年間走行距離が少ない場合の自動車保険

万が一の時のために前もって加入しておくのが保険です。

 

もちろん何事もないのが一番ですが、万が一の時には
きちんと補償されるようになっている必要があります。

 

そのような保険の中でも、車を運転するのなら加入して
おくべきなのが任意で加入する民間の自動車保険です。

 

対人や対物の事故の際の補償がされるとともに
、故障などの際に、ロードサービスなどの速や
かな対応もしてくれるところもあります。

 

加入内容にもよりますが、車を運転することに対
して随分と安心が持てるようになるはずです。

 

ところで自動車保険というものは、安心のた
めに、そして万が一の時のためとはいえかな
り高額の支払いが必要となっています。

 

少しでも自動車保険の支払いを抑えようとして、
加入内容を見直そうとすることもあるはずです。

 

特に買い物や家族の送り迎えなど、暮らしている地域
でしかほとんど運転しないということもあるでしょう。

 

結果として年間走行距離が少ないものになるはずです。

 

年間走行距離が少ない車と、毎日利用している走行距
離の多い車が同じ保険料というのはおかしなことです。

 

車を運転する走行距離が長いほど事故に遭う確率は高くなるも
のですから、車を運転する走行距離が少ない場合は、より少な
い保険料で済む保険プランに加入の見直しをしたいものです。

 

まだ走行距離に応じて保険料が変動するプラン
を出している保険会社は少数派だと言えます。

 

しかし、確実に自動車保険料を抑える方法
になるので、見直しを検討したいものです。

 

ちなみに車の年間走行距離は、自動車保険に加入する際にオ
ドメーターの累計走行距離を自己申告するだけで済みます。

 

決して毎日の走行距離がチェックされる仕組みであったり
するものではないので、安心して加入できると思います。

 

もちろん走行距離が多いのにも関わらず虚偽の申
告で加入していた場合は、結果としていざという
時に補償が受けられなくなる可能性があります。

 

保険料を抑えたいという気持ちが優先するかもしれま
せんが、最も重要なことは正しい申告をすることです。

 

いくら保険料を支払っていても、虚偽の場合は補償
されることはありませんので注意したいものです。

 

近年は、小型車を利用して買い物や子供の送り
迎えなどに利用するケースが目立っています。

 

それだけに年間走行距離が少ないケースも多
いはずですから、そのようなケースにふさわ
しい自動車保険に加入するようにしましょう。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

>>補償内容の確認は必要ですのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP