不特定の車に乗る場合の自動車保険

車好きの方は全国にたくさんいると思います。

 

車はドライブに利用したり買い物や仕事に利用
したり、旅行の際に利用したりと、私たちの生
活になくてはならない交通手段となりました。

 

車の機能もどんどん進化して、地球や家計に配慮
したエコな車など多くの車が販売されています。

 

事故防止のために様々な機能が開発され安全な車も増え
ていますが、それでも事故はまだまだ多いのが現状です。

 

皆さんは自動車保険に加入していますか?

 

車を利用する人なら当然加入している保険だと思います
が、不特定の車に乗る人の場合はどうなるのでしょうか。

 

生活の中で友人の車を運転する機会もあると思います。

 

友人と旅行に行く際、行きは車の持ち主が運転して、帰りは
自分は交代して運転してあげるなんてことがあると思います。

 

他にも、自分の車を持たず不特定の車に乗る人もいるでしょう。

 

そんな方におすすめの自動車保険があります。

 

それはドライバー保険です。

 

ドライバー保険とは自動車運転者損害賠償責任
保険のことで、不特定多数の車に乗る人、他者
の車に乗る機会がある人が加入する保険です。

 

通常、自動車保険はリスクを限定すると保険料が安くなります。

 

保険料が支払われるリスクが減るのですから当然です。

 

家族だけを対象にしたり本人だけを対象としたりする
ことで、保険料を大幅に抑えることが出来るでしょう。

 

しかしその場合、運転者の範囲外の人が車に乗って事故
を起こしたとしても保険金を受け取ることはできません。

 

すべて自分で賠償しなければならないでしょう

 

そうなると大変です。
そんな時に頼りになるのがドライバー保険です。

 

ドライバー保険は、他人の車で事故を起こし人を傷つけた時や、
他人の物を壊してしまった時に保険金が下りる保険なので、不
特定の車に乗る人は加入しておいたほうが安心でしょう。

 

しかも普通の自動車保険よりも保険料が安いの
で、決まった車に乗らない人は最初からこのド
ライバー保険に加入しておいたほうがお得です。

 

さらに保険料が割り引きされる、ドライバー等級別
料率制度
というものがあります。無事故のドライバ
ーは毎年等級が上がり、保険料が安くなります。

 

等級は1〜20まであり、加入時は6です。

 

等級が上がれば割引率も増えるので、事故を起こさないよう
に運転すれば毎年保険料を安くすることができるでしょう。

 

逆に事故を起こし保険を利用すると、等級は下
がり保険料は高くなるので注意してください。

 

たとえ保険会社を変更したとしても等級は引き継
がれるので、安い保険料のままでお得なのです。

 

等級や割引率などは会社によっても違いますので、しっ
かりと比較して自分に合った保険会社を選びましょう

 

>>軽自動車に乗る場合の自動車保険のページに進む

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加