等級据え置き項目とロードサービスは使おう

車を購入したらまずかけておくのが自動車保険です。

 

必ずかけなければいけない自賠責保険とは別に、多くの方
が保険会社から加入する任意保険に入っていると思います。

 

ほとんどの方が事故や車上荒らしなどのトラブルがな
い限り、そのままかけっぱなしで利用せずにそのまま
継続更新している方が多いのではないでしょうか。

 

正直それではもったいなさすぎます。

 

まず自分の保険証券を確認していただき
たいのですが、証券に等級という項目が
あると思いますので確認してください。

 

通常新規(家族の保険を引き継いだ場合は別)
で加入すると6等級から始まり、1年間後の更
新時に1等級上がり(この場合は7等級)ます。

 

そして、事故等で保険を使うと3等級下がる仕組みになっています。

 

この等級は1〜20等級まであり、20等
級になるとそれ以上あがらなくなります。

 

ですので、特に利用せずそのまま長年かけ続けている人
は20等級近くまでアップしていることが予想されます。

 

等級によって何が違うかというと、
保険料の割引率が変わるのです。

 

20等級なら基準保険料から60%ほど安くなりますが、
逆に1等級では60%くらい割り増しになってしまいます。

 

ここで大事なことは、等級が上がるにつれ均等に割引率が
変わっていくのではなく、最初は割引率も大きく上昇しま
すが、後半(16〜20等級)ではほとんど変わりません。

 

保険を利用すると月々の保険料が上がるから、多少
のことならあまり保険を利用したくないという方が
結構いますが、16等級以上は特に、19、20等
級の方は些細なことでもどんどん利用してください。

 

また、あまり知られていないのが飛び石傷の修理です。

 

通常保険を使うと3等級下がりますが、
飛び石に関しては等級据え置きです。

 

他にも保険に付属することの多いロードサー
ビスなどは、等級には全く関係ありません。

 

何度利用しても保険料は変わらないので、
困ったときには積極的に利用して支払っ
た保険料を少しでも取り返しましょう。

 

>>自動車保険で解決しない場合は?のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP