自動車事故のリスクの予防

最近自動車保険の値上がりが続いているため、
さぞかし自動車保険会社も儲かっているかと思
われがちですが、実際はそうではありません。

 

自動車保険の保険料の支払い額は年々増えて
おり、このために自動車保険会社は保険料を
値上げせざるを得なくなっているのです。

 

自動車保険会社は経営が苦しい状態が続いている
ため、保険会社各社は加入者のドライバーに少し
でも安全運転を心がけてもらうよう、安全運転を
テーマにしたスマートフォンのアプリを次々と開
発し、ドライバーの啓蒙活動に余念がありません。

 

こうしたアプリには10数年以上にわたる正確
なデータを基に、ドライバーの事故につながる
運転の癖を見つけ出すものや、万が一事故にあ
ったり起こしてしまった時に役立つものです。

 

またドライブレコーダーの代わりになるものや、ド
ライバーの安全運転の診断ができることに加え、前
の車両に自分の車が近づきすぎるとアラートを鳴ら
してくれる機能を搭載しているものもあります。

 

こうした背景から、ますますドライバーに安全運転
をすることが求められるようになってきています。

 

自動車保険のプロは、安全運転をすることで保険を
使う人を減らすことが出来るため、自動車保険会社
の赤字の解消につながり自動車保険の保険料を安く
できると考え、多くの人たちに保険料を安くするた
めに安全運転をするように勧めています。

 

多くのドライバーが安全運転を心がければ、保
険料を安くすることも不可能ではありません。

 

そして保険料が安くなれば、家計にもたらす
自動車保険の負担も減らすことができます。

 

「安全運転は自動車事故のリスクの予防と低減にもつながります」

 

深刻な自動車事故が起きなくなり、起きるとしても
小さなものしか起きなくなりますので、そういった
事故は保険料でカバーしなくてもよくなるからです。

 

大きな事故を起こしてしまうリスクを減らしていくこと
で、自動車保険の保険料を安くしていくことができます。

 

保険のプロは、安全運転をすることで燃費の向上にもつ
ながり、さらに家計の負担を減らせると提言しています。

 

アイドリングをやめたり
タイヤの空気圧を適正にする
静かに発進する
一定速度を保って走行する

 

などを守って運転するだけで、燃費の向上に役立ちます。

 

安全運転を1年間続けますと、それだけで燃費が約
25%あがり、1000リットル近くものガソリン
を節約することができる場合もあると言います。

 

>>ドライブレコーダーと自動車保険のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP