知っていると得をする中断証明書

自動車を売ったり廃車にするなど車を手放す際、または
海外への赴任や長期出張などにより車を一時的に使用し
ない場合、自動車保険を解約することになります。

 

しかし、せっかく安全運転を心がけて高い等級にあ
っても、新たに車を購入し再契約する際に新規の6
等級になってしまうのはとても残念なことです。

 

解約するときには中断証明書の発行手続きを行うことで、
再契約時にはこれまでの等級を引き継ぐことができ、な
おかつ保険料の割引きもされるので大変お得です。

 

中断証明書とは、自動車保険解約の際に申し出を
行うことで発行される証明書で、自動車保険を解
約した時点の割引等級が記載されています。

 

発行の条件としては、自動車保険の解約日または満期日までに...

 

廃車、譲渡、リース業者への返還手続きが完了している。

 

車検証の有効期限を過ぎており、車検を受けていないが一般的となります。

 

さらにこのような理由を証明する書類。例えば廃車の場合は、
登録識別情報等通知書
登録事項等証明書
自動車検査証返納証明書
検査記録事項等証明書

 

などが必要で、譲渡や売却の場合は
買取証明書等が別途必要になります。

 

これらの書類と中断証明書発行依頼書、保険証券の
写しを提出して中断証明書を発行してもらいます。

 

また中断前に事故などで等級が下がった場合、その等
級が7等級以上であること、また中断後に保険を再契
約する際に7等級以上であることも条件になります。

 

中断証明書が発行され、再契約の際に等級を引き継ぐためには...

 

中断日から、新規に自動車保険の契約が開始
される日までの期間が10年以内であること。

 

新規に車を購入してから、1年以内に自動車保険に加入していること。

 

海外へ渡航する場合、新規に契約を開始する日が出国日の翌日
から10年以内で、かつ帰国日の翌日から1年以内であること。

 

中断前後で車の所有者・被保険者・車の用途・車種区分が同一であること。

 

この4つが条件となります。

 

注意事項として、自動車保険会社によっては中断証明書を
利用した新規の契約を一切受け付けていない場合がありま
すので、自動車保険の口コミなどを見たり、事前に保険会
社に問い合わせるなど確認する必要があるでしょう。

 

>>いろんな変更届も簡単だから忘れずにのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP