60・70代の保険料安くする

2、30年前のイメージだと60歳といえば高齢
者でしたが、近年では平均寿命も健康寿命も延び
ているので60代はまだまだ若手とも言えます。

 

実際、自動車保険においても60代の保険料はまだ安いで
すが、70代になると保険料は高くなる傾向にあります。

年齢

車両保険なし

車両保険あり

(一般型)

32歳

27850円

53940円

42歳

28390円

56680円

52歳

29280円

59420円

62歳

29640円

59860円

72歳

34880円

72550円

 

このように、60代は50代の時の保険料とあまり変わりありません。

 

保険料を見る限りでは、60代は依然として現役世
代と判断されていることが見て取れると思います。

 

30代の保険料と比較しても数千円程度しか変わ
らないですから、等級さえ気をつけていればそれ
ほど保険料が跳ね上がることはないでしょう。

 

一方で、70代になると少し保険料が上がってしまいます。

 

30代と比べると金額の差はそれなりにありますが、
とはいえ10代や20代と比べると安価だと思います。

 

「60代・70代の交通事故発生率」

年齢/年度

H23

H24

H25

H26

30〜39歳

746

725

684

622

40〜49歳

692

663

630

579

50〜59歳

683

643

600

540

60〜64歳

708

677

636

569

65〜69歳

721

647

610

546

70〜74歳

750

711

650

605

75歳以上

912

854

818

759

 

こちらの表は免許保有者10万人あたりの交通
事故件数ですが、75歳以上になると急激に事
故発生件数が多くなっていることがわかります。

 

この要因は、動体視力等の衰えから事故を起こす場
合には、現役世代と比べて回避行動が遅れるので大
事故に繋がりやすいということが読み取れます。

 

ですから70代以上になると保険料が上がってしまうのでしょう。

 

また70代以上になると、免許証は持っていても自分では運転
しないという人も増えてきますので、70代の実質的な交通事
故発生率はもう少し高いことも保険料が上がる要因なのです。

 

もちろんこの年齢になると健康上の問題もか
なり表面化してくるので、運転中に何らかの
持病が発生する可能性も否定できません。

 

そう考えると、70代になっても自分で車を運転す
るのはかなりリスクの高いことだと考えられます。

 

したがって、少しでも運転に不安を感じたこと
があるのでしたら、免許返納を考えてみてると
いう選択肢も考えなければならないでしょう。

 

免許返納をすることで、自治体によっては特典を貰うことができます。

 

例えば定期預金の金利が優遇されたり、ホテルのレスト
ランで使える10%割引のクーポン券が貰えたりします。

 

とは言っても健康上に問題もないし、肉体的にも
若い人には負けないという人もいると思います。

 

そのような人は自動車保険の長期先払い契約を済ませておくと良いでしょう。

 

長期契約をすれば契約期間中は事故を起こした
としても等級は下がることはありませんし、保
険料を前払いすればその分割引を受けられます。

 

70代になると交通事故を起こす確率が高くなるのは統計データ的
にも明らかですので、事前に事故を起こしても保険料が変わらない
ように手を打っておくということが重要になってくると思います。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

「60代の自動車保険相場〜シミュレーション」

保険会社

三井ダイレクト

免許の色

ゴールド

使用用途

日常・レジャー

走行距離

5000〜10000km

運転者範囲

家族限定

年齢条件

35歳以上補償

対人・対物

無制限

人身傷害保険

3000万円

搭乗者傷害保険

1000万円

車両保険

一般型 免責金額:5-10万円

車両保険なし

車両保険あり

車種/等級

17等級

20等級

17等級

20等級

ライフ

32150円

27440円

42330円

34510円

フィット

34880円

29240円

46780円

42220円

プリウス

37770円

32250円

50760円

44320円

ノア

40680円

34710円

53840円

46750円

クラウン

46320円

39830円

77490円

63730円

BMW3シリーズ

39560円

35510円

69420円

59930円

 

今度は60歳は高齢者のうちにも入らなくて、元気いっぱい
で運転だって若い人には劣らないという方がほとんどです。

 

運転免許証更新のための高齢者講習も70歳からで
すし、講習前の予備検査があるのは75歳以上です。

 

60歳、まだまだと言いたいところですが、実は自
動車保険上ではそろそろ陰りが見えてくるのです。

 

「年齢のシニア区分?」

 

保険上の年齢区分では明らかに保険料がアップするのは70
歳以上というのが通常ですが、保険会社によっては60歳以
上からシニア区分としてアップし始めたりします。

 

年齢条件を50代はほとんど影響を受けないので、
まだまだ先だと思っていたシニア区分を60歳代
になってびっくりということもあるでしょう。

 

もっとも年間で2〜6000円程度のアップなの
で、ゴールド免許で最高等級であればアップの幅
を多少カバーしていけるのではないでしょうか。

 

60歳以上での事故件数が近年上がってきていると言われてい
ますが、長年ハンドルを握ってきた方も、ゴールド免許保持の
ためにも再び安全運転を心がけていただきたいところです。

 

「リスク細分化で保険料を見直す」

 

自動車保険をずっと同じ会社に依頼し
ている方もいらっしゃると思います。

 

担当者も馴染みであれば、更新時も安
心して任せていらっしゃったでしょう。

 

しかし、これから年金暮らしを始められる方も多くなる60歳代
では、老後の事を考えると少しでも保険料は抑えたいところです。

 

リスク細分化で60〜70歳というシニア向けプラ
ンを打ち出して新規顧客を狙う保険会社もあるの
で、いくつかの保険会社の見積もりを取りながら見
直していくというのも手段の一つです。

 

年齢条件で35歳以上補償とあっても、実際は「記名
被保険者年齢別料率区分」として区分されています。

 

「現在の保険は35歳以上補償となっているから大丈
夫」ということにはならないので、注意が必要ですね。

 

またバランス良く補償されていた内容か
ら、年齢だけでなく走行距離などのリス
ク細分化も注目しても良いでしょう。

 

走行距離などのリスク細分化は近年打ち出されたもの
で、60歳以上の方には馴染みがないかもしれません。

 

しかし、自分や家族の現在のニーズを考えなが
ら見積もりを取ってみるのも参考になります。

 

「子供が中心になって車に乗る場合」

 

子供が若いうちは親の車に子供が時々
乗るという条件が多かったりします。

 

子供が車を購入維持するには経済的にきつかったりするからですね。

 

しかし子供が35歳以上になり中心となって車を購入し
運転していく頃、親は会社を退職などして通勤などに使
わなくなっていたというケースが多くなっていきます。

 

その際は、子供が被保険者で35歳未満
は補償しない、家族限定などの条件にす
れば保険料は安くなっていくでしょう。

 

親が最高等級20等級であった場合には、
子供が同居していれば等級の引継ぎもで
きて子供にとってもお得な保険になります。

 

子供が1人暮らしをいずれするだろうという場合には、同居し
ているうちに被保険者名義を子供にしておくことで解決します。

 

「子供が独立した場合の自動車保険」

 

60代は仕事を退職する方が多いと思われるの
で、ライフスタイルが大きく変化する時期です。

 

家族構成も、子供の独立により変化することが多いでしょう。

 

60代のこの時期は、どのような自動車保険に加入すれば良いのでしょうか。

 

60代を迎えると車に乗る機会が
減る方が多いと言われています。

 

しかし事故を起こす確率は50代を大き
く上回っているので、リスクを想定して
補償は充実させたほうが良いでしょう。

 

対人賠償と対物賠償は、他の世代と同様に無制限を推奨します。

 

また、搭乗者傷害保険人身傷害保険に関しては、
車を利用する人の状況を整理して選びましょう。

 

保険料を節約したい方は、
車両保険を検討すると良いです。

 

車に乗る機会が減少している方で、必要性をあまり感
じない人であれば利用しない選択もありますが、車両
保険が必要で保険料を抑えたい人は、補償の範囲を限
定したエコノミー型車両保険を選ぶと良いでしょう。

 

「運転者限定特約は車の利用状況で範囲を決める」

 

この世代で重要なのが、独立した子供の補償です。

 

実家に帰って車に乗ることがないので
あれば、運転者限定特約を本人か夫婦
に限定すれば保険料は安くなります。

 

ただし、帰省した子供が運転をする可能性がある場合は注意が必要です。

 

運転者を本人や配偶者のみに限定すると、帰省し
た子供が事故を起こしても補償は受けられません。

 

運転者の範囲を家族にしておくと、帰省した
子供も補償を受けられる可能性があります。

 

というのも、別居の子であっても過去に婚姻歴が
なければ自動車保険の家族に含まれるからです。

 

この場合、別居の子供は年齢条件に加えら
れないので、帰省時に運転するからといっ
て年齢条件を引き下げる必要はありません。

 

詳しい条件は加入する自動車保険により
異なりますが、以上を基本に、独立した
子供の補償を考えると良いと思います。

 

60代を迎えると、様々な面で変
化を感じることが多くなります。

 

事故時により手厚いサポートが必要と感
じる人は、弁護士費用特約などを付帯し
ておくと便利かもしれませんね。

 

健康寿命が延伸していることや核家族化が進行した
ことにより、70代の運転者が少なくありません。

 

70代の方は、どのような点に気をつけて
自動車保険に加入すれば良いのでしょうか。

 

「高齢者の自動車事故が増加している」

 

年齢を重ねれば保険料が安くなるイメ
ージが強い自動車保険ですが、70代
になると保険料が高くなります。

 

70代になると保険料が上がる理由として、他の
年代の運転者による死亡事故件数は減少している
にも関わらず、この年代の運転者による死亡事故
件数が横ばいから微増しているからです。

 

つまり、70代の運転者は他の年代に比
べリスクが高いと評価されているので、
保険料が高くなるというわけです。

 

「賢く自動車保険に加入するには?」

 

年金で生活を送る方にとって、保険料は馬鹿にならない出費だと思います。

 

賢く自動車保険に加入したい方は、相対的
に保険料が安いと言われるダイレクト型自
動車保険に加入すると良いでしょう。

 

ダイレクト型自動車保険は代理店を通さず、
保険会社と直接契約を結ぶ自動車保険です。

 

代理店に支払う手数料などが必要ないので、
保険料が割安になると言われています。

 

さらに保険料を節約したい方は、運転者条件の見直
しに加え車両保険をやめると良いかもしれません。

 

車両保険は車の時価に応じて補償額が決まるので、新車で
ない場合は希望する補償額を受け取れないことがあります。

 

保険料と補償額のバランスを検討して、必要性を考えると良いでしょう。

 

また、生活環境に問題がないのであれば、
事故後は運転をやめる選択肢もあります。

 

このように割り切れるのであれば、車両保険は必要ないと思います。

 

とにかく保険料の出費を抑えたい方は、これ
らの方法をお試しになると良いかと思います。

 

70代の運転者は、それ以下の年代の運転者に比べ、
様々な反応がわずかに遅れることが分かっています。

 

経験豊富な方が多いはずですが、万が一の事故に
備え必ず自動車保険に加入するようにしましょう。

 

「70代の自動車保険相場〜シミュレーション」

保険会社

三井ダイレクト

免許の色

ゴールド

使用用途

日常・レジャー

走行距離

5000〜10000km

運転者範囲

家族限定

年齢条件

35歳以上補償

対人・対物

無制限

人身傷害保険

3000万円

搭乗者傷害保険

1000万円

車両保険

一般型 免責金額:5-10万円

車両保険なし

車両保険あり

車種/等級

17等級

20等級

17等級

20等級

ワゴンR

42670円

34980円

51410円

46220円

フィット

41230円

36950円

53320円

43710円

プリウス

48120円

43570円

59760円

50430円

ステップワゴン

47920円

39660円

60990円

52570円

ベンツEクラス

42880円

39650円

80450円

71840円

プジョー

50330円

45780円

94590円

88260円

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

>>イーデザイン損保口コミ・評判のページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP