損保ジャパン日本興亜の口コミ・評判

 

満足

主人が停車中に後続車から追突される事故に遭いました。一方的に後続車の責任なのに、事故当初、相手の運転手は非を認めなかったのです。相手方の保険会社が損保ジャパン日本興亜で、事故の翌日、すぐさまアポイントを取ってきました。こちらに責任が全くないことや、相手方の態度なども理解していただき、ケガの通院や車の修理についても詳しく説明してもらえました。事故は初めてのことだったし、事故後は主人の体調も良くなかったりしたので、こちらの状況を第一に考えて対応してくれたのはありがたかったです。結局、通院に3ヶ月かかり車の修理にも時間がかかりましたが、仕事面の補償や代車もしっかり出してくれたし、何より連絡をこまめにしていただいたので安心感がありました。やっぱり大手は対応が早くて丁寧だと感じます。


 

不満

先日見積もりを取ったら、会社の付き合いで入ったT社より同条件で2万円以上安かった。T社は団体割引20%と言われたのに、それでこの値段ではぼったくりかと思ってしまう。代理店を通さないデメリットが思いつかないので次はアクサにしたい。


 

満足

玉突きに巻き込まれたことがあり、その時、代理店担当者⇒警察⇒家族の順に連絡をしました。体はお互いに何ともなかったんですが、3台とも車に損傷があったためドキドキして過ごしていました。一番先に損保ジャパン日本興亜の担当者が見え事情を聞いて下さり、「後は任せてください」と言ってもらえたことには心強く感じました。その日は現場検証を終えて帰宅しましたが、その後は言っていただいた言葉のとおりすべての処理をしてくれ、私は電話連絡での指示に従い車を修理に出しました。代理店の担当者が相手方との連絡などを行ってくれ、本当に助かりました。ネット加入ではなく顔を見て加入することは安心も一緒に買うということなのだなと、事故を起こした時に痛感しましたよ。


 

やや不満

新車購入のタイミングで日産のディーラーに勧められて入った保険会社ですが、保険料の高さが目立ちました。ですが、事故は起こしてなく3年継続しています。つまり保険は使っていません。日産で働く友人には、いざという時に頼りになるからやめないほうがいいと言われていますが、年間保険料12万円は大きな出費です。


 

満足

割引と特約を上手く組み合わせることで、コストパフォーマンスの高い補償内容に仕上がった。


 

不満

事故の担当者が示談を行うために時間がかかり過ぎた上、示談書の形式を自分にこういった形式で示談書を提出するという旨の連絡がなく勝手に示談書を作成し、相手に示談書を書かせた。早く示談成立という目的よりも、甲乙の加害者と被害者に使われる区別をするためのものですが、被害者である私が本来乙になるべきところ、相手の加害者に丸め込まれたのか相手の保険会社の富士火災に丸め込まれたのか把握できませんが、私が甲の扱いになって事務処理されたことは名誉的に不満。


 

満足

事故の初期対応が的確で良かった。気が動転していたが親切でしたので落ち着くことができ、その後も相手との示談交渉の途中経過を一つ一つ連絡してくれたのが良かった。


 

最悪

友人の車で事故に遭ったときのことです。事故直後は何ともなかったんですが、数日経ってから頭がぼーっとしたり、痛い気がすると損保ジャパン日本興亜の担当者に言ったら、「時間も経っていますし、気のせいではないでしょうか」と言われてしまった。あまり時間をかけたくないのは分かりますし、失言に気づいたのか謝ってはくれましたが、気分のいい担当者ではなかったです。携帯に電話してくださいと言っているのに、少し出なかっただけで会社には電話してくるし、こちらの都合を考えてはくれませんでした。私用電話は注意されるので携帯にと言っているのに。


 

満足

事故の直後から担当者さんは親身になってサポートしてくれました。私自身は弁護士費用特約を付帯しておりませんが、同居の家族が加入していたため、それが使えるので解決まで頑張りましょうと励ましてくれたのです。同居の家族でも弁護士費用特約が使えることは知りませんでしたが、その甲斐あって、事故解決までスムーズにいきました。今後も損保ジャパン日本興亜さんと良い付き合いをしていきたいと思っています。


 

満足

自損事故で損保ジャパン日本興亜の事故対応を受けました。白線の上でスリップをし反対車線に突っ込みそうだったので、ハンドルを左に切りガードレールにぶつけてしまいました。車は前面を激しくぶつけたのでフロントガラスが割れ、エンジンもかかりませんでした。この際の物損はガードレールと道路標識です。また車が動かないためレッカーを依頼しましたが、オペレーターの対応は的確で質問内容にも答えやすかったため、発生直後にも問題なく対応できました。その後の物損の対応、滞りのない保険金支払い、ストレスフリーで出来た手続きなどすべてが素晴らしかったです。保険会社のサービスとして、オペレーターの質というのが結構重要なのだと感じました。


 

不満

追突事故に巻き込まれ病院に行くと、むち打ちと手首の骨挫傷と診断されました。相手の保険会社である損保ジャパン日本興亜の担当者は、最初から被害者である私に圧力をかけてきた。私の状態は手首のギブス固定中だというのに、主治医に会社の医療スタッフが話を聞きに行くと同意を求められました。しかし私は拒否したのです。医療スタッフとは名ばかりで、通院を打ち切りにする口実だったのでしょう。恐ろしい会社である。


 

大満足

追突事故を起こしてしまい、損保ジャパン日本興亜にお世話になったことがありました。事故当時、私は初めての経験でどうしていいのか分からず軽いパニック状態になってしまいましたが、損保ジャパン日本興亜の担当者が丁寧な対応をしてくれました。電話で事故の詳細を把握し、私と相手の方との間に入り車の修理費のことや通院費のことなどを的確に処理し、説明までしっかり行ってくれました。激しい事故ではなかったので相手方にケガはなかったのですが、妊婦さんということでしたので、念の為の通院をする回数が多かったんです。事故後、相手のお子さんが無事に産まれるまで保険会社から経過状況の報告の電話が度々ありました。普段は保険料を支払っているだけの感覚でしたが、事故発生から相手方の通院完了までの半年の間、とてもお世話になり、また心から感謝しています。


 

不満

保険期間中に事故に遭い、相手方の自動車保険とこちら側の自動車保険共に損保ジャパン日本興亜だったので話し合いがスムーズに行くかと思ったが、全く話がまとまらず、当事者同士の示談になった。結局自分で修理したので等級は下がらなかったが、きちんと交渉ができない自動車保険なんて意味がないので更新時に乗り換えます。


 

満足

事故を起こしてしまったとき受付センターへ連絡したのですが、とても丁寧な対応をしてくれた。事故の相手からのクレームもうまく対応してくれたようで、本当に助かりました。


 

中立

今まで大きな事故に遭ったことはないので事故対応力等は評価できませんが、以前飛び石で車にキズが付いたことがあり、文句なしの対応をしてくれたことがあります。ただ、保険料が高いので維持できるかわからないと思ってるんです。今後は他社へ乗り換える可能性も無きにしも非ずです。


 

不満

渋滞中に後続車に追突された時の話です。事故後加入している損保ジャパン日本興亜に連絡すると、事故現場の状況を私に聞かないのでどうして聞かないのか?と尋ねると、「加害者と加害者契約の保険会社担当者から状況は伺っていますので大丈夫です」と言われました。結果的に8:2で私は保険を使う羽目になってしまい、何とも不愉快な対応だと思いました。三大メガ損保が聞いて呆れる。


 

最悪

事故の被害者である私の車の修理費で相手方の日本興亜と揉めました。実際にかかった費用が230,000円なのに対し、150,000円しか支払ってくれなくて激怒しました。事故で起きた修理箇所が不透明とのこと。事前に調べたのではないのか?結果的に全額もらったが、どうしようもない会社という印象が深く残ってしまった事故体験でした。


 

不満

加入者です。9:1の過失割合で対応をしてくれましたが、途中経過の報告が一切なく心配になり連絡すると「もう話はつきましたので、保険を使うか現金を払うか決めて下さい」と言ってきた。そちらの都合ばかりで身勝手だと思ったので解約しました。今はAIG損保です。


 

大満足

自動車保険としては安くはないですが、事故対応と相手方への交渉力には強みがあると思います。代理店型は担当者次第と言われていますが、そこは自分でしっかり調べて代理店選びをすればよいのではないでしょうか。私の代理店さんはしっかりとサポートしてくれています。安心して任せられる。


 

満足

一括見積もりで他社と比較したところ、自分の条件に最も合っていて保険料も安かったのでここに決めました。


 

大満足

昨年末、追突事故に遭いました。私は先頭車両だったのですが、車3台の追突事故で、一番後ろの追突してきた車両の運転手方も同じ保険会社に加入していました。同じ会社ということで意味もなく、何だか申し訳ないような気にもなったのですが、同じ会社でも担当者は別できちんと対応してもらいすごく助かりました。自分の加入している保険に通院した場合に生命保険のように一時金が支払われる補償があり、ムチうちで少しだけ通院したのですが、一時金が支払われたのが良かったです。損保ジャパン日本興亜は代理店型の保険会社ですが、通販型の保険料と比べてもあまり金額的には大差がないような気がします。対応にはとても満足しています。


 

不満

自営業者である私ですが、交通事故の被害者となりケガを負ってしまいました。治療期間は店舗を一時的に閉店せざるを得なくなり、予約もすべてキャンセルという事態になりました。もちろん店は閉まっていますから売り上げはありません。しかし人件費や経費の支払いは待ったなしです。相手の保険会社損保ジャパンにその切実な状況を話すと、確定申告の個人所得をもとに補償すると言ってきて、営業上の収支は全く無視された。休業補償の話をしても聞く耳持たなかった。現在弁護士に相談中です。


 

満足

交通事故に関することや契約内容の変更、車の故障などでオペレーターに時々電話しています。電話口の方は丁寧ですし、わかりやすく回答してくれます。これからも利用していきたい自動車保険です。


 

満足

ディーラーでここの保険会社と契約した者です。対面式だし安心できる。事故は起こしていませんが、更新前には書類を郵送してくれ、その後自宅に来ていろいろな自動車保険についての説明をしてくれます。変更になった点なども丁寧に話してくれますので今のところ満足しています。


 

不満

コンビニの駐車場でバックしてきた車に当てられ、こちらに非はなく10:0のはずが8:2にされそう。明らかに相手の主張に不審点があるのに、調査せず言い返さず主張もしない。しまいには3年で時効なので弁護士立てたほうがいいという始末。呆れた自動車保険である。


 

満足

保険料は高めですが、いざという時にはその保険料に見合った対応をしてくれます。事故を起こした時には精神的なフォローもあったし、お見舞いにも来てくれたし、通院の日数を巡って相手の保険会社に交渉をしてくれ円満に終了しましたよ。


 

満足

20等級でゴールド免許なので保険料が安いです。車がパンクした時は自宅まで応急修理を行ってくれ助かりました。ロードサービスは充実していると思いますし、仮に事故の加害者になったとしてもここなら信頼できると判断しているので、毎年継続更新しています。


 

やはり代理店型はダイレクト型に比べると、かな
り保険料が高額になってしまうのは否めません。

 

サービス自体は充実していて良いものとは思いますが、
価格がネックになるという人は少なくないでしょう。

 

しかし、長年培ってきた損保ノウハウと信頼性の高い代理店を置くこと
で、いざという時に強い味方になってくれるという安心感があります。

 

また、基本補償から外す形で保険料を低くする方向
からの特約を理解していないと、ウェブ見積りだけ
でさらに高い印象を与えてしまうかもしれません。

 

とは言え、高いなりに充実したサービスもあります
から、一括見積りの候補に入れても良いと思います

 

損保ジャパン日本興亜

 

損保ジャパン日本興亜は、2014年9月に損保ジャパ
ンと日本興亜損保が合併して誕生した保険会社です。

 

取り扱っている自動車保険は「THEクルマの保険」となります。

 

保険料は高いものの事故対応や初期対応がスピーディー
なため、初めて自動車保険に加入する方でも安心です。

 

また、事故対応力の強化を図るため高性能なドライブレコーダ
ーを活用したドラレコ特約を提供するなど、損保ジャパン日
本興亜ならではのユニークなサービスが魅力となっています。

 

損保ジャパンの顧客対応や事故対応の評価は割れるところですが、合
併してからまだ数年しか経過していないことを加味すると、損保ジャ
パン日本興亜の悪評
はあまり深刻に捉える必要はなさそうです。

 

とは言え、今後の損保ジャパン日本興亜の動向に注目しながら、他
社が提供する自動車保険と十分に比較することをおすすめします。

 

コーヒーイラスト

 

それではここから、
損保ジャパン日本興亜の補償内容の特徴や保険料について詳しく見てみましょう

主な補償内容

相手への補償

・対人賠償保険(対人臨時費用保険金含む)
・対物賠償保険
・対物全損時修理差額費用特約
・まかせて安心示談交渉サービス(自動セット)

けがの補償

・人身傷害保険
・人身傷害車外事故特約(契約対象以外の自動車搭乗中、
歩行中や自転車運転中など車外での自動車事故も補償対象に拡大)
・まかせて安心入院時アシスタンス(一部オプション)
・人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約
・無保険車傷害特約

車の補償

・車両保険:ワイドカバー型(一般条件)
・車両保険:限定カバー型
・免責ゼロ特約
・免責ゼロ特約(車対車)
・車内身の回り品特約
・代車提供特約
・地震等による車両全損一時金特約

自動車付帯の補償

・ロードアシスタンス特約
・安心更新サポート特約
・継続うっかり特約
・ファミリーバイク特約
・弁護士費用特約
・個人賠償責任特約
・他車運転特約
・被害者救済費用特約
・ロードアシスタンス運搬後諸費用特約
・事故・故障時代車費用特約
・車両積載動産特約


補償内容としては、充実の補償ということ
で4つの基本補償がセットされています。

 

相手方への賠償として対人・対物賠償もごく一
般的なものですが、基本内容としては十分です。

 

それにプラスして、対人賠償の方には「対人臨時費用保険金」とい
う事故の相手方が死亡した場合は、対人賠償保険金に加えて15万円
を対人臨時費用保険金として支払われるというサービスもセットさ
れていますので、いろいろ物入りな時期には心強いかと思います。

 

対物賠償の方も基本補償の内容的には一般的なものです。

 

特約の「対物全損時修理差額費用特約」は、相手の車の修理費が
時価額を超えた場合、契約者が負担した実費に対し50万円を限度
に保険金を支払うという補償です(所定の条件を満たす必要あり)。

 

ところで特約というと、標準装備の補償に上乗せするオプション契
約のようなイメージですが、同商品の車両保険では、標準装備の車
両保険(一般条件)でいうフルカバーの状態になっています。

 

そこから不要だと思うものを対象外に指定するとい
う形を取りますので、「なんか見積もりが高い」等
と感じたら車両保険の内容を確認してみましょう。

事故対応

初期対応受付時間 ・事故受付は24時間365日

・24時間初期対応サービス

初期対応の内容 「被保険者への対応」

・保険対応の可否判断
・代車の手配
・修理工場への連絡
・事故解決のアドバイス
・修理工場の紹介
・病院への連絡
「相手方への対応」
・事故受付の連絡
・病院への連絡
・修理工場への連絡
・代車の手配
※事故の相手が日本語を話せない場合、
14か国語で事故受付、初期対応が可能

インターネット事故受付 ・有り
事故対応体制 ・24時間初期対応サービス

(契約者及び事故の相手方に対し24時間初動対応)
・かけつけGPS(ロードアシスタンスに付属)

事故相談サービス ・交通事故で被害に遭い自分で相手と交渉する場合、過失の

有無に関係なく保険会社のスタッフがアドバイスしてくれる

保険金請求書省略サービス ・保険金を請求する場合、保険金請求

書を省略して電話のみで請求できる

サポート体制・サービス

・事故対応拠点:300のネットワーク

・専任スタッフ:11,000人
「ドライビング!」
・事故発生時、児童又は主導で事故連絡やロードサ
ービスの依頼ができる。その他、運転中のサポート
機能、運転後のセルフメンテナンスサポートもあり。
「ポータブルスマイリングロード」
・事故連絡などが可能なアプリサービス


万全の事故・故障対応、先進のサービス、充実の補償」を
謳い文句にしているだけあって、事故発生時24時間365日途
切れない24時間初動対応サービスは大きな安心要因です。

 

業界最高水準を謳っているだけに、契約者サイドだけで
なく事故時の相手方に対しても事故受付の連絡や病院へ
の連絡の他、相手方が日本語を話せない場合にも事故サ
ポートセンターが通訳者を通じて対応可能にしています。

 

英語に始まり、中国語、スペイン語、ポルトガル語、
韓国語と、なかなか他では見かけないサービスです。

 

損保ジャパン日本興亜は初期対応に力を入れている保険会社です。

 

また、迅速な事故対応を実現するために、高性能なドライブレコ
ーダーを使ったドライビング!サービス、カーナビ機能も搭載さ
れているアプリポータブルスマイリングロードを提供しています。

 

事故に遭った時はつい慌ててしまうものですが、この2
つのサービスを上手に活用することで、損保ジャパン日
本興亜とスムーズにやり取りをすることが可能です。

主なロードサービス

サポート拠点 ・全国13,000箇所
車へのサポート

・レッカーけん引(会社指定の最寄りの修理工場までの運搬
は無制限、それ以外契約者指定工場へは費用15万円限度)
・バッテリー上がり時のジャンピング
・キー閉じ込み時の鍵開け
・パンク時のスペアタイヤ交換
・落輪した場合の引上げ
・燃料切れ時の給油サービス(最大10リットルまで無料、1年に1回)
・ロードアシスタンス運搬後諸費用特約(宿泊移動サポート含む)
・事故・故障時代車費用特約

人へのサービス

・宿泊費用保険金(1事故1被保険者につき1万円程度)
・移動費用保険金(1事故1被保険者につき2万円程度)
・引取費用保険金(1事故につき15万円程度)
・代車費用保険金(1事故につき1日当たりの代車費用×利用日数限度)


但し書きによれば15万円に相当するレッカーけん引距離は
約180kmとのことなので、他社でよく見られる50kmまで、
30kmまでに比べるとかなりの距離を移動できるようです。

 

損保ジャパン日本興亜のロードサービスは
それほど充実しているわけではありません。

 

ただし、ロードアシスタンス運搬搬送費用特約、
事故・故障時代車費用特約を任意で付帯すると
サービスの内容を手厚くすることができます。

保険料・割引

走行距離区分 ・走行距離による割引なし
割引

・運転者の限定、年齢条件
・新車割引
・エコカー割引3%
・福祉車両割引3%
・ノンフリート多数割引(3%、4%、6%)
・複数所有新規割引(セカンドカー割引)
・ゴールド免許割引12%


公式サイトではインターネット割引は大きく表示されていますが、他に割
引として挙げられているのが、いわゆるセカンドカー割引に当たる「複数
所有新規割引」となっており、一見すると割引が少ない印象を受けます

 

しかし他社では割引として挙げられているゴールド免許割引、保
険証券不発行割引に当たるものがある(保険料設定条件の中で)
にもかかわらず、割引という表現になっていないので、見る人に
よってはその部分の割引がないかのように映るでしょう。

 

では次に、損保ジャパン日本興亜の見積もり内容を見てみましょう

見積り条件

車種 アクア
使用目的 日常・レジャー
年齢 21歳〜25歳、26歳〜29歳、30歳以上
運転者 本人限定
免許証 ゴールド

プラン A:車両保険なし B:車両保険(一般あり)
保険料(一時払い)

21歳以上:116,570円
26歳以上:79,020円
30歳以上:66,740円

21歳以上:150,930円
26歳以上:102,500円
30歳以上:86,030円

割引

ゴールド免許割引

車の補償

車両保険:120万円
免責金額:10万円

相手への補償

対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限
※対物全損時修理差額費用特約の付帯で相手方の補償が手厚くなる

けがの補償

人身傷害補償保険:3,000万円
無保険車傷害保険:無制限
自損事故傷害保険:人身傷害保険で補償される


まず、走行距離区分による区分がありませんので割引は比較できません。

 

ウェブ見積もりでは大きめの補償が標準で付いてしまうため、最低
限の補償内容での保険料計算がなかなかしずらいイメージです。

 

また車両保険ありの一般を選択すると、単独事故、当て
逃げの補償が自動で付帯して手厚くなってしまうので、
そちらの補償を外した車対車限定で比較しています。

 

どちらも自動で盗難補償が付いてしまい、これは
ウェブ見積もりでは外すことができませんでした。

 

さらに無保険車傷害保険が無制限以外選べず、補償が手厚いの
は安心なのですが、細かい費用の調整ができないのも難点です。

 

損保ジャパン日本興亜の自動車保険〜評価まとめ

長い社名で話題になった会社ですが、自動車保険
についてはどんな強みを持っているのでしょうか。

 

日本最大の損害保険会社ということもあり、
拠点数が多いことが一番の魅力でしょう。

 

拠点数が多いと万が一の時に対応スピードが早くなるので、
解決までがスムーズになるというメリットがあります。

 

事故対応は迅速かつ丁寧で、その実績も申し分ありません

 

さて保険の中身ですが、対人・対物賠償保険、人身傷
害保険、車両保険の4つの基本補償が軸となります。

 

運転者自身や家族の補償が手厚く、年間100万件の
事故対応実績と質の高いロードサービスが特徴です。

 

また損保ジャパン日本興亜口コミを見ます
と、保険料に関する低評価が目立ちます。

 

代理店型ですから仕方ありませんが、保険料を安くし
たい人にとっては慎重な判断が必要になるでしょう。

 

他社と比較するのであれば、東京海上や三井住友海上を含めて一
括見積もりで比べると、一目瞭然に金額の差がわかると思います。

 

「自動車保険顧客満足度ランキング2019」

損保ジャパン日本興亜 オリコン 価格.com
保険料 - -
事故対応
総合 -


>>チャブ保険の口コミ・評判のページに進む

 

>>自動車保険一括見積もりサイト
自動車保険会社16社ロゴ

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加