないでしょう。

 

走行時は直進、コーナリング共に安定性は高く、
ステアリングに対しても実直に反応してくれます。

 

経済性評価が高い
ミニバン界の優等生と言われるだけのことはあ
って、機能や装備は十分に満足レベルでしょう。

 

その充実ぶりを考えると、車両価格が200万円
台というのはとてもお買い得な金額設定です。

 

また、ミニバンとしては優秀な燃費性能を誇っており、ハイ
ブリッド使用ではカタログ燃費23.8km/Lとなっています。

 

ノア

 

ご自身のノアの補償内容や保険料はいかがでしょうか?

 

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、
保険内容に不足や見落としがあっては本末転倒です。

 

そのため、まずはノアの補償プランの組み立てから始ま
り、一括見積りで安いところをという順序を忘れないよ
うにして自動車保険を選んでいくことをおすすめします。

 

>>ここの一括見積りサービスは良かったです
自動車保険会社16社ロゴ

 

>>「ダイハツ」タントの保険料シミュレーションのページに進む

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加