人身傷害保険の特徴

人身傷害保険とは、保険加入者が運転中
に事故に遭い死傷した場合や、歩行中に
ケガした場合などに補償される保険です。

 

搭乗者傷害保険との違いは、歩行中や
保険をかけていない車に搭乗していた
場合の事故でも補償される点です。

 

人身傷害保険に加入すれば、以下の場合に大きなメリットがあります。

 

・自分の過失割合が多い場合...過失割合に関係なく保険金を受け取れる
・相手の過失割合が多い場合...相手が任意保険に未加入でも補償金を受け取れる
・単独事故・当て逃げ...治療費、休業損害、慰謝料等を受け取れる

 

「人身傷害保険の補償内容」

 

人身傷害保険は過失の割合に関係なく損害
額が全額補償される保険です。補償の範囲
は契約する型によって変わってきます。

 

全補償型は契約者本人とその家族にまで
補償範囲が広がり、また歩行中の死傷に
対しても補償してもらえるタイプです。

 

また、限定補償型は契約者本人にの
み補償範囲を限定したもので保険料
が安くなるメリットなどがあります。

 

同じ生計で暮らしている家族がいらっしゃる方
や日常生活で車を使用される機会の多い方など
は全補償型、生計を別にして独立して暮らして
いる方などは限定型を選ぶのがおすすめです。

 

「人身傷害保険が適用されないケース」

 

人身傷害保険は様々な事故に対応している
保険ですが、保険加入者の故意による事故
や重大な過失がある場合は適用されません。

 

無免許運転や飲酒運転などの場合も適用されないの
で、日頃から安全運転を心かけることが大切です。

 

また、加害者からすでに賠償金を支払っても
らっている場合は、全体の補償額から賠償金
を除いた保険金が支払われることになります。

 

正常に運転・歩行していた状態での、交通事故に
よる死傷を補償してくれる保険ということですね。

 

>>搭乗者傷害保険の特徴のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP