デイズの保険料シミュレーション

日産デイズに乗っている人、または購入を検討している人へ向
けて、任意で加入する自動車保険の判断材料になれば幸いです。

 

それではここから、
デイズの保険料について詳しく見てみましょう

見積り条件

車種 デイズ・グレードX(2013年発売モデル)
初年度登録年月 2015年4月
ナンバー 5ナンバー
型式 DBA-B21W型
記名被保険者 34歳女性
使用用途 日常・レジャー
等級 7等級
免許証の色 ゴールド
運転者範囲 夫婦限定
年間走行距離 4,000〜5,000km
対人・対物賠償 無制限
人身傷害保険 3,000万円(車内・車外補償タイプ)
搭乗者傷害保険 500万円
車両保険 一般タイプ145万円(免責金額5-10万円)
付帯特約 対物超過修理費用特約
自動付帯特約 他車運転危険補償特約・無保険車傷害特約・自損事故特約

保険会社 一般車両保険 エコノミー型 無し
三井ダイレクト損保 46,550円 35,670円 26,980円
セゾン自動車火災 49,850円 38,230円 30,850円
そんぽ24 59,570円 49,810円 40,140円


そんぽ24における、デイズの保険料が高
くなった理由が新車割引に関してです。

 

新車割引とはその名のとおり新車に対して適用されます
が、そんぽ24では軽自動車が割引対象外となっています。

 

一方、他2社では軽自動車も割引対象です。

 

そんぽ24以外にも軽自動車が新車割引の対象外となっている保
険会社はありますので、デイズを新車で購入する人は、各社の
新車割引の適用範囲をしっかりとチェックしておきましょう。

 

また、車両保険セット割引というものがあり、この割引制
度は三井ダイレクト損保特有の制度であり、セゾン自動車
火災との保険料に差が出た理由として考えられます。

 

幅広い補償に対して割引が適用されるので、デイズに車
両保険を付帯しようと考えている人にとって、三井ダイ
レクト損保は選択肢の一つになるかもしれませんね。

 

デイズ

 

デイズの特徴

かわいい色からシックな色まで10色のボディカラーが用意さ
れているので、自分好みの色をチョイスすることができます。

 

コンパクトで操作性抜群のため、最小回転半
径が4.4mと取り回ししやすいのが特徴です。

 

普段あまり運転をしない人でも楽々操作できると思います。

 

また駐車の際は、普通車に比べると簡単に感じられるはずです。

 

さらに車内では、10個の収納スペースが設けら
れており、運転席・助手席はもちろんリアシー
トにも使いやすい収納スペースがあります。

 

ドリンクホルダーは前席に2つ、リアシートにはド
アの部分にボトルホルダーが2つ装備されています。

 

ご自身のデイズの補償内容や保険料はいかがでしょうか?

 

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、
保険内容に不足や見落としがあっては本末転倒です。

 

そのため、まずはデイズの補償プランの組み立てから始ま
り、一括見積りで安いところをという順序を忘れないよう
にして自動車保険を選んでいくことをおすすめします。

 

トップページに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加