車両保険への加入は迷うところ

車両保険とは車同士の交通事故や盗難を含
め、自然災害などによっても車自体に損害
があった場合に補償される自動車保険です。

 

修理の場合は修理費用分が、全損や盗難にあった場
合は保険金額の全額が支払われることになります。

 

ただし、所有している車によって設定できる保
険金額の範囲があらかじめ決められています。

 

例えば価値が50万円しかない車に100万円の保険金
を設定したとすると、対象の車が全損した場合は、車の
価値以上の保険金をもらえることになるからです。

 

そのため、車両保険をかける車に見合った範囲で保険金
がかけられることになり、車種や初回登録年月によって
定められた価値に基づいて設定されることになります。

 

「車両保険の補償内容」

 

車両保険には洪水や台風・高潮などの自然災害
による被害でも補償される限定タイプ、他車と
の事故による車両損害の補償に対応しているエ
コノミータイプなど、様々な種類があります。

 

一般的に割高になる車両保険ですが、補償内容を絞っ
て選ぶことによって保険料を抑えることができます。

 

新車や年式の新しい車は一般タイプ、少
し古くなってきたらエコノミー+Aなど
に保険をかけ直すのがおすすめです。

補償対象

一般タイプ

エコノミー

限定Aタイプ

エコノミー+A

単独事故

×

×

×

他車との事故

×

当て逃げ

×

×

×

台風・洪水

×

火災・爆発

×

盗難

×

落書き・いたずら

×

 

「車両保険の注意ポイント」

 

車両保険の保険金を請求するときに注意すべきことは、
補償する損害の原因によって3等級ダウンするものと
1等級ダウンするものに分かれていることです。

 

例えば、単独事故では3等級ダウンするのに対し
て、自然災害による被害では1等級ダウンします。

3等級ダウン事故

1等級ダウン事故

単独事故

他車との事故

当て逃げ

台風、竜巻、洪水、高潮、火災、爆発、盗難、

落書き、いたずら、飛び石などの飛来物、落下物


自然災害の中でも地震や津波、噴火による損害には補償されません。

 

また、運転手の故意や飲酒運転による事故な
ど重大な過失がある場合も補償されません。

 

「車両保険の免責金額」

 

車両保険の免責金額とは、保険に加入している車両が
損害を受けた場合に車両保険から支払われる保険金か
らどれだけ自分のお金で補うか、その金額のことです。

 

つまり事故などで修理が必要になった場合、自腹
でどれだけ修理代を払うかということになります。

 

車両保険に加入する際には、この
免責金額の設定が必要になります。

 

保険会社には免責金額を設定してもらうことで
軽微な修理には対応しなくてもよくなり、コス
トを下げられるなどのメリットがあります。

 車両保険の免責金額の例

 

例えば車両保険が100万円、免責1回10万
円の設定に加入している車を運転中に事故に遭
い、修理代として30万円かかったとします。

 

この場合は保険加入者から10万円を出し、
保険会社から保険金として免責金額10万
円を差し引いた20万円が支払われ、合計
の30万円で修理することになるわけです。

 

免責金額を0円に設定することも可能で
すが、保険を使用すると等級も下がるた
め保険料が上がるデメリットが生じます。

 

また車同士の事故であれば、相手の対物補償で修理
代を出してもらうこともできますので、5〜10万
円の免責金額を設定されている方が多いです。

 免責金額の決め方

 

車両保険の保険金は、車が初年度登録
された時からの時価で計算されます。

 

つまり新車の方がもらえる保険金は高くなるというわけです。

 

ただし保険料も高くなりますが、いざ事故に遭った場
合に高い保険料をもらえるというメリットもあります。

 

車は毎年減価償却されて価値が下がっていくため、
新車に乗られる場合は車両保険に加入し、免責金
額も少なめに設定されるのがおすすめです。

 

例えば購入10日後に事故に遭い車が全損した場合、
等級は下がりますが保険金でほぼ賄えることになります。

 

反対に免責金額を多めにすることで保険料を安
く抑えることができますので、ある程度の年数
を重ねた車に対しては、車両保険のかけ替えな
ども検討してみるのもおすすめします。

 

初回のみ免責金額を0円にできる「免ゼロ特約」などもあります
が、7等級以上の運転手しか加入できないなどの制限があります。

 

>>自動車保険はこうして生まれたのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP