事故に役立つ補償内容は万全ですか?

自動車保険を検討するにあたっては、万が一の事
故の場合に役立つ補償内容であることが大切です。

 

自動車保険を扱う損害保険会社は多数あってどこを選ぶか迷うと
こですが、比較ポイントとしては、必要な補償の充実度と適切な
保険金額の設定をアドバイスしてくれるかの2点が特に重要です。

 

補償内容としては大きく分けて、
・相手方への補償
・ご自身や車の同乗者への補償
・ご自身の車の補償
があります。

 

相手方への補償には、事故により他人にケガをさせたり後遺障害
を負わせたり、死亡させてしまった場合の対人賠償があります。

 

対人賠償の賠償金は高額する傾向にあり、寝たき
りになってしまったり死亡した場合には、数億円
単位の賠償金が必要になることが多くあります。

 

そのため、保険金額は無制限がベストです。

 

保険会社によっては保険金額を自由に選べるところもありますが、い
ざという時に自動車保険の役割を発揮するためには、無制限しか取り
扱っていない保険会社か無制限を強く勧奨している保険会社が、交通
事故賠償の実状を反映させていると評価できると思います。

 

相手の車を壊したり民家や店舗に突っ込んで破壊した場
合など、物に対する損害を賠償するのが対物賠償です。

 

これについても、事故に遭った店舗が休業せざるを得なくなっ
たり、相手の車が商用車や営業車である逸失利益が大きい場合
には億単位での賠償金の支払いが求められることがあります。

 

これについても無制限を推奨している保険会社が望ましいです。

 

ご自身や同乗者の補償として比較ポイントとなるのは、
人身傷害保険搭乗者傷害保険の取り扱いの有無です。

 

保険会社によりどちらか一方のみの取り扱い、もしくは両方扱っ
ていて選択が可能、さらに両方付けられる等に分かれています。

 

両者の補償の違いは、特にケガで入院した
場合の支払いのスピーディーさに現れます。

 

人身傷害補償は日数払いのため、入院日数が明らかになる
時点、多くは退院後に保険金を請求することになります。

 

これに対し搭乗者傷害では、部位・症状別方式を採用しているの
で、ケガをした部位と症状(骨折・打撲・切断など)が確定すれ
ば、予め定められたまとまった金額を受け取ることができます。

 

車の補償については、多くの保険会社で保険
料に差が出る数パターンが用意されています。

 

事故による車の破損から全損、故障や盗難などのトラブ
ルまであらゆるものに対応し、かつ免責額なしで保険金
を支払うワイド補償の場合一番保険料が高くなります。

 

免責額を設定すると一定の金額までは自己負担となり、その超過
分が支払われるので保険料を少し抑えることが可能になります。

 

さらに車対車限定Aと呼ばれるタイプでは、衝突事故を起こ
した場合に相手の車が分かる場合のみ補償、つまり当て逃げ
は補償対象外とすることで保険料を割安にするものです。

 

実は、車両保険が一番保険料に占める割合
が多いとも言われている部分になります。

 

なおかつ相手方の補償やご自身や同乗者の補償と違い、人命や
事故後の生活に大きく影響をもたらすものではないため、補償
の切り捨てや割り切りが柔軟に対応できる部分でもあります。

 

車両保険にどのようなタイプを揃え、どのような選択肢があ
るかも自動車保険を選ぶ際の比較ポイントになるでしょう。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

トップページに戻る