単年型と長期型の保険契約の違い

「単年契約型のメリット・デメリット」

 

毎年、保険の更新を行うのが単年型の契約です
が、単年型の保険で契約を3年間続けた場合の
メリットとデメリットについてご紹介します。

 

メリット
毎年、保険の見直しができる。

 

ゴールド免許になった場合、次回の更新から割引が適
用される保険料が値下げされると金銭的負担が減る。

 

デメリット
事故を起こした場合の負担額が大きい。

 

ブルー免許になった場合、次回から割引が適用されな
くなる保険料が値上げされると金銭的負担が増える。

 

単年型のメリットは毎年契約を更新できる事なので、
保険内容の見直しができるチャンスが訪れます。

 

例えば、記名保険者が変更した場合でもすぐに対応す
ることができます。また保険料が値下がりしたり、他
社のより良い自動車保険へ乗り換えも簡単にできます。

 

反対に単年型のデメリットは、事故を起
こした場合の負担が大きくなる事です。

 

例えば10等級の人が事故を起こした場合、次回更新
時は7等級からスタートし、8等級、9等級と順次上
がっていきますが、途中の保険料は割高になります。

 

また、新しい等級制度の事故あり等級が3年間適用される
ことになるので、約50%程度の保険料アップとなります。

 

「通年継続型(長期)のメリット・デメリット」

 

毎年契約を更新する単年型と異なり、3年間など長期
で契約を結ぶ自動車保険は通年継続型と呼ばれます。

 

通年継続型は、保険加入時に向こう3年間に
保険料を算出して保険料が決められます。

 

3年間通年継続型で契約を結んだ場合のメ
リットとデメリットについてご紹介します。

 

メリット
・保険料の総額が安い
・事故を起こした場合、途中の期間も等級が下がらない
・保険料の値上げに影響されない
・ゴールド免許割引が3年間適用される
・途中で解約しても違約金などがない

 

デメリット
ゴールド免許になっても割引が適用されるのは次回更
新時から保険料が値下げされてもお得にならない。

 

通年継続型(長期)の特徴は、保険加入時に将
来にわたって保険料が算出されるので、加入時
点での割引の有無などが継続される事です。

 

また単年契約よりも複数年契約で顧客を確保できるた
め、割引サービスを設けている保険会社もあります。

 

通年継続型で気をつけたいことは、
ゴールド免許割引の適用に関してです。

 

例えば2年後まで無事故、無違反で過ごせばゴール
ド免許をもらえることが分かっている場合、2年間
は単年型で契約をして、ゴールド免許を取得してか
ら通年継続型で契約するのがおすすめです。

 

ただし、途中で契約更改ができる自動車保険も
あるので、更改の可否を確認しておきましょう。

 

>>保険を使いたくない場合は自分で事故処理を全て行うのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP