対物賠償保険の特徴

対物賠償保険とは、運転中に物を壊した場合に
その損害に対する補償をしてくれる保険です。

 

例えば他人が所有する建物やガードレール、電柱などを壊した場合です。

 

対人賠償保険が人を対象としているのに対
し、対物賠償保険は物を対象としています。

 

自賠責保険では物に対する補償は行っていないので、
任意保険で物への補償をカバーするというメリット
も大きいことから多くの方が加入しています。

 

「対物賠償保険の補償範囲」

 

対人賠償保険と同様に、対物賠償保険も補償の対象
となるのは他人が所有している物に対してのみです。

 

例えば、駐車中に家族が所有する車にぶつけて壊し
てしまったという場合は補償の対象外となります。

 

また、以下のケースでも対物賠償保険の
範囲外となっているので注意が必要です。

 

免責事項というところに記載されていますの
で、加入前にきちんと確認しておきましょう。

 

・故意による事故
・自然災害(台風や地震など)によって生じた損害

 

無免許運転や飲酒、酒気帯び運転などによる事故で物
を壊した場合は補償されます。これは対物賠償保険も
被害者を救済するという目的で作られているからです。

 

「対物賠償保険の補償額」

 

対物賠償保険の補償額は、1000万円や無制
限といった限度額の中から選んで加入すること
になりますが、実際に事故を起こした場合はど
れくらいの補償額が必要になるのでしょうか。

 

一般住宅に車が突っ込んだ場合は数百万円〜1000
万円強と言われていますが、お店や営業用の車との事
故では数千万円から億を超えるケースもあります。

 

これは、事故がなければ得られるはずだった利益がなくなる
ことによる「間接損害」と呼ばれるものが発生するためです。
先ほどの家などのケースでは「直接損害」となります。

判決例

裁判所

被害

認定損害額

1980年

福岡地裁

電車・線路・家屋

1億2037万円

1994年

神戸地裁

積荷(呉服・洋服・毛皮)

2億6153万円

1996年

東京地裁

店舗(パチンコ店)

1億3580万円

2000年

岡山地裁

積荷

6124万円

2001年

東京地裁

店舗(サーフショップ)

2858万円

2004年

名古屋地裁

大型貨物車・積荷

3391万円

 

上記のような判例もあるため保険料は高く
なりますが、対物賠償保険の補償限度額も
無制限にされておくことをおすすめします。

 

>>人身傷害保険の特徴のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP