イーデザイン損保の自動車保険口コミ・評判

 

東京海上グループのイーデザイン損保は様々な自動車保険のランキングで1位を獲得しており、それを裏付けるような好意的な口コミが非常に多いです。

 

それらの口コミの多くが、保険料の割安感やスムーズな事故対応についての評価で、安心して任せられる自動車保険だということを表しています。

 

また走った分だけの保険料体系、専任担当者とチームによる事故対応など、イメージだけではなく実際の保険料や補償内容なども良い印象があります。

 

しかし、悪い口コミもないわけではありません。

 

ダイレクト型自動車保険の弱点であるポイントが口コミに表れています。

 

顔も知らない人と事故という異常事態について電話で話すことになるため、どうしても誤解や偏見が生まれてしまいます。

 

契約から事故対応まで、基本的に同じ担当者が対応する代理店型の自動車保険を利用していた方が、保険料の安さに惹かれて乗り換えた場合に陥る問題点です。

 

ただし人気が出て加入者数が急増しているため、人材不足というデメリットが否めません。

 

電話対応や事故対応する担当者について、言葉使いや連絡の有無などの応対に関する口コミを目にします。

 

すなわち、対応する担当者によりサービス品質に大きな差があるということでしょう。

 

保険料体系は利用者のニーズに見合ったもので割安感もあり、補償内容やサービス内容もレベルの高いものであるだけに、一部の担当者の不慣れな対応が目立つ結果になってしまっているようでとても残念です。

 

総合的に見るとただ安いだけでなく、申込時の対応から事故対応、アフターケアなども含めて良い口コミに優位性があるでしょう。

 

またイーデザイン損保の最も大きな強みは、東京海上グループが長年培ってきた実績と豊富な経験です。

 

新しい保険料の算出方式と割引特典によって、納得のプランを作って保険料を抑えることができる自動車保険です。

 

保険を簡単にデザインできるように、
・おすすめプランから選ぶ
・予算で選ぶ
・自由設計で選ぶ
・補償内容で選ぶ

 

この4つの見積もり方式が用意されています。

 

事故を起こしたときは、東京海上グループの経験を生かしたサポート体制でバックアップしてくれます。

 

さて、イーデザイン損保は東京海上とNTTファイナンスの出資のもと、2009年に誕生したダイレクト型自動車保険です。

 

3メガ損保の中の1社である東京海上グループ系列の企業となります。

 

そのため企業としてはまだ若いのですが、日本の損保業界のトップを走ってきた東京海上グループの経験と実績、確かなノウハウを持ち合わせていると言っても過言ではありません。

 

一番の特徴は保険料の安さと事故解決能力の高さにあります。

 

口コミ情報やランキングでは常に上位をキープしているほか、他社よりもお得な割引サービスが充実しているため、保険料の節約を図りたい方に最適でしょう。

 

事故解決力に関しては東京海上グループのネットワーク、経験、事故対応における解決力をそのまま活用していることから、実際に事故対応を経験した方々から高く評価されています。

 

長年代理店型の自動車保険しか利用してこなかった方でも、満足できる可能性が非常に高いと言えます。

 

イーデザイン損保の注目ポイントは3つあります。

 

「@安心できる事故解決力」
その日のうちに初期対応
平日だけでなく、土日祝日も9時〜20時まで初期対応を行っています。

 

電話連絡の他、イーデザイン損保のスマホアプリ「事故現場コール」から連絡することもできるため、大変利便性が高いと言えます。

 

セコムの事故現場急行サービスを無料提供
契約者の方は、セコム事故現場急行サービスを無料で利用することができます。

 

依頼すると24時間365日、セコムの処理員が事故現場まで駆けつけてくれるため安心です。

 

示談交渉まで専任担当にお任せできる
東京海上グループの全国ネットワークと連携しているため、事故受付から解決までスピーディーな期待ができます。

 

「Aサービスの充実度が高い」
ロードサービスの拠点数が多い
すべての契約に無料で使うことができるロードサービスが付いています。24時間365日利用可能です。

 

イーデザイン損保の事故対応の拠点は全国9,300箇所あるため、車のトラブル時に素早く駆けつけてくれます。

 

日本全国にある最寄りの提携修理工場を利用することができる
イーデザイン損保の提携工場を利用すると、引取・納車・代車などのサービスが無料提供されます。提携修理工場の数は全国1,100箇所です。

 

日常の体の不調も相談できるメディカルコールサービス
車の事故に限らず、日常での体の不調、悩みを相談することができるメディカルコールサービスが無料で付いてきます。

 

「B保険料が合理的でお得」
新規・更新問わずインターネット割引10,000円
新規契約、更新契約ともに年間保険料が10,000円割引となります。

 

他社の場合、更新契約時の割引額は新規契約よりも下がる傾向にあるため、保険料を節約したい方に最適です。

 

無事故割引、継続割引でさらにお得
ダイレクト型自動車保険の中では業界唯一の無事故割引を扱っています。

 

また、契約年数が増えるごとに割引率が高くなる継続割引もあるため、長期間契約するほど保険料はさらに安くなります。

 

走行距離区分ごとの保険料設定
過去1年間に走った距離に応じて6つの距離区分の中から選択できます。

 

合理的に保険料を計算することができるため、あまり車を使わない方や走行距離が短い方ほど保険料は安くなります。

 

イーデザイン損保は走行距離区分が細かく、いわゆる「走った分だけの保険料」という体系です。

 

ダイレクト系の中でも割安な保険料ですし、さらにネット割引1万円でかなり評価が高い。

 

セカンドオピニオンサービスも好評で契約者の満足度を押し上げており、また、保険各社の満足度ランキングの常連で、現在では代理店型を凌駕する事故対応満足度を持っています。

 

また、顧客満足度ランキングではソニー損保に次ぐ第2位と、非常に人気の高い自動車保険です。

 

その人気の秘密はどんな点にあるのでしょうか?

 

「保険料の相場比較(車両保険なし)」

 

イーデザイン損保の保険料は全体的にはダイレクト型の相場並みです。

 

ただし、50代以降はやや割高になっています。

 

 

普通車のグラフと違って、全体的にダイレクト型の相場より高いです。

 

特に40代以降は割高感が大きくなります。

 

東京海上グループのネット通販型損保
日本国内には3つの巨大な損保グループがあり、市場シェアの90%近くを占めています。

 

イーデザイン損保はその一つ、東京海上グループの唯一のダイレクト型損保です。

 

2018年度の3つの損保グループの市場シェアは以下の通りです。

 

 

東京海上グループは2位です。

 

ちなみに、トップのMS&ADインシュアランスグループの主要損保はあいおいニッセイ同和損保と三井住友海上、SONPOグループを率いるのは損保ジャパン日本興亜です。

 

2019年度の損保業界売上高上位16社です。

 

 

イーデザイン損保は業界全体では15位と、まだまだ下位に位置しています。

 

ただし、売上高の伸び率は業界トップクラスです。

年度 伸び率 順位
2016〜2017 22.3% 1位
2017〜2018 9.9% 2位
2018〜2019 6.9% 3位

 

「経営状況・業績」
イーデザイン損保の決算データを基に、ここ3年の業績を調べました。

社名 イーデザイン損害保険株式会社
設立日 2009年
所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2
株主構成 ・東京海上ホールディングス(95.18%)

・NTTファイナンス(4.82%)

経営の健全性 ソルベンシーマージン比率:435.1%
格付け情報:なし
売上高

2016年:25,723百万円
2017年:28,280百万円
2018年:30,245百万円

収益

2016年:−7,568百万円
2017年:−5,519百万円
2018年:−5,118百万円

 

2009年設立と、歴史の浅い会社が多いダイレクト型損保の中でも若い会社です。

 

将来への投資の時期なので、黒字化できていないのはやむを得ないかもしれません。

 

売上高の伸び率は高いので、投資の成果は着実に表れています。

 

ソルベンシーマージン比率は業界内では低い水準ですが、ボーダーラインとされる200%の倍以上あります。

 

いずれにせよ、東京海上グループの後ろ盾があるので、経営面での不安はないでしょう。

 

イーデザイン損保の特徴

主な補償内容

相手への補償

・対人賠償保険
・対物賠償保険
・対物超過修理費用補償特約

けがの補償

・搭乗者傷害保険
・人身傷害保険
・女性のお顔手術費用特約
・育英費用特約
・入院時諸費用特約

車の補償

・車両保険
・車両新価保険特約
・車載身の回り品補償特約
・車両全損時諸費用特約
・事故時レンタカー費用特約

自動車付帯の補償

・弁護士費用等補償保険
・他車運転危険補償保険
・自損事故傷害保険
・無保険車事故傷害保険

 

無保険車事故傷害保険と他車運転危険補償保険、弁護士費用等補償保険は1人につき300万円まで。

 

補償内容は一般的なものです。

 

ホームページから見積もり可能な3つのプランでは、人気の特約である対物超過修理費用補償特約(50万円まで)が付いてくる設計になっています。

 

保険料に余裕があればセットしておいたほうが良いでしょう。

 

ユニークな特約としては、女性が顔や頭、首にケガをした時の治療費をカバーする女性のお顔手術費用特約(30万円まで)がありますが、必要性は高くないと考えます。

事故対応

初期対応受付時間

・24時間365日
・9:00〜21:00

初期対応の内容

・被害者(相手方)への連絡
・代車の手配
・医療機関への連絡
・修理工場への連絡など

インターネット事故受付 ・有り
事故対応体制

・専任担当者&スペシャリストチーム
・クイックレスポンス(9:00〜18:00)

サポート体制

・損害調査員:1,500人
・弁護士ネットワーク:240人
・提携修理工場:1,100箇所
・メディカルコールサービス:24時間365日

進捗状況の報告 ・契約者ホームページに進捗状況を掲載

 

ここで注目したいのは、初期対応の受付時間です。

 

保険会社によっては平日のみ受付をしていたり、土日祝日は早い時間帯のみ受付をしているところがあります。

 

一方、イーデザイン損保の場合は土日祝日も平日と同様に9時から21時まで営業しているため安心です。

 

これにおいては、東京海上グループの事故対応品質をアピールしています。

 

現実には事故対応力は担当者のレベルによって上下するものですが、各種の事故対応満足度ランキングでは高い評価を得ています。

 

初期対応が夜の9時までと、他社より遅くまで受け付けてくれるのは良いですね。

主なロードサービス

サポート拠点 ・全国約9,300箇所
車へのサポート

・レッカーサポート(最寄りの提携工場まで無制限、
それ以外60kmまで)
・バッテリー上がり
・パンク(スペアタイヤ交換)
・ガス欠対応(10リットルまで無料、保険期間中1回)
・インドアロック
・各種オイル、ヒューズの取り換え
・ボルトの増し締め
・サイドブレーキの固着解除
・代車サポート
・その他、30分までの応急作業
・引き上げ・引き降ろしサービス:落輪、縁石に乗り上げてしまった際、
車の引き上げや引き降ろし作業を行う。※落輪、乗り上げに条件あり

人へのサービス

・帰宅手段案内
・緊急宿泊先案内
・24時間営業ガソリンスタンド案内
・医療機関案内サービス
・セコム事故現場急行サービス
・故障相談サービス

 

他社と比較するとロードサービスの内容は平均的な内容です。

 

レッカーサービスのけん引距離が60kmまでとやや短めですが、イーデザイン損保が指定する修理工場まで移動する場合は無料ですので、特に気にすることはありません。

 

なお、事故現場から帰宅する際にかかる交通費、宿泊費などはロードサービスで提供していないのでその点は注意が必要です。

 

無料レッカー距離は、以前は30kmと頼りないものでしたが、2倍の60kmまで拡大されました。

 

また、ガソリンがなくなった時に10リットルまで給油してくれるサービスは、契約1年目からでも利用可能です。

 

しかし、遠方の事故などで急遽必要になるかもしれない宿泊費や帰宅費用をカバーする補償は無料ではなく、宿泊先、帰宅手段等の案内に留まっているのは残念です。

 

2017年10月2日より、セコム事故現場急行サービスを開始しました。

 

要請に応じで24時間365日、セコムの緊急対処員が駆けつけてくれ事故直後の対応をサポートしてくれます。

 

また、セコムからイーデザイン損保に事故現場で収集した情報も連携してくれるようになっています。

保険料・割引

走行距離区分

・3,000km以下
・3,000km超〜5,000km以下
・5,000km超〜1万q以下
・1万q超

ノンフリート等級別料率制度

・年齢問わず補償 6A
・21歳以上補償 6B
・26歳以上補償 6C
・30歳以上補償 6E

割引

・インターネット割引1万円
・早割500円
・証券e割500円
・新車割引 25ヶ月以内割引
・セカンドカー割引
・無事故割引
・継続割引
・自動ブレーキ割引

 

走行距離区分は4つと、他社と比較すると多いとは言えませんが、一律1万円のインターネット割引は使えます。

 

ホームページで見積もりをすると、車両保険あり/なしプラント、そこに同保険で人気の特約を追加した3つのプランが出てきます。

 

割引制度では、業界唯一と宣伝している無事故割引(年間)があります。

 

更新時に適用される継続割引と合わせると、最大で5%お得になります。

 

「イーデザイン損保の見積り内容」

見積り条件

車種 フィット
使用目的 日常・レジャー
年齢 21歳以上、26歳以上、30歳以上
運転者 本人限定
免許証 ゴールド
プラン A:車両保険なし B:車両保険(一般あり)
保険料(一時払い)

21歳以上:93,360円
26歳以上:57,440円
30歳以上:39,050円

21歳以上:183,400円
26歳以上:105,940円
30歳以上:71,480円

割引

インターネット割引1万円
証券e割引500円
新車割引

車の補償

車両保険:200万円
免責金額:5万-10万円

相手への補償

対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限
対物超過修理費用補償特約:50万円

けがの補償

人身傷害補償保険:3,000万円
無保険車傷害保険:2億円
自損事故傷害保険

その他の補償

弁護士費用等補償保険:300万円
他車運転危険補償保険

 

補償内容はスタンダードな内容だと思います。

 

保険料は確かに安く、保険内容の改定でさらに安くなりました。

 

1万円の値引きも効いていますね。

 

もっとも、他のダイレクト型自動車保険の中で抜きん出てお手頃かというと、そういうわけではありません。

 

保険料が劇的に安いわけではなく、ロードサービスにも一抹の不安が残るにもかかわらずイーデザイン損保の口コミ評価が高いのは、純粋に事故対応度で評価されているためだと推測できます。

 

検討に値する自動車保険として、見積もりの候補に入れておくべき保険会社であることは言うまでもありません。

 

「インターネット上の口コミ」
良い口コミ


事故対応はわかりませんが保険料はかなり安い。悩んでいる方は保険料の見積もりオンラインを利用して、相見積もりを取って考えるのをおすすめします。

 


富士火災海上保険から乗り換えました。これまで6万円ほど保険料を支払っていましたが、イーデザイン損保の保険料は3万4千円です。最近はダイレクト系が人気というのが乗り換えのきっかけになったと思います。思い切って見積もりをして良かったです。なお、補償内容は以前と遜色ないのも魅力でした。

 


直販型の自動車保険を中心にいろいろ比較しましたが、イーデザイン損保が一番安かった。東京海上がバックアップしているので経営面でも心配ありませんし、とてもお得な自動車保険なのではないでしょうか。

 


以前軽微な事故を起こした時にすべてをお任せし、こちらの手を煩わせることなく処理していただけたので良かったです。しかし、契約更新の時のパンフレットでオプションの商品の説明がわかりにくく、それを改善してもらえたらと考えます。トータルでは良い保険会社だと思っています。

 


インターネットからの申し込みで1万円割引を受けられることを知り、早割と合わせて申し込みました。保険料が以前より安くなったので助かっています。ロードサービスが充実しているので、カートラブルなどにあった時対応してもらえる安心感があります。

 


保険料が大手に比べて安価という理由で契約しましたが、夫が軽い事故(社内の駐車場)を起こした時には迅速に対応していただきました。大手と比べて事故対応はどうなのだろう?と思っていましたが、全く問題なかったので継続して契約させてもらっています。

 


他の自動車保険と比べても、保険料の安さはトップクラスだと思う。東京海上系で国内ということもあり、保険料は割高だと予想していたが安くて逆に驚いた。ただ、事故後の対応は人にもよるが、ここにどれだけのナレッジがあるのかわからないので少し不安があるのは事実。

 


私の出産を機に夫婦で保険の見直しをしました。これから子供などにもお金がかかるので、保険料をなるべく安くしたいという思いがっあたのです。一括見積もりでは、補償内容に対して値段が最安だったのがこちらの自動車保険で、それまで加入していた代理店型の会社から乗り換えることとなりました。ネット割が1万円でお得だと思います。今後は事故を起こさないで等級を上げていき、割引適用でもっと保険料を安くできるのではないかと思っています。

 


以前バッテリー上がりで連絡して対応してもらいました。他社ですと1年間で1回と制限があるようですが、イーデザイン損保では何回でも大丈夫ですよと回答してしていただき驚いたのですが、さらに無料と言われたので2度驚きました。更新するときもお願いしたいと思いました。

 


首都高速道路走行中にタイヤが突如パンクしてしまいました。この時は初めてのことだったし無知でしたけれど、安全なしかるべき対応と思いすぐさま路肩に停めました。そして110番をしたら、加入している自動車保険会社が対応してくれるかもしれないと言われたのです。そこで、いつも緊急時に連絡する電話番号を書いたカードを保険会社からもらっていたのですぐに連絡しました。その後、タイヤ交換のために作業員の方が来てくれ無事に済みました。本当にここの保険会社は頼れると思いましたよ。

 


SBI損保や三井ダイレクトと同じように走行距離に関係なく保険料が変わるので、車によく乗る人は特に検討する価値があると思います。私はアウトドア派なので、こういう保険が増えてくれると選択肢が増えてありがたいです。

 


追突事故で被害を受けた時のことですが、すぐに電話連絡を入れると対応が丁寧で良かったです。その後の必要書類等の発送や相手方とのやり取りなども、親身になって行っていただき大変満足しました。

 


他社から乗り換えた理由は、ネット割引や早割などの割引サービスが多かったからです。また前年の走行距離に応じて保険料が決まるので、私のような街乗りのドライバーには助かります。保険料は以前の会社より3万円ほど安くなったにも関わらず、無料でロードサービスなども付いているので願ったり叶ったりのものになりました。後は事故を起こさず保険を使わずにいれば、もう少し安くなるのではないかと思っています。

 


保険会社に勤務している友人から見ても、他社と比較してイーデザインの保険料は圧倒的に安いということでした。基本的にはセゾンだと40代・50代、SBI損保だと車によく乗る人に圧倒的に有利。ソニー損保に関しては、保険料はそこそこ安価で事故対応などのソフト面に特徴があるのですが、イーデザイン損保に関してはとにかく保険料で勝負していて、年齢を問わず安いということです。信頼性という点では、東京海上グループという点で担保されているのだと思います。

 


ビジネス誌の自動車保険ランキングで、イーデザイン損保が1位になっているのを見た。他の自動車保険と比較すると、保険料が全年齢で全体的に割安だという評価でした。私も某保険会社の人に聞いたのですが、カテゴリーを絞らずに保険料を下げているので、イーデザイン損保は会社的には赤字だろうということでした。つまり、その分消費者にとってはお得な保険だと言えると思います。

 


結婚をした時に夫と私の保険をすべて見直しました。これから子供などにもお金がかかるので、少しでも保険料が安いところを選びたかったのです。補償の内容に対して価格が一番安かったのがイーデザイン損保の自動車保険でしたので、それまで加入していた保険会社から切り替えました。ネットだと1万円も割り引いてくれるのでありがたかったです。まだ保険を使うような事故やトラブルは起こしてないので、事故対応やサポート面に関してはわかりませんが、ここなら丁寧な対応をしてくれると思っています。

 


チューリッヒ自動車保険から乗り換えた者です。これまで一番安いと思っていたのですが、一括見積もりをしたらこっちが最安だったので1年契約しました。事故などで利用したことがないので対応についてはわかりませんが、他の保険会社より見積もり額が安いのでいつも気になっていたのです。別に問題ないのでまたお世話になると思います。

 


結婚後、家計の節約のためにインターネット手続き型の自動車保険を探していたところ、こちらのイーデザイン損保に辿り着きました。ソニー損保と迷ったのですが、CMでもよく耳にしますが東京海上グループのイーデザイン損保と言うだけに、大手保険会社と関連があることが加入の決め手になりました。初回に車や個人情報を登録すれば、次年度からの更新時には変更がない限り以前のデータが自動的に入ってくることや、おすすめプランなども分かりやすく説明されているので保険に疎い私でもすぐに手続きできました。一番のメリットはやはり保険料の安さです。以前は知り合いのお付き合いで代理店型の保険会社に入っていましたが、その当時の保険料と比べると車両保険を付けても2万円ほど安くなり、本当にお得感を感じました。更新時にはメールでお知らせがくるので手続きを忘れることもないし、万が一他社の保険に変えたいと思っても誰にも気を遣うことなく切り替えられるのでとても便利です。このまま問題なければ、こちらの自動車保険で継続しようと思っています。

 


ここの保険は保険開始の45日前までにインターネットで申し込むと、インターネット割引1万円に加えて早割として保険料を500円割引してもらえるため、安くていまの自分にピッタリでした。以前、高速のパーキングエリアで車が動かなくなったことがあるのですが、指定工場なら距離無制限でレッカーサービスを受けられるというところが気に入っています。

 


インターネットの自動車保険一括見積もりサイトで数社比較したところ、唯一ここの保険が標準タイプと贅沢タイプ、節約タイプの保険内容と保険料を案内してもらえたし、節約タイプの保険料が他社より一番安かったのでこちらで契約をしました。加入してからも、頻繁にメールでお知らせしてくれるのもうれしいです。

 


イーデザイン損保は東京海上グループで、保険料の安さが特徴だと思います。インターネット割引は初年度だけという会社もありますが、毎年同じ額が割引されます。またロードサービスの拠点も多く、年間走行距離に応じて保険料が割安になる料金体系になっています。

 


相手が無保険車だったがスムーズに保険金を受け取れた。もう他の保険会社への加入は考えられない。

 


社会人になり始めて車を購入した際に、イーデザイン損保の自動車保険に加入しました。保険の知識は全然なく、親に聞きながらインターネットで探したところ値段の安さや事故などのトラブルの対応などが良さそうだったのでここに決めました。またCMなどで聞いたことのある名前でもあったので信頼して加入できたし、更新時もスムーズにできこちらを選んで良かったと思っています。

 


ネット通販型の自動車保険なんていざという時に頼りにならないというイメージでしたが、もともと加入していたのが東京海上日動だということもあり、少しでも保険料を安くしたいなとイーデザイン損保に変えました。契約は自分好みに選べるようになっているのも良い点だと思います。電話で質問したことにも丁寧に答えて頂いたし、また今年からは無事故なら割引も追加され、ますます加入者寄りの契約ができるシステムになったのでおすすめできる自動車保険です。

 


他社と比較してここが一番安く、今まで加入していた会社と比べると3万円以上安くなりました。事故を起こした時、興奮している私に対して優しく丁寧に対応してくれとても落ち着けました。

 


一括見積もりで安かったので加入しました。もっと安い会社もありましたが、決め手は東京海上グループという後ろ盾があるからです。加入手続きもネットと簡単な書面の送付で終わりました。対面型に比べて不安な面がありましたが、2年半くらい経過した現在においても不満はありません。更新の時など何度かコールセンターに電話した際は、明確でわかりやすい説明を受けました。

 


過去に事故を起こしてしまった時、迅速で丁寧な対応をしてもらいました。また、他社と比較して価格が安い点も魅力です。事故後の保険金支払いの件につきましてもタイミングよく電話にて報告してくれました。こちらからの折り返しの電話では、通話料を考慮し保険会社のほうから電話いたします、との対応をしていただきました。

 


ネット通販の一括見積もりを利用して、料金的に一番お値打ちな保険に元々加入していました。ところが事故が遭った後その保険会社には更新を拒否されてしまい、乗り換えたのがイーデザイン損保です。実はここの自動車保険に加入中にも事故に遭ったのですが、その後の更新を断られることはありませんでした。料金のリーズナブルさと内容のバランスが釣り合った、比較的誰にもでもおすすめできる自動車保険ではないかと思っています。

 


イーデザインで保険契約をして、はじめて事故を起こしてしまいましたが、対応の速さと説明のわかりやすさに感動しました。もちろん今後は事故に遭わないようにしますが、万が一事故を起こしてしまっても、しっかり対応していただける事が今回わかりました。

 


ガス欠の時に素早い対応と燃料補給を行ってくれてとても助かりました。

 


駐車場に車を止めていたところフロントガラスに10cm程のヒビが入っていて、「石でも飛んできたのだろうか?」と思った。一応イーデザイン損保と行きつけのディーラーに連絡して修理の見積もりを取り、その後保険で直してもらいました。車両保険は免責金額が5万円だったので修理代金10万円のうち5万円は自己負担になりましたが、残りはディーラーに直接払い込みスムーズに手続きは終了しました。

 


他社からの乗り換えでお世話になっているのがここの会社です。インターネット割引や早期割引など割引項目が多かったのが魅力でした。前年の走行距離に応じて保険料が決まるので、我が家のようなサンデードライバーには助かります。価格も他社に比べて2万円ほど安くなったにも関わらず、無料でロードサービスが付いてくるので安心して運転できます。リーズナブルでも安心して契約できる会社なのでおすすめです。

 


別の保険会社からイーデザインさんに契約を移す際にうっかり保険開始日を誤ってしまったのですが、その後の等級引継ぎのための事務手続きなどを親切に行ってくださいました。事故を起こしてしまった時も、きめ細かい連絡をしてくださいました。

 


東京海上グループというのが信頼できる。電話のオペレーターの見積もりの時の対応も他社より優れており、しっかり社員教育されているのを感じることが出来ました。

 


保険料が比較的安いうえに、契約内容とのバランスも良い。契約手続きの際にわからないことがありコールセンターに電話してみたが、その時の対応も丁寧で非常に好感が持てました。

 


プラン別の補償内容と金額を比べると、かなりリーズナブルであることが他社の自動車保険との比較において良くわかりました。また、手厚い補償内容の安い保険料となり満足しております。

 


ネットで加入できる安めの自動車保険はいろいろありますが、会社の信用面とかよくわからなくて不安になります。でも、イーデザイン損保は東京海上グループの保険なので信頼できます。保険内容も、日々の通勤や買い物程度の人ならお得に加入できる自動車保険だと思います。

 


東京海上系ということで、他の新興の自動車保険と比較しても信頼度は頭一つ抜けていると思う。ただ、他の人が口コミで書いているように、東京海上系だからといっても東京海上のネットワークが使えるわけではないなどの弱点もある。保険料を考えれば仕方ない気がするが、それは選ぶ人が考えることであり、私個人としてはイーデザイン損保の自動車保険は素晴らしいと思っている。

 


ほぼ土日だけの運転なので、走行距離割引で保険料が安くなった。

 


テレビCMを非常に多く打ち出しはじめた時期に加入しました。別の保険会社から契約変更だったんだけど、迅速かつ的確なアドバイスをしてくれ非常に好感を持つことができた。保険対象外の説明もしてくれ、サービス向上に努力している姿勢が伺えた。

 


代理店型からの乗り換えです。新車購入をきっかけにイーデザイン損保に加入。以前の会社への不満があったわけではないのですが、保険料が2万円弱安くなったので迷わず決意しました。ダイレクト型自動車保険に若干の不安要素があったけど、東京海上グループということでその不安も一蹴された気がします。

 


テレビコマーシャルで良さそうと思い1年契約しました。保険料については一番安い見積もりとなり、元々はソニー損保だったものを乗り換えたわけです。保険内容についてはソニー損保と大差なく、ロードサービスも無料で付いてくるし悪くないと思いました。しかし1点だけ気になるのが保険料の支払い方法で、クレジットカードで支払いする場合の対応です。イーデザイン損保さんはクレジットカードは利用できるものの、支払い方法は一括支払いのみの対応となっていたのが残念でした。自分としては自動車保険は月々の分割払いとしたいので、次年度からは月払いに対応している損保へ乗り換えてしまいました。内容は悪くないので支払い方法の柔軟性をお願いできればと思います。

 


ダイレクト系で安い割には補償の選択肢が広いのがいいです。具体的には車両保険の項目で、他社のダイレクト保険では初回から免責ゼロはあまりないのですが、イーデザインはそれを選べるので助かっています。事故対応もしてもらいましたが、担当者は適切に対応してくれた。

 


加入前には、ダイレクト型だからサポートは手薄いという心配もありました。実際に加入してみると、メールでまめに役立つ情報などを送ってくれたりして、新しい会社だけに従来の会社がおろそかにしている点にまで、気配りするサービスが整っていると感じています。

 


値段が安いことが最大のウリだと思います。以前はあいおい損保でしたが、同補償内容で4万円安くなりました。ネットですぐにできるのもいいですね。対応等は利用してないけど、安ければそれでいいと私は思っています。

 


更新の時、保険料で比較したら一番安かったので契約。見積もり後、契約された方に豪華賞品プレゼントキャンペーンというのがちょうどやっていた時で、当選人数の多さに「嘘くさいな」と思っていたが、先日ニンテンドーDSIが届いて驚いた。できたばかりの会社らしくクチコミが少ないけど、これからこの会社に期待しているところ。

 


オプション含めて必要なサービスを申し込んでも、他社に比べかなりの割安感があります。幸いにして、わたし自身は事故ゼロなので事故対応に対する評価はできませんが。

 


最近は運転する機会が少なくなりつつあったので、保険料を見直したいと思い探していました。国内の大手損保グループほうが安心できるかなと思い、イーデザイン損保に切り替えました。自分の場合は過去1年間に走った距離に当てはめた区分により保険料を算出されて、無事故の人間にも扱いやすい保険料になりました。

 


一括見積もりサイトを利用し安かったので契約しました。ダイレクト系ではさらに安いところもあったのですが、ここは人気があるし、また東京海上系ということですので良い判断材料になったと思っています。ダイレクト系ですので多少の不安はありましたが、わからないことがありコールセンターに電話したところ、丁寧な説明を受け好印象でした。事故対応やサポートについては体験してみないと何とも言えませんが、万が一事故を起こし対応を味わうことになれば、また口コミに投稿させていただきます。

 

悪い口コミ


保険料は確かに安い。東京海上グループなので潰れることはないだろうが、事故が起こった際、大丈夫かとちょっと心配はある。

 


いろいろと口コミを見比べましたが、イーデザイン損保は他社の自動車保険よりも保険料は安いと思いますが、事故対応などの面で不安があるように感じました。事故の時にはすぐに連絡が取れて、迅速に対応してくれることが大切です。自動車保険は1年契約なので、事故だけでなくロードサービスの対応に不満があるという方も、更新のタイミングに見直しを検討すべきだと考えます。結論としては安いだけじゃダメなので見合わせました。

 


事故対応ですが、始めは良かったけど次第に連絡はなくなり最近ではまったくない。人身事故だったんですがもうすぐ1年経過です。大した事故でもなかったのに終わらなく、そろそろ終結にもっていけないのかと...きっと慣れていないから無理なんだと半ば諦めています。

 


車が盗難の被害に遭いまして、車に積んでいた物の保険の車載身の回り品特約があるにもかかわらず、「購入確認ができない。車に積んでいた証拠が証明されない」の一点張りで結局補償されませんでした。当然ながら保険金を返してくれる事もなかったです。保険は何かあった時のためのはずなのに、証拠が不十分という理由で保険金が支払われないとは想定外でした。

 


他の通販型の会社よりも多少高かったのですが、東京海上グループということなので契約しました。10年以上を無事故で過ごしてきたが、保険料の見直しと思いイーデザイン損保に乗り換えてしまったんです。保険料はかなり安くなったし、万が一事故を起こしても東京海上グループだから安心だと思っていました。ところが、こちらの不注意により人身事故を起こしてしまったためイーデザイン損保へ連絡をしたんですが、これが本当に使えない。担当者は口の利き方も知らない失礼な人間で、事故現場にも来ないし全く連絡がこなかったので被害者の方に申し訳ない思いでいっぱいだった。東京海上グループといっても所詮は別会社であり、これなら保険料が高くても代理店で契約すればよかったと思った。

 


保険料は安いですが、宿泊・帰宅費用サポートが付帯しないという弱点があります。他社ではサポートしているのになんでだろう。

 


事故対応が悪かった。車両保険で車を修理したい旨を伝えたが、対応できないと断られた。翌日に電話をもらい事故状況を確認したいと言ってきて、可能性は低いが事故の内容次第では保険が使えると前日に話していたことと違うことを言ってきた。私が「これはどうなんですか?」って何か聞くと、「勉強不足で正確な回答は出来かねます」などと、スタッフの無知さや保守的なことばかりで相談する意味がなかった。他社の自動車保険と契約していたこともありますが、対応を比較すると今までで一番事故対応、スタッフの質は悪いです。

 


保険料を納付する前は催促の電話などがきたが、振込み後は何も連絡がない。そういった中で、保険の更新前になると2ヶ月くらい前からダイレクトメールが連続して送られてきた。なんか金に卑しいと思った。近所のメガネ屋さんでさえ、マナーとして残暑見舞いや誕生日カードを送ってくるのに...ダイレクトメールには、おすすめプランとしてワンランク上の保険内容が掲示されてくるのもポイントです。あまり気分的に良くないです。

 


料金は安いと思いましたがスタッフの質が悪い。申し込みを行って僕に書類が届いた翌日か届く前日くらいに、「代金の振込みがまだです」という電話が来ました。ありえないと思います。今現在は契約してけっこう経ってるけど、代金を支払った以降はまったく無反応ですね。

 


追突事故の被害者です。電話で自走できるかもと話したら、「レッカー代金は自費です」と言われ、相手と交渉する意思も感じられませんでした。さらに、ケガをしている私に事故車を運転して病院まで行くように指示。結果的に救急外来でなかったので病院で長時間待たされた。こちらの過失はゼロだから、専任の担当者から連絡が入るまで5時間以上かかりました。過失がこちらにないのでイーデザイン損保の保険サービスを使えないケースなのかもしれませんが、次の契約更新は絶対ないでしょう。

 


基本的に電話対応だけなのですが、感じ悪いです。私が人身事故を起こした際、相手が全治3ヶ月の治療が必要という診断でしたが、「とんだことをしてくれたな、おかげでこっちは大損だ」という考えが言葉尻に見え隠れしていました。こちらが確認を依頼したことには折り返し電話が来ず、催促の電話をしたら「忘れていた確認します」の返事だけ。事故の時を考えたら、もう通販型はやめようと思いました。価格ではなく、面と向かって親身になってくれる代理店を探します。

 


主人が車に乗ってて後ろから追突されました。その時の保険会社の対応が最悪。結局弁護士に相談となりましたが、弁護士もまた保険に付属の人だから適当な対応でした。結局適当過ぎて、自分で他の弁護士を探して対応してもらうことになった。安い理由が浮き彫りになった。

 


事故対応の悪さが際立ちました。何も規約の縛りがなければ即変更するところです。何もかもが出来かねますの一点張りで、ひとつの妥協点も融通も通りません。契約してしまえばこっちのものと言わんばかりの対応です。保険料が安いしメジャーなので、見積もりと契約を急ぎすぎると後々になって何倍もの出費や手間を浪費するので、この会社はオススメしません。対応していただいた人によるでは、この様な自動車保険はダメだと思います。

 

イーデザイン損保の総合評価

信頼ある老舗の東京海上グループの安心感と事故対応品質を、ネット価格でお届けというコンセプトのもとにあります。

 

また、社名のように顧客のニーズによって自由にデザインできる保険を目指して、「自分にピッタリの保険を見つけたい」という要望に応えようとしています。

 

イーデザイン損保口コミでは事故対応力が評価されていますが、実際のところはどうなのか見てみましょう。

 

まず、補償内容については充実させており保険料も安いという評価が多く聞かれますが、これは東京海上グループということも評判を良くしているようです。

 

しかし一方では、事故対応時の連絡や手続き関係に時間がかかるという指摘もあり、料金が安いだけで品質は良くないという声もあります。

 

自動車保険の基本的な補償である対人・対物賠償については他社と大きな違いはありません。

 

対人・対物賠償は全て無制限となっており、示談交渉サービスが自動でセットされています。

 

対人賠償については、500万円までという少額から選べるのが特徴でもあるわけですが、イーデザイン損保契約者の8割が無制限を選んでいて、保険料を安く抑えたい人にとっては検討する価値がありそうです。

 

また車に乗っている人のケガに対する補償ですが、おもに人身傷害保険と搭乗者傷害保険の2つが対象となりますが、基本的な補償内容については他社と大きな違いは見られません。

 

ただ、特約が他社にはない変わったものが用意されており、「女性のお顔手術費用特約」は車の事故で顔や首などの頭部にケガを負って手術をした時に、費用が支払われるというものです。

 

これは、当然補償の対象となるのは女性の方のみです。

 

他社で言うと、アクサダイレクトにも「形成手術費用補償特約」と似たような特約があります。

 

こちらは女性のみという限定がないので、アクサダイレクトの方が補償は幅広いと言えます。

 

また、育英費用特約というものも取り扱っており、こらは記名被保険者が事故で死亡した時に、子供の養育費を補償する特約となっています。

 

子供1人につき500万円と十分な金額ではありませんが、生命保険と合わせて加入すれば補償が充実するのではないでしょうか。

 

加えて車両保険ですが、「車両保険あり」「車両保険あり(エコノミー)」のいずれかを選択するタイプで、イーデザイン損保と同様に、車両保険についてはほとんどの会社がこの2つのタイプから選ぶというのがほとんどです。

 

さらにロードサービスについては、他社と比較すると至って及ばないのが事故時宿泊・運搬サービスです。

 

事故が起きて帰宅するのが難しい場合に役立つサービスですが、イーデザイン損保はどちらもサポートしておりません。

 

ほとんどの保険会社はロードサービスで事故時宿泊・運搬サービスに対応しているので、この点は残念な部分だと言わざるを得ません。

 

また保険料に関してですが、他のダイレクト型と同じようにイーデザイン損保では保険料は走った分だけという決め方をしています。

 

走行距離区分は以下のように分かれています。

前年走行距離区分

3,000km以下

3,000km超

5,000km以下

5,000km超

10,000km以下

10,000km超

 

このように、年間走行距離が少ない人にとっては保険料を安くできるメリットがあります。

 

合わせて割引サービスについては目立った特徴はありませんが、インターネット割引1万円は他社と比べても大きな金額となっています。

 

イーデザイン損保は一人ひとりにぴったりの保険がデザイン可能です。

 

おすすめプランから選んだり、予算や補償内容で選んだりと自由に保険内容を設計できる高水準の見積もり方式が用意されています。

 

新しい保険料の算出方式と割引特典によって納得のいく充実プランを作成し、また保険料を抑えることが可能な自動車保険だと言えます。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

自動車保険おすすめトップページ