ゴールド免許割引

免許証の色は、グリーン・ブルー・ゴールドの3種類です。

 

免許を取得したばかりの人はグリーンで、一回も
更新したことがない人はこの色になっています。

 

したがって、免許を取得して3年間は誰も
がこの色の免許証ということになります。

 

免許を取得してはじめて更新手続きをすると、そ
れまでグリーンだった部分がブルーに変わります。

 

そして無事故無違反でいることができれば次はゴールド免許になる
こともできますが、ちょっとした違反をするだけでゴールド免許に
はなれず、そういう場合はブルーのままという事になるのです。

 

さてゴールド免許ですが、無事故無違反であればいずれは
もらうことができるものなのですが、実は運転をしている
と結構違反で捕まってしまうこともあり、実際はなかなか
簡単にもらうことができない場合があるものです。

 

そこでその免許証の人は、契約するときにその色の場合、
自動車保険の保険料が数千円安くなるというものです。

 

保険会社によっては、契約期間の途中に免許証の色が変わった場
合それを会社の方に伝えると少しお金を払い戻してくれるところ
もあるので、自分の加入しているところがどのような感じで設定
しているかをしっかりと調べておいたほうが良いですね。

 

保険会社の中には、契約更新の時にしか色が変わった
ことによる契約更新を受け付けない場合もあります。

 

またゴールド免許割引きですが、場合によってはその設定
そのものが無い保険もあるので注意していただきたいです。

 

したがって、もしできるだけ自動車保険をお得に加入
したいと思っているなら、まずはこの割引きサービス
があるかどうかを調べてみるのも必要だと思います。

 

ちなみにゴールド免許割引きは、その自動車保険に加入す
る人の免許証の色がゴールドであれば使うことができます。

 

 

ですので、その車に乗る人の免許証の色がブルーやグリーンの
場合、ゴールド免許割引きを使うことができないのではないか
と心配する人がいるかもしれませんが、その心配は無用です。

 

例えば夫(ゴールド)の名義で保険に関して加入する場合、
妻や子供の免許証の色が何色であってもゴールド免許割引
きを使って保険料を安くすることができるんです。

 

その割引率は、大体7%程度から10%程度と考えておくと良いでしょう。

 

ちなみに、免許証の更新時期と自動車保険の更新時
期は決して同時期とは限りません。場合によっては
保険の契約後に免許の更新をして、ゴールドからブ
ルーに変わってしまうこともあるでしょう。

 

そんな時は「ブルーになりました!」と、急い
で保険会社の方へ連絡をする必要はありません。

 

契約手続きをする時点の免許証の色で割引きを使うこと
ができるかどうか決まるものですから、契約期間中に色
が変わったとしてもそれを気にする必要はないのです。

 

ただ、ブルーに変わったのにゴールドの
まま割引きを利用することはできません。

 

次の保険更新のとき、保険会社の方では免許証の色をチェッ
クするものですが、もしチェック忘れがあったときはきちん
と自己申告して色が変わったことを伝えるようにしましょう。

 

>>インターネット割引のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP