保険アドバイザーとファイナンシャルプランナーの違い

保険アドバイザーとファイナンシャルプランナーは似ているようで違います。

 

ファイナンシャルプランナーは、金融について詳しい知識
を持っているということを証明する資格です。この資格に
は、その知識や経験に応じていくつかの階級があります。

 

いっぽう、保険アドバイザーとは保険外交員のことです

 

最近の保険アドバイザーは、ファイナンシャルプラ
ンナーの資格も取得するのが一般的となっています。

 

それは、ファイナンシャルプランナーの資格は保
険アドバイザーの業務にとても役立つためです。

 

したがって、ファイナンシャルプランナーの資格を持っておらず
保険アドバイザーのみの資格を持っている保険外交員は、入社し
たばかりで経験が浅い保険外交員であると言えるでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーの資格を持っている経験豊かな保険アドバ
イザーならば、一人ひとりに最適な保険を提案することができるとイン
ターネットの保険の口コミでおすすめされ、その評価は実に高いです。

 

ファイナンシャルプランナー

 

例えば、自動車保険の更新を数年忘れてしまったという場合はどう
すればいいかという質問にも、的確なアドバイスをしてくれます。

 

自動車保険の更新を数年間忘れてしまい他の会社の保険に入り直し
たいという場合、更新し忘れた元の自動車保険の保険証書を必要と
することなく、新しい自動車保険に加入することができるのです。

 

ただし、改めて自動車保険に加入し直す場合、インターネッ
トでは加入し直せないこともありますので注意が必要です。

 

また家族の自動車保険をどうするかという時にも、経験が豊富な
保険アドバイザーに相談すれば最適な選択をすることができます。

 

一例ですが、子供が就職するので母親名義の車を購入して使わせたいと
いう場合、どんな補償を付けた自動車保険を選べば良いかということを
相談すれば、初めて車を運転する人が起こしやすいバンパーやドア部分、
テールランプ付近の事故のケースから車両保険を追加する場合、相談者
が加入しようと思っている自動車保険会社の場合は、どのようなタイプ
の保険にすれば良いかということまでアドバイスしてくれます。

 

自動車保険を大幅に見直したいという時にも、ファイナ
ンシャルプランナーの資格を持っている保険アドバイザ
ーのサポートを受けますと、保険料を節約しながら最適
な補償を自動車保険に付けることができる
のです。

 

一つの家族で、更新時期の違う数社の自動車保険に入って
いて複数の車を持っている人の場合、複数の保険で重複し
た補償となれば保険料を下げることだって可能となります。

 

人身傷害の補償については、1台の自動車保険だけ
加入していればその保険加入者の家族も補償の対象
になるため、他の車では加入する必要はないのです。

 

また、おすすめだとされる弁護士費用特約もあれば便利な補償で
すが、これも1台の自動車保険に付けておけば済むので、他の車
の特約を外せば保険料の負担を減らすことだってできるでしょう。

 

>>保険会社が倒産したらどうする?のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOPに戻る