パッケージ保険商品の種類

パッケージ商品というのは、対人・対物補償、搭乗者
傷害や車両保険など、いくつかの保険を組み合わせて
バランスよくまとめてセットにしてある保険商品です。

 

パッケージ商品は補償の内容によって、
自家用自動車総合保険(SAP)
自動車総合保険(PAP)
自動車保険(BAP)
自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)の4種類があります。

 

ただ最近はこういったパッケージ商品よりも、自分の欲しい保険
だけを組合わせて加入するスタイルが一般的になっています。

 

「各種保険パッケージ商品一覧」

保険の種類

SAP

PAP

BAP

ドライバー保険

対人賠償保険

対物賠償保険

搭乗者傷害保険

人身傷害保険

自損事故傷害保険

無保険車傷害保険

車両保険

 

自動車保険が完全自由化された今では、上記のSAP、PAP、BA
P、ドライバー保険以外にも、自分の必要な保険・特約だけを組
み合わせて加入できる自動車保険が主流になりつつあります。

 

「SAP(自家用自動車総合保険)」
まず最も補償が充実しているのが、
SAP(スペシャル・オートモービル・ポリシー)です。

 

SAPは対人・対物・自損事故・搭乗者傷害・無保険
車傷害・車両保険の6種類がセットになっていて、
対人・対物ともに示談交渉を保険会社が代行してく
れる完全パッケージと言われる保険商品です。

 

また、人身傷害保険には任意で加入することができます。

 

SAPは、
自家用普通乗用車
小型乗用車
軽四輪乗用車
小型貨物車
軽四輪貨物車の5種類のみが契約可能。

 

SAPは補償内容、サービス内容は最高なん
ですが、やはりその分、保険料も割高にな
ってしまうのが欠点かもしれませんね。

 

各保険それぞれの補償限度額は、定められた金額の中
から自分で選ぶことができるように工夫されています。

 

「PAP(自家用自動車保険)」
対人・対物・自損事故・無保険車傷害・搭乗者傷害が
セットになっている基本的なパッケージ商品が、この
PAP(パッケージ・オートモービル・ポリシー)です。

 

必要であれば、任意で人身傷害保険・車両
保険を追加で契約することができます。

 

PAPは営業用のトラックやバイクなども含
めて、すべての自動車が加入できます。

 

また、PAPはSAPと違って対人事故の示談交渉
のサービスはありますが、対物事故の示談交渉
サービスは付いていないため注意が必要です。

 

ただ、保険会社によっては対物の示談交渉サービスがあると
ころもあるので、この辺は保険会社で確認しておきましょう。

 

「BAP(一般自動車保険)」
SAP、PAPがセット商品だったのに対して、このB
AP(ベーシック・オートモービル・ポリシー)は、
加入者が自分の加入したい保険を選んで加入する
ことができるバラ売りタイプの自動車保険です。

 

基本契約として、対人賠償保険には必ず加
入することが前提で、対物や搭乗者傷害な
どは個別に加入する形になっています。

 

対人賠償保険に加入することで、自動的に自
損事故保険も付帯されるようになっています。

 

BAPは全ての車種で契約できますが、示談交渉サービ
スは一切付いていないので、これまた注意が必要です。

 

SAPやPAPだと保険料が割高なので、対人・対物だけに加
入して、最低限他者に対しての賠償責任だけは果たしたい
というような場合におすすめできる保険であると言えます。

 

「ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)」
ドライバー保険は、車は持っていないけどレンタカーなど
他人の車をときどき運転するといった人向けの保険です。

 

ドライバー保険は、友人の車を借りて事故を起こ
したりレンタカーを借りて事故にあった場合など
に補償を受けることが出来るというものです。

 

ただし、家族を含めた親族の車を借りて交通事故を起こし
た場合などは、補償の対象外なので注意しておきましょう。

 

普通自動車免許を持っていれば誰でも加入することができます
し、対人・対物事故の示談交渉も保険会社が代行してくれます。

 

他人から借りた車で事故を起こした場合
は、借りた車に付いている保険よりもド
ライバー保険が優先して支払われます。

 

これは、例えば友人から借りた車の保険が先に使われたりする
と、事故を起こしていない友人の等級が下がり、翌年から支払
う保険料が増えたりして迷惑をかけることになってしまいます。

 

自分が加入しているドライバー保険から先に支払われ
れば、友人にも迷惑をかけずに済むというわけです。

 

運転していた自分が起こした事故なので、当然と言えば当然ですが...

 

>>自動車保険の等級制度のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP