役に立つ自動車保険の基礎知識

日本に住んでいる多くの人が車を所有して
いますが、その中で自動車保険の基礎知識
がある人はどのくらいいるのでしょうか?

 

保険会社に勤めている人や代理店をしている
人を除けば、事故に遭ったときに困るからと
いう程度で加入している人が多いと思います。

 

自動車保険の基礎知識を知っていれば契約の時に必
要のない特約を誤って付けることもないですし、事
故の時に保険金が下りなくて困ることもないです。

 

まず自動車保険は、自動車を運転していて車や人にぶつか
りケガをさせてしまったり、車や物を傷つけてしまったり
した時に支払われるものですが、最初に支払われるのは強
制保険と呼ばれている自動車損害賠償責任保険からです。

 

これは対人賠償をカバーするもので、死亡300
0万、後遺障害4000万、傷害120万が上限
になっていて、これを超える分が任意保険と呼ば
れる自動車保険で支払われることになります。

 

この自動車保険の内容はどの保険会社も基本的なと
ころは同じで、対人賠償責任保険対物賠償責任保
人身傷害補償保険車両保険となっています。

 

この基本部分に加えて特約を付けたり、保険会社によっ
ては自動的に特約がセットで付帯されていたりします。

 

まず対人賠償責任保険は、事故の相手が死亡したりケ
ガを負ったりした時にその損害賠償額が支払われます。

 

これは自賠責を超過した分の支払いです。

 

対物賠償責任保険は事故で相手の車を壊したり、電柱やガードレ
ールや民家など、他人の物を壊したりした場合に支払われます。

 

人身傷害補償保険は、事故で契約している車に
乗っている人がケガをした場合に支払われます。

 

また、契約者やその家族が他の自動車に乗ってい
て事故を起こした場合、歩行中や自転車に乗って
いて車とぶつかった場合にも支払いとなります。

 

車両保険は、事故によって自分の車が
壊れてしまった場合に支払われます。

 

これはオールリスクゼロタイプであれば、他の自動車と
の衝突以外に盗難事故、火災・台風・いたずら・飛び石
・単独事故・当て逃げなどが支払いの対象になります。

 

この基本部分に付け加えて、自分がケガをした場合
のお見舞い金がわりに搭乗者傷害保険を付けたり、
事故で弁護士が必要になった時の費用として、弁護
士費用特約
を付けたりする人が多いです。

 

特約で注意したいのが、他の契約で加入してい
るものを誤って重複して付けてしまうことです。

 

例えば、1つの家族でお父さんとお母さんが一台ずつ車を所
有し自動車保険に加入している場合、人身傷害補償保険の契
約者や家族が他の車に乗っていて事故を起こした時、歩行中
や自転車に乗っていて車とぶつかった時の補償が重複するの
で、片方の契約の人身傷害補償保険を搭乗中のみ補償という
契約にして、補償が重複しないようにする必要性があります。

 

自動車保険は保険会社によって特約の名前が違っ
たり、数年で内容が変わったりして難しいところ
がありますが、基本的な部分は変わらないので知
っていると契約の時や事故の時に役に立ちます。

 

>>保険と共済の違いは何か?のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP