無保険車傷害保険の特徴

無保険車傷害保険とは、事故で被害を受けた際に
加害者が十分な保険に入っておらず、賠償金を受
け取ることができなかった場合に役立つ保険です。

 

無保険車傷害保険に加入していると、以下の
ような場合に大きなメリットを受けられます。

 

相手が自賠責保険に未加入
相手が任意保険に未加入
当て逃げ、ひき逃げなど加害者が判明しない
相手の保険金が賠償金に対して低い

 

相手が自賠責保険に未加入であったり、
任意保険に加入しておらず賠償額が不
足している場合に補償してもらえます。

 

また、相手が判別できないような事故
に遭った場合でも対応してもらえます。

 

「無保険車傷害保険の補償内容」

 

無保険車傷害保険の保険金は、保険加入
者が契約している対人賠償保険の補償限
度額と同じ金額になるのが一般的です。

 

また、上限は1名につき2億円となってお
り、対人賠償保険が無制限であっても無保
険車傷害保険の限度額は2億円となります。

 

無保険車傷害保険の中にも保険加入者に限定し
て保険の対象としているものや、家族にも補償
範囲が及ぶものなど、いくつか種類があります。

 

また、歩行者や自転車の運転中の事故に
も補償してくれる種類もあるので、ニー
ズに合わせて選択するようにしましょう。

 

「無保険車傷害保険が適用されないケース」

 

無保険車傷害保険が適用されない場合として、
加害者の故意で起こした事故などがあります。

 

他にも、家族間での事故で加害者が
家族の中にいれば適用されません。

 

さらに自動車修理業、駐車場業、給油業、洗
車業、自動車販売業、陸送業などの車のメン
テナンスや販売などの、業務による運転中に
起きた事故に対しては補償されません。

 

加入の際には、一度契約内容を確認しておきましょう。

 

>>自損事故保険の特徴のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP