ファミリーバイク特約

 

ファミリーバイク特約とは、125cc以下のバイクまたは50cc
以下の原付を運転している際に事故に遭った場合、発生した自分
自身へのケガなどに対する補償を行ってくれる保険です。

 

保険対象となるのは本人だけに限らず、同居している家族
にも及びますので、同居している家族が原付やバイクを乗
る場合はファミリーバイクを付けるのがおすすめです。

 

また自動車保険とは異なり、保険の対象となるバイクは特
定しないので、例えば友達のバイクを運転中に事故に遭っ
た場合でもファミリーバイク特約の補償対象となります。

 

「ファミリーバイク特約の補償内容」

 

ファミリーバイク特約の補償内容は、加入し
ている自動車保険の対人・対物補償、人身傷
害保険と同じ補償内容となっています。

 

例えば対人・対物が無制限、人身傷害補償が5000万円
であるならば、ファミリーバイクも同じ内容になります。

 

保険料は保険会社によって多少異なりますが、人身
補償が付いているもので17000円程度、人身補
償がないもので7000円程度となっています。

 

運転手の年齢が若く、等級が低い運転手がバイク
保険に単体に加入するよりも保険料は安くなるの
で、同居している高校生のお子さんが原付を乗る
場合などはファミリーバイク特約はお得です。

 

「ファミリーバイク特約の2種類」

 

ファミリーバイク特約には人身傷害型と
自損事故型の2種類のタイプがあり、補
償内容が違ってくるので注意が必要です。

 

人身傷害型は、こちらの過失の割合に関係なく損害額
を補償してくれる保険ですが、主たる自動車保険にお
いても人身傷害保険に加入しておく必要があります。

 

自損事故型は、相手がいない事故や相手の過失がなく
対人賠償、自賠責で補償を受けられない事故に遭い、
ケガを負った場合などに補償が受けられる保険です。

 

自損事故型の補償内容は定額となっており、
死亡事故で1500万円
後遺障害の場合は最大1800万円まで
入院の場合は1日6000円
通院補償は1日4000円となっています。

特約の種類

人身傷害型

自損事故型

対人補償

対物補償

人身傷害

×

自損事故

人身傷害で補償

 

「ファミリーバイク特約の注意点」

 

ファミリーバイク特約には等級制度が適
用されないので、高い等級の人が特約を
付けても割引のメリットはありません。

 

しかし低い等級の人でも保険料が変わらない
というメリットもあり、さらに特約による保
険を使っても等級が下がることはありません。

 

またファミリーバイク特約を付随し、原付やバイク
の運転中に事故に遭った場合、他の特約やサービス
を受けられるかは保険会社によって異なります。

 

例えば弁護士特約が適用できたり、ロードサービ
スを利用できるかを事前に確認しておきましょう。

 

>>個人賠償責任特約のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP