セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」〜口コミ・評判

事故の解決までにかなりの時間を要しました。

 

事故の相手と顔を合わせることなく示談に至りましたが、もう少し途中経過の連絡があればいいのになと思った。

最近テレビCMでもネットでもよく見かけますね。ここの自動車保険は40代・50代であればお得という触れ込みですが、実際に見積もりを取ったところやはり安かった。

 

多分、他のダイレクト系と比較しても競争力があると思います。若い人には安いかどうかわかりませんが、対象の年齢なら見積もる価値はあるでしょう。

私の年代での保険料といえば、他の自動車保険と比べてもここが一番安かった。子供が免許を取得して車を運転することになったので、子供をカバーできるかどうかで保険料が大きく変わり、その点でもここが一番有利でした。

 

若い人にとっては良い保険ではないのかもしれませんが、私のような年齢であれば色々とメリットが大きい自動車保険なので、評判が良いのは頷ける話だと思います。

契約して早々に事故を起こしてしまったが、対応がスムーズで紳士的だったのでとても満足できました。その際、車の買い替えもしたのですが、車両入れ替えの手続きもしっかり行ってもらえて、その点でもおすすめできる保険会社だなと思いました。

自動車保険としての知名度はあまり高くないかもしれませんが、しかし商品力があり自分でカスタマイズできる保険なので、補償の付け方次第ではかなり保険料が安くなります。

 

人を選ぶかもしれませんが、個人的には良い自動車保険なのでおすすめします。

見積をした中でも1、2を争う安さでした。ただ、車検証に「改」とある改造車の引き継ぎは一切していないそうです。

 

加入対象を絞って保険料を安くしている自動車保険らしいので、余分なリスクを排除するという意味では理解できます。愛車の保険を見直しかったのに残念です。

40代・50だいだけでなく、30代でも保険料は安い部類に入る。

 

ロードサービスは弁護士を使った法律相談など、このサービス内容でなぜこれほど安い保険料が実現するのかが不思議。使う人を選ぶというのが大きなメリット。

自損事故を起こしてしまい車両保険を使ったところ、対応が迅速で安心しました。また保険金支払いまでの手続きがとても簡単で、書類の記入も必要なくとても良かった。

車両保険の保険金額を一定の幅ではあるが自由に決められたのが良かったし、補償内容も納得した上で選ぶことができました。

 

おとなの自動車保険の他社にはない自由度が斬新で気に入っています。

 

おとなの自動車保険は、損保ジャパン日本興亜損保グル
ープであるセゾン自動車火災が提供する自動車保険です。

 

2017年度に行われたJ.Dパワーアジア・パシフィ
ック・ジャパンの調査では、新規加入者満足度調査
で1位、顧客満足度調査で2位を獲得しています。

 

事故リスクが低い40代から50代をメインターゲットと
しており、家族の構成や車の使い方に合わせて補償内容を
細かく調整できるため保険設計に無駄がありません。

 

JAFに加入している保険契約者が多いことに着
目しロードサービスを有料化にするなど、保険料
の節約を図りやすい自動車保険となっています。

 

また、気になる事故対応の体制ですが、最大の特徴
は「ALSOK事故現場安心サポート」「損保ジャパン
日本興亜のサービスセンター網と連携」の2点です。

 

スムーズな事故対応の実現に取り組んでいる様子が伺えます。

 

ただし、おとなの自動車保険の事故対応の口コミや評判
から事故対応や応対品質にそれほど強くはない印象を受
けるため、今後の巻き返しに注目したいところです。

 

「事故対応の特徴」

対応時間

事故受付:24時間365日

初期対応:9時〜20時(平日)、9時30分から20時(土日祝日)車両単独事故・故障損害は平日17時30、土日祝日17時まで
※夜間、年末年始は初期対応はしていない

初期対応の内容

電話による相談、アドバイス

事故解決までの流れの説明
事故の相手方への初回連絡
修理工場への連絡、車の損害状況確認
医療機関への連絡
提携修理工場の紹介(ロードサービスをセットしていない場合)
修理工場への連絡
代車手配
修理工場への損害確認など

サポート体制

損保ジャパン日本興亜サービスセンター網と連携:全国260箇所

提携修理工場:全国610箇所
日本弁護士連合会のリーガル・アクセス・センター(LAC)を介して弁護士の紹介が可能

ALSOK事故現場安心サポート

24時間365日対応

保険契約者であれば無料で利用できる
30分程度で事故現場に到着
拠点数は全国約2400箇所
大雪・水害でも原則利用可能
ALSOK隊員が事故現場でサポートしてくれる
事故相手からのヒアリング実施
事故現場・車両事故等の撮影
救急車の手配
警察への届け出サポート
事故受付(セゾン自動車火災への事故連絡)

 

おとなの自動車保険の事故対応の特徴としては、「サポート体制」
「ALSOK事故現場安心サポート」の2つを挙げることができます。

 

ダイレクト型自動車保険の事故対応は今や代理店と変わらない品
質となりましたが、おとなの自動車保険の場合は業務提携をする
ことで、他のダイレクト型自動車保険と差別化を図っています。

 

なお、おとなの自動車保険の事故受付時
間は他社と同様で24時間365日です。

 

「ロードサービスの特徴」

サービス拠点数

24時間365日受付:全国13000箇所

ロードサービスは任意(有料)

レッカーサービス

応急処置と合わせて15万円まで(計算上300km程度まで)※大人の自動車保険の提携修理工場までは距離無制限で無料

緊急対応サービス

バッテリー上がり

鍵開け(一般キーシリンダー)
スペアタイヤ交換
オーバーヒート
各種オイル漏れ点検、補充作業等
冷却水補充作業等
各種灯火類のパルプ、ヒューズの取り換え作業等
ボルトの締め付け
脱輪引き上げ(1m超えの脱輪引き上げ、タイヤ2つ以上対応)
クレーン作業などの特殊作業

ガス欠時の給油サービス

1年目の契約でも最大10リットルまで無料対応

※保険期間中1回。ただしJAF会員は保険期間中2回(2018年1月1日補償開始契約より対象)

法律・健康相談サービス

日常生活でのトラブルによる法律相談、心と体の悩みについて相談できる健康相談所に対応(弁護士・看護師・保健師などが対応)※2017年12月31日以前の補償開始契約者のみ対象

宿泊・帰宅費用

自力走行不能の場合、宿泊費や自宅までの交通費をサポート

宿泊費用:1名につき1万円まで
移動費用:1名につき2万円まで

GPS位置検索サービス

ロードサービス利用時、GPSを利用して正確な位置情報を申告できる。(携帯電話からでも利用可能)

 

最大の特徴は任意(有料)となっている点にあります。他の保険
会社の場合ロードサービスは無料で付帯されますが、すでにJAF
へ加入している場合はサポートが重複してしまいがちです。

 

その点、おとなの自動車保険であれば契約
時に利用可否を選択することができます。

 

バッテリー上がりなどの応急処置、宿泊・帰宅費用
サポートなど、一通りの内容は網羅されています。

 

なお、ロードアシストを利用しない場合は保険料を節約することが可能です。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

自動車保険おすすめ〜おとなの自動車保険

おとなの自動車保険の特徴は、家族向きと言えるでしょう。

 

家族を守る補償と家計への気配りが特徴としています。
例えば、事故率が低い40代・50代の保険料を割安にしています。

 

事故率は20代から30代を経て50代にかけて低く
なっていきますが、35歳などで割引いっぱいという
のではなく、年齢毎に保険料に反映させるものです。

 

この年代は家族を守る責任世代としては最盛期で、子供
が義務教育を卒業したりして教育費などもかかる世代。

 

保険料の割安は非常に助かるところですね。

 

子供特約などが廃止の傾向がある自動車保険業界です
が、おとなの自動車保険では「子供も運転する」とい
う子供の保険料を追加するだけのものがあります。

 

これは、普通は同居の子供を補償の対象に加えると子供
の年齢に合わせるために保険料が跳ね上がるところを、
運転頻度が高く事故率が低い傾向の親の年齢に合わせた
保険に子供の補償範囲を追加するというものです。

 

まさに40代・50代の成長した子供を持つ家族にピッタリの保険の特徴です。

 

ここの補償(特約)の保険料を確認しながら、必要
な補償を選んで組み合わせていけるのも特徴的です。

 

特約はここでニーズが違うのですが、「これも
あれもあったほうが」と思ってしまうのも事実。

 

しかし、あれもこれも付けてみて試算した
らビックリの金額ということもあります。

 

そこで内容と保険料を見ながら選んで見積もりしていけます。

 

また補償選びの契約者セミナーなどを開催したりしています。

 

おとなの自動車保険はダイレクト型なの
で、こういった説明会は契約だけでなく
知識としても学んでみたいところです。

 

おとなの自動車保険の口コミでよく聞かれる評判は、保険料の安さです。

 

保険自体が40代〜50代をターゲットにしており、
他社からの切り替えをする人が多く見受けられます。

 

ただ、保険料が安くなるかどうかは年齢や等級
などに大きく左右されますが、40〜50代で
あればほぼ確実に保険料が安くなるでしょう。

 

その一方で、事故対応や電話対応に不満を抱く口コミもたくさ
んあるのですが、これについてはセゾン自動車保険というより
も担当者レベルの問題が多いものと言われているのが実情です。

 

おとなの自動車保険は1事故1担当者制を採
用しているので、担当者が良くないと満足の
いくサービスが受けられないと言えます。

 

差し当たり、担当者との相性はとても重要なのですね。

 

しかし他社の口コミと比べると、概ね高く評価
する声が聞かれますので、一括見積もりの際は
ぜひ加えておきたい保険会社だと思います。

 

ところで保険の中身ですが、おとなの自動車保険
の特徴は保険内容のカスタマイズ性にあります。

 

必要な保険、不要な保険を自分好みで自由にカスタマイズ
できるので、その分保険料を抑えることが可能となります。

 

基本補償となるのは対人賠償保険、対物賠
償保険、無保険車傷害保険の3つで、自動
車保険には欠かすことのできない補償です。

 

それ以外の人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両
保険などは、自分が必要であれば組み合わせると
いうのがおとなの自動車保険のスタイルなのです。

 

また事故対応やロードサービスについては他社と
目立った違いは見られませんが、土日祝日でも対
応してもらえるのは大きなメリットだと思います。

 

自動車保険の口コミには、「休みの日の対応が
遅くて不満だった」という声がよく聞かれます。

 

ですから、土日祝日の対応を明言していると
ころには好感が持てるのではないでしょうか。

 

ですが、保険料が安いと補償内容やロードサービスが
どうしても不安だと感じる人も多いと思いますが、お
となの自動車保険の保険料が安い理由は2つあります。

 

・40代・50代にターゲットを絞っている
・保険料は走った分だけ

 

今までの自動車保険は若い人ほど保険料が高く、
年令を重ねるほど保険料が安くなっていました。

 

しかし、保険料が安くなるのは35歳までで、35歳以
上は40歳でも50歳でも保険料は変わりませんでした。

 

そこにおとなの自動車保険は着目したわけなんです。

 

40代50代は事故率が最も低いので、この年代
の人の保険料を安くしようと思い立ったのです。

 

また保険料を走った分だけ支払うという
仕組みにしているので、少ない走行距離
の人は少ない保険料で済むのです。

 

例を挙げると、トヨタのプリウスに乗る45歳の男性で20
等級の場合、年間保険料は車両保険付きで36700円です。

 

これが50歳になると、30400円とさらに保険料が安くなります。

 

おとなの自動車保険は40代、50代に限らずあらゆる年代におす
すめできるので、他社の自動車保険の補償内容および保険料を見比
べながら、自分に合った充実プランを選んでほしいと思います。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

>>アクサダイレクト口コミ・評判のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP