バイクのふらつき運転との接触事故

女子高生が原付バイク走行中にパンを食べていたという話です。

 

交通事故の判例

 

菊池(76歳)は都会でのサラリーマン生活を終え、余生を生
まれた故郷の田舎へ引っ込んで悠々自適の生活を過ごしていた。

 

秋の夕暮れ、菊池は自家用車であるパッソに乗り、7kmほど離
れたスーパーマーケットへ買い物をし終え自宅へ向かっていた。

 

田舎だけに、片側1車線道路といっても幅員は広く、
両横は田園が広がる見通しの良い直線道路だった。

 

ふと前方を見ると、原付バイクに乗った高校生ら
しき女の子が、何とパンをかじりながら時速30
kmくらいで片手運転をしているではないか。

 

「危ないな〜」と思いながら、菊池は加速しながら中央線寄
りに原付を避けるように追い越しを開始したところ、中央線
付近で原付が急に右へ寄れてきて原付の右ハンドルグリップ
がパッソに接触し、女子高生はその場で転倒してしまった。

 

慌てた菊池は30mほど先の路肩へパッソを停車させ、
女子高生のところへ駆け寄ったが意識がなく、倒れた
ままだったので携帯で警察へ通報し救急車を要請した。

 

病院へ搬送された女子高生の意識は救急車
内で回復したが、女子高生は顔面に大きな
傷を負い治療後も痕が残る可能性があった。

 

若い女性の顔だけに、後遺障害慰謝料を考えると菊池が加入し
ていた保険会社の担当者が青くなったことは言うまでもない。

 

しかも、女子高生は警察の聴取に事故前後の状況を「私は道
路の左側を正常に運転していた」と言い張るばかりで、菊池
のパッソ側へ寄れたことやパンをかじりながら運転していた
ことなど、自分に不利な状況をすべて否定したのである。

 

「追い越しをかけられた方にも避けて譲る避譲義務がある」

 

双方の言い分が食い違うため、後日当事
者を現場へ呼んで実況見分が行われた。

 

菊池と女子高生が走行していた車線の真ん中あたり
に女子高生の原付の転倒痕があり、衝突時、女子高
生の原付が路肩ではなく車線の真ん中あたりまで進
出して走行していたことが判明したのである。

 

その結果、基本の菊池70、女子高生30から、
女子高生に避譲義務違反+10を修正し、菊池
60、女子高生40という過失割合で決着した。

 

女子高生が走行時にパンをかじっていたといっ
た行為は、過失割合算出には全く関係なかった。

 

「顔のケガなど後遺障害も男女平等になった」

 

交通事故などで外貌(頭部・顔面部・頚部等)に傷
痕が後遺障害で残ってしまった場合、以前は男性よ
り女性の方が「社会生活において苦痛を受ける」と
いう理由から、上位等級に格付けされていました。

 

例えば、「外貌に著しい醜状を残すもの」の場合、女性7
等級に対して男性は12等級とされていましたが、201
0年5月の京都地裁の判例で「男女で格差があるのは男女
平等を定めた憲法に違反する」とされ、現在では男女間で
こうした後遺障害についての格差はなくなっています。

 

>>管理人の部屋のページに進む

 

自動車保険おすすめTOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加