30代の保険料安くする

自動車保険の基本保険料は、人生を通じ
て30代が一番安くなることが多いです。

 

一番の大きな理由は、年齢条件に関して30歳以上
補償を選択することができるようになるからです。

 

多くの保険会社では全年齢・21歳以上・26歳以上・
30歳以上で区分を行い保険料の割引きを行っています
が、中でも30歳以上補償の割引率が最も大きいです。

 

10代の頃と比べれば基本保険料が
それだけで約6割程度安くなります。

 

実際に警察のプレス発表を見ると、平成26年度中の
交通事故の発生状況は、免許保有者10万人中の事故
件数割合は30代を境に大幅に激減しています。

 

したがって、30代は保険料が安くなる傾向にあるわけです。

 

さて、30代ともなると子供ができて守るべき家
族が増えることで事故を起こしてはならないとい
う意識が働き、20代の頃より安全運転への心が
けがより一層増すのではないでしょうか。

 

また精神面のみならず、肉体的にもまだまだ
衰える段階ではありませんので運転中の不慮
の事態にも冷静に対処できることから、全体
的に事故率も低く保険料も安くなります。

 

上記のようなことが考慮されて、同じ30歳以
上補償を選んだとしても40代・50代よりも
30代の基本保険料を一番安くしている保険会
社が多いのも頷ける話だと思います。

 

全体的な交通事故確立だけを見ると、30代
の方が40代・50代よりも事故を起こす確
率は高いのですが、30代は死亡事故を起こ
す確率が全年代の中で最も低いです。

 

これこそが基本保険料に反映されるため、
30代の自動車保険料が一番安いのでしょう。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

「30代の自動車保険相場〜シミュレーション」

保険会社

ソニー損保

免許の色

ブルー

使用用途

日常・レジャー

走行距離

5000〜10000km

運転者範囲

家族限定

年齢条件

30歳以上補償

対人・対物

無制限

人身傷害保険

無制限

搭乗者傷害保険

1000万円

車両保険

一般型 免責金額:5-10万円

車両保険なし

車両保険あり

車種/等級

13等級

17等級

13等級

17等級

ワゴンR

31000円

28240円

47100円

42660円

フィット

29280円

27150円

44290円

40340円

タント

32030円

28540円

47720円

43740円

エクストレイル

28840円

27090円

49530円

45290円

プリウス

30520円

28640円

54300円

50310円

ステップワゴン

29450円

27450円

55820円

51170円

 

等級に関しては30代で20等級まで進ん
でいる人は稀ですので、13等級・17等
級での見積もり例になっております。

 

30代ですと子供が免許を取得している可能性は
低いので、年齢条件も運転者の範囲も限定するこ
とで保険料の大幅な節約ができると思います。

 

また保険会社によっては、年齢条件が35歳以上補
償という年齢区分を設けているところもあります。

 

これは当然、35歳以上補償を選べる保
険会社の保険料は35歳以上補償が一番
安くなるように設定されています。

 

したがって、35歳〜39歳の人で年齢条件の上限
が30歳以上補償の保険会社に加入している人は、
35歳以上補償を設けている保険会社に乗り換えれ
ば保険料が安くなる可能性があるでしょう。

 

「30代の自動車保険を安くするコツ」

 

30代ともなると結婚をして子どもが生まれている人も多いでしょう。

 

子どもがいると養育費も掛かりますし、将来の
学資金として貯金をしていく必要もあります。

 

また、この年代でマイホームを購入する人もいるはずです。

 

30代は20代の時にはなかったような出費が色々と出
てきて、金銭的に厳しくなる時期ではないかと思います。

 

ですので、任意保険の保険料はできるだけ
抑えたいと誰しもが考えることでしょう。

 

ただ30代の自動車保険料は全年代の中で一番安く
なることが多いので、保険料を安くするにはとにか
く事故を起こさず等級を上げていくのが理想的です。

 

それが40代にも繋がるわけですから。

 

後は、子どもができると今まで乗っていた車が手狭になるので
車を買い換える時があると推測されますが、この時に新しく購
入する車の車両料率クラスを意識するようにしてください。

 

車両料率クラスが「1」違うだけで、基本保
険料は1.2倍〜1.3倍程度変わってきます。

 

車の安全性に気を遣いつつも、料率クラスの
高い車を選ぶことで保険料の節約が可能です。

 

なお、子どもができたからには必ず人身傷害保
険の補償限度額を無制限にしておきましょう。

 

こうすることで、子どもがケガをするリスクに最大限対応できるようになります。

 

30代では30歳以上と35歳以上の年齢条件の他
に、各年齢ごとに保険料が細分化されて変わります。

 

また30代では、結婚や出産などにより家族の状況
などが自動車保険にも反映されていくケースが多く、
車両の買い替えや人身傷害や自転車保険特約の追加
など保険の見直しの機会も多くなります。

 

参考までに、11等級(47%OFF・無事故5年目)で
の各保険会社の1年間の保険料は下記のようになります。

 

プリウスやセレナの場合、従来の代理店型
で10万円台前半、通販系・共済系で6〜
8万円が自動車保険の相場の目安です。

 

初めて保険を契約する場合には6等級(19%OFF)
となるので、下表の約1.5倍の保険料となります。

33歳の年間保険料

プリウス

セレナ

タント

損保ジャパン日本興亜

132610円

118800円

86370円

AIU保険

106520円

94870円

68730円

SBI損保

74240円

66510円

46590円

アクサダイレクト

76830円

67760円

52080円

全労済

80620円

75100円

52080円

JA共済

79220円

72790円

44810円

年齢条件:30歳以上
車両保険:あり
対人・対物:無制限
人身傷害:5000万円
搭乗者:1000万円
運転者:本人・配偶者
11等級、その他条件あり

35歳の年間保険料

プリウス

セレナ

タント

損保ジャパン日本興亜

125880円

112760円

82790円

AIU保険

105280円

93630円

67790円

SBI損保

70120円

61110円

42970円

アクサダイレクト

76720円

67640円

52060円

全労済

76600円

71360円

43700円

JA共済

77230円

67640円

42880円

年齢条件:35歳以上
車両保険:あり
対人・対物:無制限
人身傷害:5000万円
搭乗者:1000万円
運転者:本人・配偶者
11等級、その他条件あり

 

「それほど安くならない、30歳以上・35歳以上の年齢制限」

 

30代では、30歳以上と35歳以上の2段階の年齢条件
がありますが、期待するほど安くなるわけではありません。

 

むしろ、等級が下がるような事故等が起こっ
てしまうと保険料が高くなってしまいます。

 

もちろん、安全運転で保険を利用するような事
故がなければ等級は10等級を越えてきて、少
しずつ順調に割引率がアップしてくる頃です。

 

車両保険なし、対人・対物無制限、人身傷害無制
限という場合、30歳以上34歳以下だと4万5
千円前後、35歳以上49歳未満なら4万円前後
という感じが保険料の相場となるでしょう。

 

「30代の自動車保険の契約内容は?」

 

この年代では運転技術が向上し安定してく
る一方で、世帯を持つ人が多くなり、小学
生くらいの子供がいることが多くなります。

 

自分だけでなく、家族のことも考えた
自動車保険を選ぶのが良いでしょう。

 

人身傷害保険は、家族が保険対象の車に乗ってい
ない時に交通事故にあった場合にも補償されます。

 

また、家族以外の人を乗せることを考え搭乗
者傷害保険を充実させるのも良いでしょう。

 

また配偶者や子供が自転車に乗るようになった
ら、自転車事故に対して補償される自転車保険
を特約として割安で付けることができます。

 

「セカンドカーとして軽自動車を利用する人の場合」

 

家庭に自動車が2台あると利便性が大きくアップします。

 

それと比例するように自動車の維持費も
アップするので、自動車保険は安く済ま
せたいと考える方もいるでしょう。

 

とはいえ、補償を削ることはできません。

 

日常的に利用する車だけに、事故
に遭遇する可能性も高くなります。

 

自動車保険に加入する際は万が一に備えて、対人賠
償と対物賠償だけは無制限に設定しておきましょう。

 

また子供や友達を乗せる方は、人身傷害保険
や搭乗者傷害保険の補償も厚くしましょう。

 

そして車両保険は難しいところですが、
新車の場合は利用したほうが良いと思います。

 

車両保険の補償は今の自動車の価値に応じて行われ
ますので、新車であれば利用する価値が高いです。

 

しかし、かなり年式が古い車の場合は、損害が生じ
ても思ったほど補償が受けられないこともあります。

 

事故時の対応と今の車の状態を考えて、利用するようにすると良いでしょう。

 

「セカンドカー割引や新車割引など、様々な割引を活用する」

 

以上の保険を利用すれば安心ですが、補償が
充実する分保険料が高くなってしまいます。

 

ですので、保険料を節約するために利用
できる割引をすべて利用しましょう。

 

最初におすすめしたい割引が、セカンドカー割引です。

 

すべての自動車保険で利用できるわけではありません
が、1台目の契約がノンフリート等級11等級以上で
あれば、2台目が割引を受けられる可能性があります。

 

また新車を購入したのであれば、
新車割引を受けられる自動車保険もあります。

 

さらにゴールド免許の人であればゴールド免許割引が受けられます。

 

これらの割引に加え、運転者制限や年齢
条件を設定することで、自動車保険料を
割り引くことができるようになります。

 

ある程度、割引を利用できる条件が揃う時期な
ので、これらをフル活用するようにしましょう。

 

どの程度の割引が適用されるかは、
契約する自動車保険により異なります。

 

一つずつチェックすると大変ですから、
一括見積もりサービスを利用すると良いです。

 

手間をかけずにお得な自動車保険を探してみてはいかがでしょうか。

 

「通勤に車を利用する人の場合」

 

30代になると仕事にも慣れてくるので、マイ
カー通勤をする方が多くなるかもしれませんね。

 

遠方の人であれば長距離を走行することもあるでしょう。

 

マイカー通勤をする人は、どのような点に注意を
して自動車保険に加入をすれば良いのでしょうか。

 

マイカー通勤はとても便利ですが、運転の機会
が多くなるので事故のリスクは高くなります。

 

保険料も割高になりますが、事故の時に
困らないようにするためにも補償内容は
手厚いものにしておくようにしましょう。

 

最も重要な対人賠償・対物賠償は、無制限が基本です。

 

搭乗者傷害保険や人身傷害保険は、車の
利用方法と合わせて検討してください。

 

また車の使用目的ですが、通勤のみにしか使わないの
か、家族などと利用するかにより重要性が変わります。

 

利用状況を想定して、手厚い補償を用意しましょう。

 

加えて、自動車が通勤手段になるの
で代車に関する特約もおすすめです。

 

事故のリスクが高くなるので必要な出費と言えます。

 

「運転者対象年齢を30歳以上にするなどで、保険料の割引を受ける」

 

保険料を節約したい方は、割引が受け
られる特約などを利用すると良いです。

 

定番の対策では、運転者の範囲と年齢条件の設定です。

 

30代の人であれば、ほとんどのケースで運転をする子供はい
ないはずですから、運転する人の年齢を30歳以上、範囲を夫
婦などに設定できれば保険料の割引を受けることができます。

 

また、ゴールド免許や新車も割引の対象になります。

 

これらの割引率などは保険会社により異なるので、比較が重要でしょう。

 

「あまり自動車に乗らない人の場合」

 

30代になると仕事が忙しくなるので、
車にほとんど乗らない方も少なくありません。

 

週に数回のお買い物と、月1回程度のレ
ジャーにしか利用しない人はどのような
自動車保険を選べば良いのでしょうか。

 

30代で既婚の方は、子育てや住宅ローン、
将来の貯蓄などにお金が掛かるはずです。

 

あまり車を利用しない人であれば、
保険料にお金を使いたくないはずでしょう。

 

自動車保険はリスクに応じた保険料負担
が基本ですから、あまり車に乗らない人
は保険料が安くなる可能性があります。

 

ただし、どこの自動車保険でも安
くなるというわけではありません。

 

ご自身の条件を、「リスクが低い」と評価してく
れる自動車保険を見つけなければならないのです。

 

そこでおすすめしたいのが、リスク細分型の自動車保険です。

 

従来の自動車保険よりもリスクを細かく評価
してくれるので、あまり車に乗らない人であ
れば保険料が安くなる可能性があります。

 

インターネットで契約できるダイレクト型自動
車保険の中からリスク細分型の自動車保険を選
べばインターネット割引などが受けられるので、
さらに保険料を圧縮することができます。

 

「事故リスク管理も大事。自動車保険の補償内容もしっかり検討」

 

さて肝心の契約内容ですが、あまり車に乗らなくても
リスクの管理はしっかりと行わなければなりません。

 

最も重要な対人補償と対物補償は無制限が基本です。

 

また、車を利用する人は車両保険が必要かもしれませ
んが、車両保険の保険料が気になる方は、補償の範囲
を限定したエコノミー型を利用すれば良いと思います。

 

合わせて、運転者を限定する夫婦特約や運転者
の年齢を制限する年齢条件特約などを利用すれ
ば、保険料を安くすることができるでしょう。

 

以上のポイントを抑えれば、お得な自動車保険を選べるはずです。

 

ダイレクト型自動車保険選びには一括見
積もりサービスがとても便利ですから、
数社で比較してみるのがおすすめです。

 

「ペットを飼っている活動的な夫婦の場合」

 

昨今のライフスタイル多様化と晩婚化
社会の進行に伴い、30代の家族構成
もバリエーションが増加しています。

 

夫婦2人、ペットとともに活動的に暮らす
という家庭も随分とお目見えしています。

 

そんな30代家庭におすすめの自動車保険
とはどういったものがあるのでしょうか。

 

車で通勤をされている方は、その他の交通手
段で通勤されている人と比較して、当然のこ
とながら日々の事故リスクが高くなります。

 

仕事の質・量ともに20代の頃に比較して、1ランクも
2ランクも上のステージへ進んでいる方も多く、公私と
もに多忙な毎日を過ごされていることと思われます。

 

日々の通勤で多忙な毎日の疲れがうっかり出て
しまい...なんて緊急事態に備えて、対人賠償保
険と対物賠償保険は無制限が必須の事項です。

 

週末は夫婦そろって車で外出というアクティブ
なライフスタイルであれば、自分だけでなく同
乗者に対する補償も万全を期するべきです。

 

基本補償以外に、人身傷害補償保険・搭乗者
傷害保険への加入も検討しておきましょう。

 

また、公私ともに車をフル活用されるラ
イフスタイルであれば、突然の事故など
で生活の足が奪われては一大事です。

 

したがって、代車費用補償特約を付帯し、もしも
の時に経済面・生活面で立ち行かなくなる、なん
てことがないように準備しておくことも忘れずに。

 

20代に比べて収入も増える反面、支出も増
える時期ではありますが、リスクに備えて特
約は可能な範囲で付帯したいところですね。

 

また、もらい事故で100%相手方に過失がある
場合は、加入先自動車保険会社への示談対応は依
頼できませんので、弁護士費用特約などは特に
検討しておくことをおすすめします。

 

そして、第三者の家族としてペットを迎えて
いる家庭では、ペット特約もポイントです。

 

ペットと同乗中に事故に遭い、ペットが怪我などを負
ってしまった際の治療費、亡くなってしまった場合の
葬祭費用、被保険者が怪我を負って入院となった際の
ペット預託費用など、大切なペットとともに生きる家
庭にはうれしい補償が盛り込まれています。

 

何かと支出の増える時期ではありますが、もしも
に備えて万全の補償体制を整えておきましょう。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

>>40代の保険料安くするのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP