交通事故で健康保険の利用は可能か?

自動車保険では様々な損害が発生します。

 

しかしその損害すべてを加害者が負うとし
たら、その負担は多大なものとなります。

 

そして加害者に資力がなければ、被害者は治療
費や修理費を自分で負担するしかありません。

 

そんな事故の損害を加害者や被害者に代わ
って補償してくれるのが各種の保険です。

 

自動車事故と各種保険の関係は、被害者にとっ
ても加害者にとっても極めて重要なことです。

 

しかし一口に保険といってもその種類は
多数にあり、その相互関係は複雑です。

 

また、それぞれの保険には多数の法律が関係しています。

 

例えば、健康保険といっても健康保険法、国民年金保険法といった具合です。

 

このように多数の法律があるのは、要するに役所間
の縄張りが入り組んでいる結果の産物と言えます。

 

自賠責保険は国土交通省、健康保険や労災
保険法は厚生労働省の管轄下にあります。

 

素朴な疑問だと思いますが、通常、自動車事故による負傷者に対して
はまず自賠責保険を使い、それを使い切った後は健康保険を使います。

 

しかしその順序は法律で決まったものではな
く、単に役所間の話し合いによるものです。

 

では交通事故で健康保険の利用は可能?

 

答えは、被害者が最初から健康保険を使いたいと言えば初めから使えます。

 

一般的に、特に小さな病院では自動車事故には健康保
険は使えないところもありますが、それは間違いです。

 

自賠責保険には限度額があり、医者はその限度額までは自由診療
料金を請求できるので、まず自賠責保険を使いたがるでしょう。

 

自由診療ですと通常は健康保険料金の2倍前後ですが、病院
によっては3倍とか3.5倍ぐらい請求するところもあります。

 

そこで被害者としては、次のような
ことを注意しなければなりません。

 

もし全治療費が多額、例えば400万円や500万円にもなる見込
みがあり、かつ加害者が無資力で任意保険も入っていないとい
う場合には、思い切って初めから健康保険を使い、そして自賠
責保険からは休業補償をもらうように考えたほうが良いです。

 

ただ、最初から健康保険を使うと医者がよい治療をしてくれ
ないのではと心配する人がいますが、そんな心配は不要です。

 

もっとも、被害者の負傷が極めて重く生命に危険があるような時には健
康保険では十分な治療が受けられないという話も聞きますが、このよう
な場合は、そもそも自賠責保険の限度額ではとても間に合いません。

 

「自動車保険の豆知識・関連ページ」
自動車保険はこうして生まれた
役に立つ自動車保険の基礎知識
保険と共済の違いは何か?
パッケージ保険商品の種類
自動車保険の等級制度
名義変更手続きと等級引継ぎの可否
単年型と長期型の保険契約の違い
保険を使いたくない場合は自分で事故処理を全て行う
等級据え置き項目とロードサービスは使おう
自動車保険で解決しない場合は?
ソルベンシー・マージン比率とは
自動車事故のリスクの予防
ドライブレコーダーと自動車保険
飛び石事故防止と自動車保険
自動運転と自動車保険の行方
カーシェアリングと自動車保険
自動車保険の保険金を受け取った時の税金は?
交通事故での過失相殺と交渉
慰謝料と示談金の違い
保険アドバイザーとファイナンシャルプランナーの違い

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加