国内損保の実力・外資系損保会社の特徴

保険の自由化以降、自動車保険を取り巻く環境が大きく変わりました。

 

なぜなら、自動車保険はそれまでどの会社も
同じ補償内容で保険料も同じだったので、ど
こで加入しても結局は同じという感じでした。

 

そのため、あまり保険会社同士の競争もないので、
サービス競争が激しくなることもなかったのです。

 

そんな環境から、保険やサービスも会社独自のサ
ービスで提供できるようになり、外資系の通販型
の自動車保険も保険料の安さを売りに参入してき
て、サービスの面においても保険料においてもよ
り良いものを提供する必要がでてきたのです。

 

そして現在はその甲斐あって、各社特色の
ある魅力的なサービスを提供しています。

 

また、事故サービスにも力を入れて顧客満足度
を上げるべく日々企業努力をしているのです。

 

国内損保の魅力はなんといっても実績ですね。

 

いくら保険料が安くても、実際に事故に
遭遇してその支払いの際に保険料の支払
いがきちんとされるのか不安ですよね。

 

まだよく分からない馴染みのない保険会社に加入
して、一番お金が必要で精神的にもフォローが必
要な時に、実績が少ないのできちんと対応してく
れるかどうか分からなければ不安だと思います。

 

その点国内損保会社ならば今までコツコツと積み
上げてきた保険会社としての実績があるので、安
心して自動車保険に加入することができます。

 

事故対応においても今までの莫大な事故の例
から適切な処理へと導いてくれると思うし、
その点については信頼感を持てると思います。

 

また外資系の損害保険会社と比べると、サービスセ
ンター
などの拠点が全国に網羅されていて拠点の数
も多いので、万が一の時に直面しても専門家に駆け
つけてもらえるのでとても心強いと思います。

 

国内損保の自動車保険といえば、保険会社の代理店や外
交員が直接お客さんから、「どのような状態で乗るか?」
「家族で乗る人はいるのか?」「年齢は?」などの質問
で、自分に合った補償内容を選択してくれていました。

 

特に自動車保険は普通の人には補償内容な
どがよく分からないと思うので、代理店の
説明をしっかり聞くことが大切でした。

 

保険に自分で納得して加入することができるとこ
ろが、国内損保の良いところでもあったのです。

 

そして現在は、国内損保会社もこれらの代理
店を排除してダイレクトに契約してもらう通
販型保険を積極的に取り入れているようです。

 

なぜなら、従来の国内損保の魅力であった代理店と
の密なコミュニケーションより保険料が安い方がい
いという顧客もいて、まさしく多種多様化する顧客
に対していろんな選択肢を提供できるからです。

 

このように柔軟性を持ち、敏感に反応で
きるのも国内損保の強みだと思います。

 

「外資系の損害保険会社の特徴」

 

外資系の自動車保険といえば通販タイプのものが
主流で、テレビのCMなどでもよく目にします。

 

これらの会社の特徴といえば、まずはダイレ
クト型自動車会社なので保険料が安いこと。

 

これが一番のウリといっても過言ではないでしょう。
そして事故対応力の良さ。

 

事故対応に力を入れていて、契約者が一番
心配とする万が一の事故などの時にいかに
迅速で誠意のある対応をしてもらえるかに
よって、保険会社の良し悪しが決まります。

 

よく「安かろう、悪かろう」では保険にお
いては絶対にダメなので、国内損保の方に
加入するという人を時々見かけます。

 

日本の損害保険会社なら今までの実績や口コミからある
程度判断できるのですが、外資系の損害保険は日本国内
の保険業界に参入してからの歴史も浅く、周りにその会
社に加入している人がいない、少ないなどの理由で実績
があまり把握できず判断ができませんでした。

 

しかし、段々と外資系の保険会社も実績を積んできて、や
っと存在を認められるようになってきていると思います。

 

その実績においても、国内損保会社と何ら劣ってい
るところがないという事が証明されたからこそ、日
本の保険業界に根をおろす形になってきたのです。

 

よく海外の損保会社は効率的で事務的な対応で冷
たい感じを受ける人もいるようですが、これは保
険料を少しでも安く抑えるために徹底した事務効
率をはかって人件費等の必要経費を抑えているの
で、自然とそのような対応に取られがちです。

 

ですが、事務的に処理がされるからこそそ
の分対応はスピーディーであるので、保険
金などの支払い処理も驚くほど早いのです。

 

サービスにおいては、
外資系だから
従来の国内損保だから
といってまったく区別がないように思われます。

 

保険料においては、外資系の自動車保険の方がダイレク
ト通販と言って代理店を省いているので、その分余計な
経費がかからず保険料が安くなる場合が多いです。

 

さらに特徴的なのが、リスク細分型を取っています。

 

他の保険会社でも、ゴールド免許や等級の高いドラ
イバーが保険料の割引率も高いというのは当然なの
ですが、外資系の保険会社ではさらに保険料が安く
なるなど、事故に遭遇する確率が低いドライバーに
とってはかなり安い自動車保険料となるはずです。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

>>条件で探す自動車保険でお得に加入するのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP