自動車保険はこうして生まれた

 

自動車保険はガソリン自動車が発明・普及されたことを契
機に、1896年にロンドンで初めて販売が始まりました。

 

世界初のガソリン自動車が発明されたのが1876年、
そして1885年には、ダイムラーとベンツがそれぞ
れ独自に開発した改良型エンジンを積んだガソリン自
動車が発売され、瞬く間に普及していきました。

 

また、当時は産業革命の影響を受けて市民
の生活が発展していき、それにより各種強
制保険も拡張されていった背景があります。

 

このような状況下で自動車保険は生まれたと言われています。

 

現在では当たり前となっている自賠責保険への強制加
入ですが、最初に加入を義務付けたのはノルウェーで、
1912年に自賠責保険加入が強制化されました。

 

その後デンマークやスウェーデン、イギリス、ドイツで自賠
責保険加入は強制化され、日本でもそういった欧米諸国の実
情を受けて1955年に「自動車損害賠償保証法」が施行さ
れ、自賠責保険への強制加入が義務付けられました。

 

その背景には、車の普及に伴い自動車事故
が急増し、被害者に対し加害者からの最低
限の補償を実現させて、被害者を救済しよ
うという動きが強まっていったためです。

 

日本で最初の自動車保険を販売したのは東京海上日動の前
身である東京海上で、1914年に自動車保険販売の営業
認可を得たのが日本での自動車保険での始まりとなります。

 

最初は火災保険と同様の考え方で、自動車
という財産を補充するために誕生しました。

 

当時は日本国内の自動車数は1000台程度しか
ありませんでしたが、車の所有者のほとんどが加
入したため保険商品として成立していたようです。

 

最初は対物補償として機能していましたが、自動車産
業の発展、また車の普及により交通事故による犠牲者
が増加し対人補償を取り入れるようになりました。

 

そして世界的な強制保険制度の導入に
伴い、日本でも自賠責保険への強制加
入が義務付けられたというわけです。

 

高度経済成長期に入ると、車が一家に1台以上が当たり
前の一般消費財として急速に普及していき、それに比例
して自動車保険の加入率も飛躍的に伸びていきました。

 

1998年の保険自由化に伴い、通販型・ネット販売型
の保険会社の参入も可能となり、グローバル化に伴う外
資系保険会社の参入も進んだため、現在では様々なタイ
プの自動車保険が販売されるようになりました。

 

>>役に立つ自動車保険の基礎知識のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP