ドライブレコーダーと自動車保険

最近では自家用車にもドライブレコーダーが普及してきています。

 

世間の注目を集めるような重大な事故が起こるたび
に、ドラレコが品薄になるという話も耳にします。

 

このように注目を集めることが多いドライブレコーダーですが、
自動車保険との関係ではどんなメリットがあるのでしょうか。

 

ドラレコ搭載のメリットと言えば、事故
の決定的瞬間を記録することにあります。

 

例えば出合頭の事故で、本当は相手のほうが
急に飛び出してきたのに、相手が嘘をついて
逆のことを言ってくることも考えられます。

 

これを、自動車の傷の場所等の情報を拾って証明
するのは一苦労ですが、もしドラレコを搭載して
いたら瞬時に相手のウソを見破ることができます。

 

また、トラブルの相手は事故の相手方だけとは限りません。

 

保険会社からすると保険金の支払いは出費に当たりますから、
なるべく保険金の出費は抑えたいという心理が働きます。

 

そのため、明確な証拠がない場合は保険金の
支払いに消極的になることが多くあります。

 

ドラレコの記録映像があれば、そのような保険会社に対して証
拠を突き付けて保険金をきっちり支払わせることができます。

 

ところでこのドライブレコーダーですが、現在では
ドライブレコーダーを搭載しているというだけで保
険料の割引を受けられるサービスは存在しません。

 

自動車保険の保険料は事故の発生数と保険金の支払金額によって決まります。

 

保険金は保険会社が支払うものですから、支出する保険金の額が
減れば保険料を割り引いても保険会社は得をすることになります。

 

このことから、支出する保険金が減らないな
ら割り引く理由もないということになります。

 

ドラレコはどちらかというと、保険会社にとっ
ては保険金の支出を増やしてしまうものです。

 

そう考えると、ドラレコ搭載は保険料の割引
の理由にならないことがわかると思います。

 

では、今後もドラレコ割引が導入されることは
ないのかというと、そうとも限らないようです。

 

ドラレコ搭載により事故が減少するという傾向が認められれば、
ドラレコ割引が導入されることも期待できるかもしれません。

 

このように、ドラレコは保険会社にとってある意味不利とも言える
存在ですが、これを逆手に取ったともいえるサービスも存在します。

 

それはドラレコ貸し出しサービスなるものです。
保険会社によってサービス内容や料金は様々です。

 

ただし、このサービスは現在のところ法人フリー
ト契約限定で、個人所有の車には適用できません。

 

今後、個人用ノンフリート契約車両にも導入が進むことが期待されます。

 

>>自動運転と自動車保険の行方のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP