自動車保険で解決しない場合は?

自動車保険は自分に過失があるときの強い味方です。

 

しかし相手が任意保険に加入しておらず、示談に応じな
いで補償金を支払ってくれないということもあるのです。

 

このような場合、少額訴訟を利用するという解決方法があります。

 

とはいえ、少額訴訟は一回で終わらせるものなの
で、証拠などがしっかり揃っていて勝訴の可能性
が高い場合にのみ利用したほうが良いでしょう。

 

この少額訴訟とは、平成10年1月の民事
訴訟法改正に伴い国民が利用しやすい司法
制度の実現に向けて導入されたものです。

 

その内容は、簡易裁判所における民事訴訟のうち「60
万円以下の金銭の支払い請求」を目的とする訴訟で、原
則として1回の審査で判決がなされるという制度です。

 

なお、この制度は1人が1年に利用でき
る回数に制限があり、同一の簡易裁判所
につき10回までとされています。

 

そしてこの少額訴訟制度の大きなメリットは2つあります。

 

まずは何といっても、通常の裁判を起こす
よりもかなり安価であるということです。

 

この少額訴訟制度を使えば、原則として第一回の口頭弁論
期日に即日結審し判決の言い渡しを行いますので、相手が
同意した場合に限りますが一回で解決することになります。

 

もし判決に対して不服がある場合、判決を
した裁判所への異議申し立ても可能です。

 

また通常の判決と違い、被告の資力その他の事情を
考慮し、特に必要がある場合には支払いの猶予、分
割払いまたは遅延損害金免除の判決もあります。

 

ただし支払いの猶予、分割払いの期間
は3年を超えない範囲内となります。

 

このように短期間、かつ安価で解決できる可能性
がある少額訴訟制度の利用も一つの方法ですが、
デメリットは相手から通常訴訟を提訴されて解決
に至らない可能性があったり、異議申し立てはで
きますが控訴はできない点などがあります。

 

そこで自動車保険ですが、本来多くの保険会
社の補償に弁護士費用特約はあるものです。

 

ご自身の自動車保険に弁護士費用特約を付帯している場
合は300万円までであれば弁護士費用が保険で賄えま
すので、相談程度でしたら十分可能だと思われます。

 

基本的には自動車保険会社の紹介の弁護士になると思
いますが、ご自身で手配することも実はできるのです。

 

ここで注意しなければならないのが、この弁
護士特約を使うにあたっては保険会社の承諾
も必要と約款に記載されていることです。

 

要するに、勝手には使えませんので事前
に保険会社との相談が必須となります。

 

このようにして、一向に解決しない事案については時間ばかり経
過してしまいますので、積極的に解決させたい場合(賠償しても
らう側)はこのような方法を試していく必要があるでしょう。

 

ただし、相手があることですので、それぞれ
の案件に合った解決方法を保険会社と相談し
て見つけていくことが望ましいですね。

 

>>ソルベンシー・マージン比率とはのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP