任意保険の実態と必要性

任意保険とはどのような特徴を持った保険なのでしょ
うか?また、交通事故に遭った際の補償範囲や補償金
はどのように設定されているのか見ていきましょう。

 

自動車保険は大きく分けると自賠責保険と任意保険の2
種類があります。車やバイクを運転するために、運転手
は必ず加入しなければいけないのが自賠責保険です。

 

運転手の意思の任意で加入するかどうかを決
定できるのが任意保険で、一般的に任意保険
のことを自動車保険と呼ぶことも多いです。

 

それではなぜ、自賠責保険とは別
に任意保険があるのでしょうか。

 

自賠責保険だけでは交通事故の被害者に対する補償範囲
や補償額が不足しており、それを補う役割として任意保
険があります。自賠責保険では死亡事故で3000万円、
後遺障害で最大4000万円の補償限度額がありますが、
実際の慰謝料は億を超えることは少なくありません。

 

また任意保険は被害者の死亡やケガ、対物に対す
る補償など、様々な補償にも対応しているのです。

 

「任意保険の補償内容」

 

任意保険は対人のみを補償している自賠責保険とは違
い、様々な内容に対して補償を行う自動車保険です。

 

対人はもちろん、物を壊した際に補償してくれ
る対物や車に対する車両保険などもあります。

 

自動車保険の中身は自分自身で加入を選べるものと、保
険会社が必ず加入しなければいけないものに分かれます。

 

所有している車の現状や運転のライフスタイル
に合わせて、加入する保険を選択しましょう。

補償対象

保険名称

補償内容

第三者

対人賠償保険

 

対物賠償保険

他人を死傷させた場合の損害賠償

 

他人の所有物に損害を与えた場合の損害賠償

運転手

搭乗者

自損事故保険

 

無保険車傷害保険

 

搭乗者傷害補償保険

 

人身傷害補償保険

自損事故により搭乗者が死傷した場合の補償

 

保険に加入していない車との事故で搭乗者が死傷した場合の補償

 

搭乗中の事故によって搭乗者が死傷した場合の補償

 

搭乗中の事故によって登場者が死傷した場合の補償

自己所有車

車両保険

事故による車の損傷や盗難された場合の補償

 

「任意保険の加入率」

 

自動車保険の任意保険は、加入する義務が課せられてはいません。

 

ですので任意保険には加入しなくても良いわけなんですが、
実際はどれくらいの方が加入されているのでしょうか?

 

また対人・対物以外にも、搭乗者傷害保
険や車両保険などのオプション加入率の
現状はどのようになっているのでしょう。

 

「自動車保険の種類別加入率」

補償対象

加入率

未加入率

対人保険

73.1%

26.9%

対物保険

73.1%

26.9%

搭乗者傷害保険

54.8%

45.2%

車両保険

57.7%

42.3%

※日本損害保険協会「自動車保険加入率」より

 

データの数字からも分かるように、運転者の全体
の約1/4の人が任意保険には加入していません。

 

未加入者が運転する車に身体を当てられたり所有物
を破壊されたりしても、保険による損害賠償は自賠
責保険の範囲内のみで支払われることになります。

 

もちろん範囲を超えた補償分は相手が自腹で払うこ
とになりますが、死亡事故や傷害事故を起こした場
合は損害金が億を超えることはよくあることです。

 

そのようなケースに備えていない人が1/4近
くいるということは、普通に公道を運転して
いたり歩いていてもすごく怖いことですよね。

 

>>対人賠償保険の特徴のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP