年齢条件割引

車の事故は運転者の年齢が若いほど事故を起こしやすいと考えられています。

 

特に免許を取得したての18歳から20歳までの人は、運
転にも慣れていないことから事故を起こしやすく、その為
若い年齢の人は自動車保険の保険料が高くなります。

 

基本的な年齢による区分として、
全年齢補償(18歳〜20歳を含む)
21歳以上補償
26歳以上補償
30歳以上補償
35歳以上補償に分かれています。

 

年齢区分が高くなるほど保険料が安くなっていきます。

 

全年齢補償に関しては、21歳未満担保な
どで説明されている保険会社もあります。

 

「年齢条件割引の特徴」

 

年齢条件の区分が上がるにつれて割引率も上がりますが、
保険会社によって割引率が異なるので注意が必要です。

 

また、より細かく年齢条件の区分を設けているところもあり、
50歳以上の区分では保険料が安くなって上がることもあります。

年齢条件

対象

割引率

全年齢補償

全年齢

25〜28%割高

21歳以上補償

21歳以上の運転手

3〜10%割高

26歳以上補償

26歳以上の運転手

5〜40%割引

31歳以上補償

31歳以上の運転手

5〜40%割引

36歳以上補償

36歳以上の運転手

5〜40%割引

 

全年齢補償、21歳以上補償の場合は
基本の保険料よりも割高になります。

 

26歳以上補償になると保険料は割引されますが、割引
率は等級や事故有りなどによって大きな幅があります。

 

「年齢条件割引の注意点」

 

年齢条件割引が適用されるのは、本人(記名被保
険者)とその家族(配偶者や子供)となります。

 

また年齢条件は保険の契約期間中でも変更することが可能です。

 

例えば4月1日から保険の契約が始まり、6月
30日に誕生日を迎えて35歳になったとします。

 

このような場合は事前に年齢区分の変更手続
きをしておけば、7月1日からの保険料に新し
い区分の割引率が適用されるというわけです。

 

>>走行距離割引のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP