ダイレクト型か代理店型か?

車を運転するなら、万が一の事故に備えて確実
に加入しておきたいのが任意の自動車保険です。

 

車には強制加入に自賠責保険がありますが、
それだけだと補償金額が不足気味なので、確
実に任意保険には加入しておきたいものです。

 

自動車保険の保険料金はいわば必要経費と言えるも
のですが、近年の経済状況を考えると、やはりでき
るだけ安く抑えたいと誰しもが考えると思います。

 

保険料が安くて、自分のカーライフに見合ったサービスが補
償されるというコストパフォーマンスに優れた自動車保険を
選択するうえで重要となってくるのは、複数の自動車保険会
社の見積りを比較検討する
ということになると思います。

 

その際の比較ポイントとしては、やはり保
険料と補償内容ということになるでしょう。

 

さて、以前は自動車保険というと車を購入したディーラーで
自動車保険に加入しましたが、最近ではインターネットで加
入するネット型の自動車保険も非常に増えてきています。

 

つまりネットか?代理店か?ということも、自動車保険を
選ぶ新しい選択肢として増えてきたということになります。

 

そして選択肢が増えるということは競争原理が働いて、
よりコストパフォーマンスに優れた自動車保険に出会
える確率が高くなったということで、私たち一般ユー
ザーに対しては歓迎できる状況
だと思います。

 

一方で、選択肢がありすぎてどれを選択したらいい
のか分からないという贅沢な悩みを抱えることとな
ったわけですが、そのような悩みを抱えてる方に活
用して欲しいのが、やはりインターネットです。

 

インターネットでは複数の自動車保険業者から一括して見積
りを入手できる、サービスを提供しているサイトがあります。

 

これを活用することで見積り依頼の手間も省けます。

 

また、ネットや代理店から入手した見積りを比較検討する際に、
合わせて活用したいのが自動車保険口コミなどの情報です。

 

見積書からは伺い知ることのできない、貴重な情報
自動車保険の口コミや評判の中には含まれています。

 

これらの情報についてもインターネットでは簡単に入
手することができますので、フル活用しながらコスト
パフォーマンスに優れた自動車保険を選び、楽しく充
実したカーライフを送っていただきたい
です。

 

「自動車保険選び国内か外資系か?」
インターネットのバナーでもテレビCMでも、「自動車保険
を見直しましょう」とおすすめする内容がよく登場します。

 

1998年から自動車保険が完全自由化され、以前のようにど
こに入ってもある程度一緒で、会社での付き合いで入ると
か、保険のおばちゃんにいかに世話してもらうかで決める
ような選択肢ではなくなってきたのが大きな理由でしょう。

 

そこでよく目にするのが外資系の保険会社です。

 

あらゆるサービスを付けたり、私たちの印象に残る
キャラクターやタレントさんを使って分かりやすい
キャッチフレーズでアピールしていますよね。

 

ですが国内の会社も依然として存在していますし、
みなさんの中でも加入している人が多いと思います。

 

そこで自動車保険を選ぶなら国内か外資系か、どち
らを選べば良いのか、どういった部分を気にすれば
良いのか比較ポイントについてご紹介していきます。

 

まず外資系の場合、リスクを細分化しているという特徴があります。

 

旧来の自動車保険の場合、年齢や事故歴で判断し
ていましたが、外資系の場合は使用者、使用目的、
さらには運転する地域や車の車種、安全装置の有
無など、あらゆる細分化をしているわけです。

 

ですから、若者がスピードを求めて購入するよう
なスポーツカーではないというだけでちょっと安
くなるとか、事故の少ない地域だからそれだけで
安くなるとか、あらゆるメリットがあるのです。

 

反対に事故が多い地域に住んでおり、年齢も性別も一般的な
データとして事故が多い区分に入り、さらに安い自動車保険
に入った状態で事故を起こしてしまい次回の契約ができなく
て困っているというパターンの人も多いと思います。

 

そのように細分化するわけですから、当然
保険料が高くなる人も出てくるでしょう。

 

その場合、リスク細分化に比べてざっくりとし
た分け方である国内の方が良い
というわけです。

 

ちなみに外資系で細分化したほうが有利な条件としては、女性で
30歳以上、使用目的がお買い物やレジャーで走行距離も短く、事
故やリスクの少ない地域でデータ的に事故率が低いモデルの車に
乗っている人は、かなり保険料が安くなると考えられます。

 

反対に先に挙げた条件がすべて逆の場合は、「国内」
というのが「国内か?外資系か?」、自動車保険の
比較ポイントであると考えれば間違いないでしょう。

 

万人に対して有利というものはこの世に存在しないので、知識
を付けて自分に合ったものを選ぶのが自動車保険おすすめです。

 

>>国内損保の実力・外資系損保会社の特徴のページに進む

 

>>自動車保険一括見積もりサイト
自動車保険おすすめ会社を見積り

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加