車両無過失事故特約

 

車を運転中に他人の車にぶつけられ車が壊れてし
まった場合、こちらに全くの過失がなければ相手
にその損害の100%を請求することができます。

 

ですが、相手が任意保険に入ってい
ない場合はどうなるのでしょうか。

 

自賠責保険では対人のみにしか補償が及びませんので、
加害者が任意保険に入っていない場合の物損に対する
補償は相手の資産から支払ってもらうことになります。

 

しかし相手が支払いに応じない場合は、こち
らが泣き寝入りすることになりかねません。

 

また、示談交渉や訴訟に多大な手間や
費用がかかってしまうことでしょう。

 

任意保険の加入率は約7割強ですので、
公道を走っている4分の1の車は任意保
険に加入していないという事になります。

 

したがって、任意保険に未加入の車にぶつけられた、
といった場合に役立つのが車両無過失事故特約です。

 

やむを得ずこちらが加入している車両保険を使って車を
修理することは可能ですが、車両保険を使うと3等級ダ
ウンしてしまうので保険料が高くなってしまいます。

 

そこで車両無過失事故特約が付帯されていると、相
手が100%過失の場合に限り、等級をダウンさせ
ることなく車両保険が使えるということになります。

 

「車両無過失事故特約の補償内容」

 

通常、車両保険に入っていれば車両無
過失事故特約は自動的に付帯されます。

 

補償内容は加入している車両保険と同様です。

 

ただし車両無過失事故特約が適用されるために
は、以下の条件を満たしていることが必要です。

 

契約している車以外の自動車との接触、衝突事故であること。

 

事故が発生した時に契約者(被保険者)の過失がゼロであること。

 

加害者の特定、加害者が運転している自動車の登
録番号、所有者の氏名・住所が確認できていること。

 

車両保険はこちらに過失がある場合や相手がい
ない自損事故などに使えますが、相手が保険未
加入の場合にもメリットのある保険です。

 

新車を購入した1年目などは、大切な車を守るた
めにも加入を検討してみても良いかと思います。

 

>>車内身の回り品補償特約のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP