ニーズによる自動車保険乗り換えのタイミング

自動車保険は同じ補償なら安い保険料が良いのですが、代理店型などだと「前年度同条件でよろしく」と一言で済ませてしまったりします。

 

自動車保険口コミの評価では、前年度に何事もなく無難だったなという感想を持っていると、このパターンは多いですね。

 

しかし、そんな「前年度同条件でよろしく」というパターンにも変化が出てきます。

 

安い自動車保険にもっとならないかという観点の他に、自動車保険の見直しは家族の変化やニーズに合わせたりしても、変わっていくところでもあります。

 

さて、どんなタイミングでどのような点に気をつけて見直していけば良いのでしょうか。

 

保険の見直しを考えるにあたって、どんな項目があるかを自分や家族のニーズに照らし合わせて考えていきましょう。

 

そこでまずは、現在の保険に不足がないかどうかです。

 

保険料節約といっても、万が一の時にあれもこれも補償されないでは本末転倒です。

 

例えば、対人・対物賠償などで制限をつけているなら「無制限」に変更したり、自分や同乗していた人にケガなどがあった場合の補償が付いているかもチェックのしどころです。

 

せっかくの任意保険なので、強制保険にはない便利なサービスの注目です。

 

代車費用やロードサービス、弁護士費用特約、ゴルフセット等を積んでいる方は身の回り品補償特約なども良いでしょう。

 

また車を乗り換えた時などは、保険料の中でも大きく幅を取る車両保険の見直し時です。

 

新車ならば新車特約、車両にお金をかけるかかけないかでも保険料が変わってくるでしょう。

 

夫婦で車に乗っている場合は、夫婦の年齢と等級が進むと保険料が安くなってきます。

 

その間にはゴールド免許も取得していることでしょうから、ゴールド免許割引も可能になってきます。

 

そのうちに時が進むと、子供が赤ちゃん期を終えて妻が車で通勤するようになった場合などは、車の用途を「日常・レジャー」から「通勤・通学」に変更しなければなりません。

 

ここでも保険の見直しは必要となります。

 

子供が大人になって車の免許を取得して乗るとなると、年齢条件などの見直しも出てくるでしょう。

 

等級の引き継ぎも出てくる可能性もあります。

 

そして親がシニア世代になった時には、一旦年齢条件で安くなっていた保険料が再び上がってくることになります。

 

年齢に伴う安全運転という観点からも、保険の内容の見直しの時期になっていきます。

 

さらには、自動車保険の見直しは内容だけでなくタイミングも重要です。

 

保険の見直し内容がおよそ決まったら、見積もりを取って比較したり説明を聞いたりしてみましょう。

 

最近はインターネット上で見積もりを取ることもできるので、手間は昔より半減していると思います。

 

あとはタイミングの問題です。

 

自動車保険は一般的に1年で更新するので、その間無事故であれば更新時に等級がひとつ上がって次回の保険料が安くなるという仕組みになっています。

 

等級は見直し後の保険会社でも引き継ぐことができます。

 

しかし、この等級1アップのための年間無事故期間は引き継がれないというのが盲点なのです。

 

満期前、あと少し無事故なら等級アップになるという時でも新しい保険会社では次回等級アップまで、1年間無事故で待つことになります。

 

つまり、保険の乗り換えの際には等級がきちんとアップしてからというのがお得なのです。

 

もっとも、満期になってから「さぁ保険の乗り換えを考えよう」というのはちょっと遅くて、前契約の満期日翌日から7日以内に乗り換えすることが必要です。

 

放っておくとその間保険がないというだけでなく、等級を引き継げなくなってしまって損になります。

 

とはいえ、事情があって車に乗らない時期が長くある方もいらっしゃいます。

 

保険もお休み。

 

そんな場合は、等級の中断手続きをする必要があります。

 

保険会社から「中断証明書」などを発行してもらい、次回保険に加入する際に提示すれば引き継ぐことが可能ですので、このようなケースも自動車保険のおすすめなのです。

 

自動車保険の見直しによる保険料の節約術

車を運転する人にとって必ず加入しておきたいのが自動車保険です。

 

万が一の事故への備えとして、自動車保険への加入はもはや常識と言えるでしょう。

 

そういった意味で自動車保険の保険料は必要経費とは言えるんですが、車を所有していると何かと様々な費用が発生してしまいます。

 

昨今の経済状況においては、車の費用が家計に対しても影響しているというご家庭も多いのではないでしょうか?

 

そのような方は、見直しによる保険料の節約がおすすめです。

 

実は我が家でも3年前に自動車保険一括見積もりを使って補償内容の見直しを行い、保険料の節約に成功しました。

 

我が家のケースでは補償対象年齢の見直しなどを行うことにより、従来の自動車保険と比較すると大幅に保険料が安くなりました。

 

ずっと前に加入した自動車保険に対して、前年と同一条件で今でも更新し続けているというご家庭では、保険の見直しにより保険料が節約できる可能性があるのでぜひ一括見積もりにチャレンジしてみて下さい。

 

さて、自動車保険の見直しまたは新規加入を検討するに際し、様々な選択肢があり迷ってしまうという方も多いと思います。

 

以前ならば代理店を利用して国内の大手保険会社を活用するというケースがほとんどであったと思いますが、現在ではそれに加え外資系の保険会社やネット・通販型の保険会社もあります。

 

それらの中からお得な保険会社で充実したサポートを行っている保険会社に出会うためには、複数の自動車保険会社から見積もりを取り、そのプランの中から比較検討することが重要です。

 

その際の比較ポイントとしては、保険料や補償内容など重要ということに対し異論がある方はいないと思います。

 

これらについては、インターネットの見積もり比較サイトを活用することで容易に入手することができます。

 

上記のポイントに加え、さらに私が重要と思うのは事故対応です。

 

自動車保険は文字通りもしもの事故に備える保険であるため、事故を起こしたときの対応が非常に重要となってきます。

 

いくら保険料が安くても、事故対応に不備があったりすると何のための保険かわからなくなると思いますからね。

 

そして、各保険の事故対応について調べる上で役立つのが保険契約者の自動車保険口コミなどです。

 

これらの情報は実際に自動車保険を利用した方々の体験談からくる口コミが紹介されているため、非常に参考になるのでおすすめです。

 

これらの情報はインターネットで検索することにより、容易に入手することができます。

 

インターネットの各種情報を活用して失敗のない自動車保険選びを行い、充実したカーライフを送っていただきたいと思っています。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

自動車保険おすすめトップページ