軽自動車に乗る場合の自動車保険

車の維持費というのはかなりの金額になります
から、この維持費を安くしたいというのはほと
んどの人が考えていることではないでしょうか。

 

その方法の一つとして、軽自動車を選択するといったようなこと
もできます。軽自動車なら保険料を安くすることができるのです。

 

保険というのは万が一に備えるものです。

 

ですから、その保険料は万が一の事が起きる可能性が高いと高
くなり、またその時にかかる費用が大きくなると高くなります。

 

自動車保険の場合で考えると、大きくて重たい車ほど危険性が
高くなるので、その保険料が高くなるといってもいいでしょう。

 

とすれば、軽自動車の方が普通の乗用車などよりも
安い自動車保険料になるのが一般的なことなのです。

 

車に乗るためには、必ず必要となる自賠責保険も軽
自動車ユーザーのほうが安くなりますし、任意保険
についても軽自動車ユーザーのほうが安くなります。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト
自動車保険会社16社ロゴ

 

どれくらいの違いが出るのかは、比較をする車や保険の内
容によっても違いますので一概に言うことはできませんが、
かなり違うと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

車の購入を考えているような方であれば、候補
となっている車で、軽自動車普通自動車とを
比較してみても良いのではないでしょうか。

 

軽自動車は保険も安くなりますが、重量税なども安くなります。

 

これもどれくらい安くなるかというと、比較する車によって
変わるわけですが、これもびっくりするくらいに違います。

 

この違いは何?と思ったりするぐらいです

 

保険料の高い安いは危険度によって変わってくるの
でその保険料の違いは理解ができるのですが、税金
の場合はその根拠がまったくわからないので、なぜ
軽自動車の重量税は安いのか説明ができません。

 

ただそうなっているとしか言いようがありません。

 

普通乗用車でも排気量などによって重量税は変わ
ってくるのですが、この理由も説明できません。

 

ここまで見てくると、政府は軽自動車を優遇しているのかもしれません。

 

ただ、これらの制度も変わっていくことが予想されます。
政府の税金のかけ方は説明ができないものが多いのです。

 

お酒などを見ているとよくわかりますが、ビ
ールが売れるとビールに税金をかけて、発泡
酒が売れると発泡酒に税金をかけてきます。

 

軽自動車についても、今よりたくさん売れるようになる
ともっと税金がかけられるようになるかもしれません。

 

いずれにしても、現段階では保険や税金などの面で、軽自動車は
普通乗用車よりも安いという魅力はあると言って良いでしょう

 

>>自動車保険一括見積もりサイト
自動車保険会社16社ロゴ

 

 

「年代別保険料相場」
10代
20代
30代
40代
50代
60代・70代

 

自動車保険おすすめTOPに戻る