搭乗者傷害保険の特徴

搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車の搭乗者
が運転中に死傷した場合に補償してくれる保険です。

 

自賠責保険や対人賠償保険、対物賠償保険では
運転者や搭乗者は補償対象外となっていますが、
搭乗者傷害保険では運転者自身や一緒に乗って
いる搭乗者全員が補償の対象となっています。

 

運転手の自損事故や過失割合が100%でも補償され、
また保険を使用しても等級が下がらない保険です。

 

保険加入時に設定していた保険金が、
損害内容によって支払われる仕組みです。

 

「搭乗者傷害保険の補償内容」

 

搭乗者傷害保険には、補償される内容に
よって保険金が別々に設定されています。

 

おもな補償内容は死亡保険金、後遺障
害保険金、医療保険金となっています。

死亡保険金

事故から180日以内に死亡した場合、
1名につき設定した保険金が支払われる。

後遺障害保険金

事故から180日以内に後遺障害が発生した場合、
障害状況に応じて保険金が支払われる。

医療保険金

ケガの治療のために入院した場合、
1日あたりと総額で支払われるタイプがある。

 

任意保険の人身傷害保険にも加入しておけ
ば、加入時に設定した保険金の範囲内で治
療費の実費を受け取ることができます。

 

人身傷害保険はより補償範囲も広くなっていますが、
保険料も高くなりますので、手厚い補償を望まれる
方は加入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

「搭乗者傷害保険が適用されないケース」

 

幅広い傷害事故に対応しているのが搭乗
者傷害保険ですが、保険が適用されるケ
ースと適用されないケースがあります。

 

自賠責保険や加害者からの損害賠償金が支払わ
れていても、補償を受け取ることができます。

 

反対に保険加入者の故意による事故や飲酒、
無免許などによる事故で死傷した場合は保
険金を受け取ることはできません。

 

また、定員オーバーやサンルーフから頭を出し
て事故にあった場合など、通常の乗車方法でな
かった場合は保険金の支払いはありません。

 

自然災害による事故が原因で死傷した場合は、
内容によって異なるので注意が必要です。

 

台風や高潮、洪水による死傷の場合は適用
されますが、地震や津波、噴火などのケー
スでは搭乗者傷害保険は適用されません。

 

>>無保険車傷害保険の特徴のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP