ディーラーで保険契約するデメリット

新しく車を購入する際、自動車保険にも加入することになります。

 

自賠責保険は強制加入なので車購入と同時に契約を結ぶこと
になりますが、任意保険に関しては補償内容、保険料、特約
などを考慮して納得のできるものを選ぶ必要があります。

 

しかし、特にこだわりがなくディーラーや販売店に
おすすめ自動車保険だと勧められるがまま契約をす
る方も多いですが、その場合、しっかり契約内容
補償プランについて確認をすることが重要です。

 

その際、ディーラー側の担当者が保険にも精通して
いるならば問題はありませんが、一般的にそうでは
ないケースが多く、また今後の対応についても注意
しておかなければならない点がいくつかあります。

 

ディーラーに自動車保険の見積りを依頼することの
メリットは、おもに車に関することと保険に関する
ことの窓口が同じである
という点が挙げられます。

 

万が一事故にあった際に、修理と保険の取り扱いが同じで、
一括で行うことができるという点が一番の強みでしょう。

 

また自賠責保険の加入も済ませることができるため、
スムーズな保険加入までの流れが実現できます。

 

しかしデメリットとして、まずディーラーは自動車保険
を専業とはしていないため、保険対応については保険会
社に全て任せるといったことが当たり前となっています。

 

何より保険料が高く、補償内容が保険料に見合ったもので
はないといった批判も多いことが、ディーラーで自動車保
険の加入手続きをしてしまう一番のデメリットと言えます。

 

これらの点から、ディーラーでは自賠責保険の加入手続き
は済ませてしまって良いと思いますが、任意保険について
は複数の会社の自動車保険を取り扱う代理店や、ダイレク
ト型のネット保険を選ぶなどの対応が必要と言えます。

 

基本的にディーラーは自動車のプロであって、保険に関しては我
々と同等の知識か、少し理解がある程度
のものと考えられます。

 

自動車保険の見積りを依頼する際に、確かな知識と納得で
きるものを選びたい場合はネット通販型保険を、きちんと
補償内容や保険料について相談しながら決めたい場合は、
保険専業の代理店を通して契約することが大切です。

 

また今後車を買い換える際、これまでのディーラーとは別の販売
店で購入する時に、保険の更新や手続きなどでこれまでのディー
ラーと再度連絡を取らなければならないというのは非常に気まず
いものだと思いますし、お互いにあまり良い思いはしません。

 

ですので、しっかり保険と車を分けて契約を結ぶ
ようにする方が、より柔軟なカーライフを送る上
でも重要なことだと言えるのではないでしょうか。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト
自動車保険会社16社ロゴ

 

 

自動車保険おすすめTOPに戻る