黄色点滅信号での事故

昼間は通常の信号が点いて交通整備されていて
も、深夜になると道路の広いほうが黄色点滅、
狭いほうが赤色点滅になる交差点があります。

 

特に都市部の幹線道路以外では、深夜になるとほ
とんどが点滅信号になってしまう道路が多いです。

 

夜間点滅信号機

 

交通事故の判例

 

事故現場となった交差点は、幅6m道路は両側に店舗が並ん
だアーケードがある商店街になっていて人通りも多く、昼間
は通常の信号だが、午後10時になると6m道路側が黄色点
滅、3.5m側が赤色点滅信号へ変わるようになっていた。

 

岩崎(19歳)は自宅に友人を招いて話した後の午前
0時頃、父親のプリウスの助手席に友人を乗せ友人宅
まで送るため自宅を出発し、赤色点滅信号がある3.5
m道路から交差点を東から西へ通過しようとしていた。

 

岩崎にしてみればよく通る道だし、アーケード商店街の中を抜け
て車が来ることはほとんどないだろうという思い込みがあった。

 

そのため、停止線で時速20km程に減速
しただけで交差点内へ進入したのである。

 

そこへ、深夜バイトへ出勤するため6m道路のアーケードの下を
北から南へ原付バイクで通りかかったのが片山(22歳)だった。

 

片山は黄色点滅信号に気づいていたが、減速も
せずに時速30km超えで交差点へ進入した。

 

こちらも赤色点滅信号側が一旦停止す
るのが当然だという思い込みがあった。

 

岩崎が不運だったのは、交差点の北東角に商店がギリギリま
で建っていて右側の見通しが悪く、さらに片山が6m道路の
左端を走行してきたことで岩崎が片山を発見するのが遅れた。

 

お互いの思い込みと不運が重なって、岩崎のプリウスは片山
のバイクを正面から跳ね飛ばしてしまい、片山はバイクとと
もに6m道路の右端まで飛ばされて左大腿骨骨折、腰椎と頸
椎の捻挫などで3か月の入院生活を余儀なくされた。

 

「一旦停止したか減速したかで変化する双方の過失割合」

 

こうしたケースの判例は、車が一旦停止または減速したか、
バイクが減速したかによって過失割合が変わってくる。

 

この事故の場合、片山は「自分は制限速度内で走ってい
ただけ」と無過失を主張したが、バイク減速せず・車減
により岩崎75、片山25という過失割合で決着した。

 

しかし岩崎はこの事故で累積点数が大幅に増え
たため、運転免許取り消し処分を受けてしまった。

 

「減速が決められているのに守るドライバーが少ない黄色点滅信号」

 

ドライバーの大半は信号を守っているはずですが、
こうした点滅信号を軽視していないでしょうか?

 

これらの交差点は深夜になると交通量が少なくなるため、赤色点滅
信号は一旦停止、黄色点滅信号は減速徐行という交通法規を知って
いても、ドライバーは的確に守ろうとしないことが多いでしょう。

 

特に、黄色点滅の場合はこちらが優先だと通常
走行で交差点を通過しがちですが、そんな心理
に交通事故の落とし穴が潜んでいるものです。

 

>>渋滞車列で起きた出合い頭衝突事故のページに進む

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加