ソルベンシー・マージン比率とは

 

ソルベンシーマージン比率という言葉を聞いたこと
がある方は少ないと思いますが、これは保険会社が
大災害などの予期しない事態に遭遇した時に、保険
金を支払う能力があるかどうかを示す数字です。

 

簡単に言えば、どれだけ経営破綻しにくい保険会社かの指標です。

 

ソルベンシーマージン比率の計算方法としては、有価証
券の含み益などの自己資本額、つまり支払い余力を大災
害や資産運用による損失などにより発生する、予想を超
えたリスクの半分で割った数字をパーセント表示します。

 

わかりにくいと思いますが、例えばソルベンシーマージン比
率が200%の場合、リスク総額と支払い余力の総額が同じ
ということになり、万が一の大災害などが発生した場合、ギ
リギリで保険料の支払いができるということになります。

 

このことから、ソルベンシーマージン比率が200%
を下回った保険会社に対しては、金融庁が早期是正措
置を発動して経営の改善を求めるようになります。

 

逆に言えば、ソルベンシーマージン比率が200%
を超えていれば万が一のことが起きても安全な会社
ということになりますが、過去には200%を超え
ているにも関わらず破綻した会社もあり、この比率
だけで保険会社を決めることは良いとは言えません。

 

この比率が高ければ高いほど経営が安定しているという
ことにもなり、契約者からの信用が得られるので、各保
険会社はソルベンシーマージン比率を高くするように努
力していて、中には1000%を超える会社もあります。

 

ただし設立からあまり年数が経っていない保険会社
の場合、自己資本に見合うリスクをとっていないこ
ともあり一般的に比較的高い比率となりますので、
この比率と保険会社の設立年度、近年の経営状況な
どを見て総合的に判断する必要があります。

 

自動車保険においても、保険会社が破綻してしまうとこれ
までの保険料が無駄になってしまったり他の保険会社に乗
り換えが必要になったりすることがあり、契約を検討する
際の重要な判断材料となりますので、保険料や補償内容以
外にもこの比率を事前に調べておくと良いでしょう。

 

調べる方法は非常に簡単です。

 

検索エンジンなどで「ソルベンシーマージン比
率」で検索すると、各保険会社の数値一覧を年
度ごとに記載しているサイトが多数あります。

 

保険内容、保険料と合わせて事前にしっかりと確認
し、安心できる保険会社を選ぶようにしましょう。

 

>>自動車事故のリスクの予防のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP