車両新価特約

 

車両新価特約とは、新車を購入して事故に遭い修
理をせず新しく車を買い直した場合、契約してい
る車の新車相当価格を補償してくれる特約です。

 

ただし、修理代が車両保険に設定している
補償額を上回る(全損)か、新車相当価格
の50%以上であることが条件です。

 

例えば、Aさんが80万円で新車を購入し、車両
新価特約を付けた車両保険に加入したとします。

 

そして、保険の対象となる車を運転中に事
故を起こし車を大破させてしまいました。

 

修理代を見積もりしたところ50万円必要
だと言われたので、車両新価特約を利用し
て新しく車を買い直すことができました。

 

軽微な事故で修理代が30万円の見積もりになった場合、
新車の価格(新価)の50%以上にならなので、車両新価
特約は使えず車両保険を使って修理することになります。

 

「車両新価特約の補償内容」

 

車両新価特約の補償は、保険をかける車の新
車の価格(新価)を限定にして支払われます。

 

先ほどの例だと、80万円を限度に保
険金が支払われることになるわけです。

 

保険会社によっては、再取得時諸費用も保険
金に加えて支払ってくれるところもあります。

 

またこの特約は、初度登録年月から25ヶ月以内の新し
い車を対象に付帯させることができ、25ヶ月以降の特
約には車両全損時修理特約を付けることができます。

 

「車両新価特約の注意点」

 

車両新価特約を使って保険金を支給してもらうには、新
車を実際に購入することが条件となっているので、購入
の証明書等の提出が求められることがあるでしょう。

 

また車両全損時修理特約と異なり、盗難された場合
に適用されないケースもあるので注意が必要です。

 

以下のような運転をしていた場合や自然災害な
どによる修理には対応していませんので、保険
会社の約款などを確認しておきましょう。

 

盗難によって生じた損害
無免許運転や酒気帯び運転などで起きた事故による損害
地震・噴火・津波などによる損害
詐欺または横領により生じた損害

 

>>車両無過失事故特約のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP