自動車保険おすすめ 口コミ!安いばかりを考えるデメリット

「交通事故に遭い自動車保険を徹底検証した管理人が、
自動車保険の実態とおすすめ情報をお伝えします。」

 

自動車保険の口コミランキングで、1位のところが1番
おすすめの自動車保険かと言えばそうとも限りません。

 

多くの人のニーズに合う充実した保険商品であるには違
いないのですが、金銭面でもサービス面でも標準付帯内
容についても優れており、総合的に申し分ないでしょう。

 

しかし、人により手厚くしたい補償部分が違いますし、ど
んなに特典割引が充実していても自分が対象とならないの
であれば満足できる支払い金額でなかったりもします。

 

けれど順位的に上位ほどおすすめとは限らないものの、自動
車保険の口コミでおすすめになっている上位10社程度は補
償内容も優れており、事故に限らずいろんな車のトラブルに
も本当にこの保険で良かったと思える対応ができていて、優
れている自動車保険であることは間違いありません。

 

人によりどの自動車保険を好むかは考え方やニーズで
違いますが、対応や補償についてしっかりしている自
動車保険会社というニーズはすべての人に共通するこ
とですから、口コミ推奨の評価の高い自動車保険とい
うものには大きな値打ちがあると思います。

 

そして細かなところでどこが優れているのかは、複数の自動
車保険会社の一括見積もりで比較すると明確になってきます。

 

同じ条件で見積もりを依頼しても自動的
に付帯しているものが違いますし、割引
に関する特典の内容も変わってきます。

 

補償のすべてを同じにしてみても価格的に数万
円違ってきますが、高い分弁護士費用が補償さ
れていたりと、高くても魅力あることがオプショ
ンでなく標準で付いていたりするのです。

 

保険料節約のために少しでも安価なところと
いうだけで選ぶのも構わないと思うのですが、
細かに項目を見てみると「へぇ〜」と思える
補償が付いているところがあるのです。

 

何よりも自分の自動車運転の頻度や、その車を運
転する人がどのような人たちなのかなど車との関
連で状況もいろいろですから、それもよく考えて
最も適した自動車保険を選択することが大切です。

 

自動車保険口コミでは、おすすめにはおすすめするだけの価値があります。

 

ひとつだけに直ぐに絞らず、それらを比較して
双方の特色や魅力的なところを見つけ、自分に
はこれだという自動車保険を見つけましょう。

 

もちろん、毎年の更新時に比較のし直しを行うことも大切だと思います。

 

 

自動車保険は今や自由化業界であり、たくさんの通販型や
代理店型などと、選ぶのに迷うほどの保険会社があります。

 

そのためか、同時に一括見積もりサイトなどで比較検討す
るというのが最近の自動車保険選びの主流になっています。

 

しかし、自動車保険に対する考え方が少しでも安いほ
うが良いと思うだけで走ってしまうと、実際に自動車
トラブルや事故にあった時に、欲しかった補償が付い
ていなかったりということも少なくないのです。

 

安いだけで選んでいざという時に役に立たない、あるいはそ
れを超える金額の補償になっていて自腹を切るとか、また膨
大な借金を背負い人生そのものを急転化していくなどという
のも、ドラマの世界ではなくありえることだと思います。

 

「自動車保険選びのプロセスを誤るとデメリットが生じます」

 

ですが、流れを忠実に守りたどり着いた自動車保険は、
どこよりも何よりも自分にとっての優れものになります。

 

自動車保険を選ぶときには、まず自分の車
に関わる状況や環境を考えてみましょう。

 

通勤・通学に用いているのか、買い物などの普段使いなのか、
いろいろな事故にも遭いやすいとか、他にも運転する人間が
いるかどうかで限定特約をどうするかでも運命が変わります。

 

自分自身に必要なものを選び、付帯するかどうか見極める必要があります。

 

一般的には、セット商品の中でも対人も対物も示談交渉もしてく
れる6種類の保険のついた総合保険に加入する人が多いようです
が、それらのセット内容についても、「補償内容について何も知
りませんけどパーフェクトでしょう」などと言っている人は、本
当に何かあった時に保険に助けられるかどうか分かりません。

 

まずは補償プランの組み立てから始まり、見積り
で安いところをという順序を忘れないようにして
自動車保険を選んでいくことをおすすめします。

おすすめは自動車保険一括見積もりサービス

「管理人の見積もり比較条件」

保険料

32270円

車種

フィット

使用目的

日常・レジャー

免許証

ゴールド免許

適用範囲

家族限定

年間走行距離

1万km

対人・対物

無制限

人身傷害

3000万

搭乗者傷害

1000万

車両保険

なし

「自動車保険安い順ランキング」

自動車保険会社

保険料

(車両保険なし)

自動車保険口コミ

イーデザイン損保

32270円

他社から乗り換えた理由はネット割引や早割などの割引...

SBI損保

32820円

今まで代理店型・ダイレクト型と自動車保険を変更して...

おとなの自動車保険

33770円

事故の解決までにかなりの時間を要しました。事故の相...

アクサダイレクト

37110円

以前はソニー損保に加入していましたが、事故対応のま...

三井ダイレクト損保

39540円

保険料が上がっているという口コミもありますが、それ...

三井住友海上

41560円

搭乗者保険を適用しようと申請しましたが、カスタマー...

ソニー損保

42880円

初年度に関してはソニー損保は有利。他の人も口コミさ...

チューリッヒ

44660円

自損事故で保険請求をしましたが、対応がスムーズで面...

そんぽ24

49290円

低価格で、それでいてロードサービスも充実していて良...

あいおいニッセイ同和損保

56670円

初めて車を購入した時に、マツダのディーラーに半ば強...

東京海上日動

60220円

事故の相手が東京海上だった。こちらが被害者なのに連...

損保ジャパン日本興亜

61590円

割引と特約を上手く組み合わせることでコストパフォー...

AIG損保

62150円

補償内容の面では特に珍しい点は見えませんが、特約の...

 

私の以前の保険料は56250円でしたが、ネットを
用いて自動車保険の見直しを行ったことが功を奏し、
現在は32270円という保険料になっています。

 

補償が手厚く、平均相場額より安い自動車保険を見つけたのはのはこちらです。

 

 

見積もり様式はとても簡単なのでおすすめです。

 

 

保険の自由化によって、自動車保険は選びがいのあるものになりました。

 

より良い保険を選んでいくために、各社見積もり
を取って比較検討していくことをおすすめします。

 

しかし、見積もり収集段階でなかなか踏み出せない方もいるのです。

 

それは一社一社電話や封書などで見積もり依頼して、
返事を待ってから説明を受けるために問い合わせて
…など、とても手間がかかるものだからです。

 

しかも同補償同条件での比較が、見積もり様式が違うと困難でしょう。

 

そこで登場したのが自動車保険の一括見積もりサイトです。

 

また、自分の条件の場合の保険料の目安もわかるという優
れた無料のサービスなので、一押しでおすすめしています。

 

「自動車保険一括見積もりをするメリット」

 

昔は保険料も各社変わらなかったのですが、今
は保険会社各社比較するに値する保険料です。

 

もちろん保険料が安ければ安いほど良いわけではない
ので、同じ補償・条件下での比較が必要になります。

 

同一条件を一社一社違う様式に入力したり、書類
に書き込んで投函というのも面倒ですし、担当者
を呼んだり出向いたりというのも時間を要します。

 

一括見積もりならばこうした面倒さも時間も要らず、
短時間で見積もりを出したり依頼することができます。

 

労力半減・時間に縛られないということで、忙しい方
などにも初めの一歩が踏み出しやすいというものです。

 

また数社比較することで、今までの保険料と比較し
て「こんなに安くなるの?」と驚くこともあるかも。

 

高ければ良い保険とは限らないのを、補償や条件を確
認しながら見ていくことができるのでおすすめです。

 

「自動車保険一括見積もりのデメリット」

 

一括見積もりで気軽に入力したら、電話や訪問やダイレクト
メール攻撃があるのではないか?というのが心配ですよね。

 

一括見積もりでも個人情報を入力しなけれ
ばいけない場合もあるので、尚更しつこい
営業などがあったらと躊躇してしまいます。

 

もちろん、保険会社も営業があるので見積もり依
頼があれば動かない手はないというのは当然です。

 

そこで、一括見積もりの時には個人情報の扱いをチェックして、
見積もり回答をメールのみにしておくことをおすすめします。

 

不要な電話や訪問を避ける手段になるでしょう。

 

一括見積もり時には、メリットとしては同補償同条
件で比較することができる点ですが、保険各社補償
やサービスが統一されていない部分があります。

 

特約が含まれている補償やセットになっているもの、車両
保険で区分や補償範囲が保険会社によって違ったりなど、
全くの同補償同条件にはならないところがあるからです。

 

ここは、一括見積もりとしては入力条件に
一番近い部分を選択することになります。

 

保険会社独自のオプションなどは見積もり
に入れられないということもあるので、含
まれない部分を加味しなければなりません。

 

また一括見積もりで比較をする際に、基本
的な保険用語は知っておきたいところです。

 

ちょっと自信がないなという場合は、自動車保険会社のサ
イトなどで基本用語集などをアップしていたりするので見
ながら自分のニーズに正確に反映するようにしましょう。

 

 

一括見積りのための準備をしましょう。

 

最初にパソコンやスマートホン・タブレットな
ど、インターネット環境とサイトの選択です。

 

次に書類を用意します。

 

既に保険に加入している場合は、保険会
社からの更新案内や契約情報が必要です。

 

車検証もしくは売買契約書と、それらに書かれている
メーカー・車名・型式・初年度登録年月などの情報。

 

自分の年齢や免許証の色などはOKですね?

 

複数の自動車保険を比較してみるのがおすすめです。
一度やると毎年せずにいられなくなりますよ!

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

こわ〜い顔した男の車と接触した体験談

秋の夕暮れ時、妻に買い物を頼まれ我が家の自家用車で
あるフィットに乗り一人で出かけた時の話になります。

 

スーパーの駐車場に車を停め、妻が書いたメモを見ながら買い
物を済ませたので車に乗り駐車場を出ようとバックしたその時!

 

「ドンッ」

 

なんと軽自動車のフロント部分と接触してしまったのです。
後方確認しながら運転しましたが、気づきませんでした。

 

「やっちまった…」

 

私は慌てて車を降り「すみません、大丈夫でしょうか?」と相
手の方に言うと、こわ〜い顔した男が運転席から出てきて自分
の車のフロント部分を念入りにチェックし始めたのです。

 

車体に顔を近づけ絶対に傷を見つけるぞという意気
込みが感じられ、私は少し怯えてしまいました(汗)

 

するとやがて…「どこ見てんだよ〜危ね〜じゃね〜か」

 

男は自分の車のフロント部分を指さし、
「ここにキズがあるでしょ?わかる?」

 

私は動揺していましたが、まずは警察への連絡と思った
ので「警察呼びましょうか?」と話を切り出しました。

 

すると男の反応は?

 

「いいよこれくらい、見逃してやるよ」と言い、
軽自動車に乗りにさっさと私の前から消えて行ったのです。

 

私は胸を撫で下ろすことになりました。「ホッ」

 

帰宅する車中で考えました。明らかに過失は私のほうです。
なのになぜ、「警察呼びましょうか?」で男の態度が一変したのでしょうか。

 

考えられることは無免許・車検切れ・飲酒・盗難車?

 

理由はいまだ不明ですが、警察が来ると困る人なんだと思っています。

事故を起こしたことはありますか?

自分が契約している自動車保険が良いのかどう
かは事故を起こしてみると分かると思います。

 

お客様の口コミの評価は、事故を起こした後か事故
を起こさない時かで比較ポイントが違うでしょう。

 

自動車保険は車を運転する人にとってはごく
一般的で、ほとんどの人が加入しています。

 

むしろ加入していないとその人間性を疑われてしまうものです。
事故を起こした場合、必ず損害賠償をしなければなりません。

 

そのとき賠償能力がない場合は、
賠償金を支払わないと言えるでしょうか?

 

そうなった場合、被害者がその宅の家計を担っている
人ならばその家庭は一変してしまいますし、損害賠償
できないということは相手を傷つけることなのです。

 

ですから人間性を疑われるのです。

 

その自動車保険の評価は、事故を起こさない時は
お守りであってそのありがたみは分かりません。

 

したがって、保険料がいいことが自動車保険の
評価になるかもしれません。何のおかげもない
ものは安いほうが良いに決まっています。

 

しかし事故を起こした場合、その評価は一変してしまうでしょう。
その保険会社の事故対応についての評価になっていきます。

 

事故は一生のうちに何回も起こすことはないと思います。

 

したがって、事故を起こした人は何も分からないので
すし、それにどのような展開になるかとても不安です。

 

そのときに事務処理や事故の相手との交渉でトラブルにな
ったりしたら、その口コミの評価は地に落ちるでしょう。

 

うまくいって当たり前なのです。そして結果だけ
を報告するというより、経過説明も安心材料です。

 

事故については気にかかっているのですから。

 

近年はネットの自動車保険が人気を呼んでいますが、
事故になった時にネットの自動車保険では対応がど
うか、一抹の不安がある人もいることでしょう。

 

ネット保険の募集や保険料はとても魅力的です。

 

しかし、いざという時に役立つのかということがどうしてもついてきます。

 

ですから保険料が少しくらい高くても、代理店
型の自動車保険に加入する人がいるわけです。

 

私も事故を数回経験したことがあるので、自動車保険
は事故に遭った時にどのような対応をするかで決まる
ということを分かっています。実際にネットの自動車
保険もそのことをシステム化しているはずです。

 

したがって何の不足もないでしょう。

 

生命保険であろうが自動車保険であろうが、何も保険
請求事由がなければ単なるお守りですが、何か事が起
こったときにどれくらい機能するのかによって、お客
様の口コミ評価は違ってくるものだと考えます。

素人判断で適当にチョイスしたプラン

自動車保険に加入して悪かったということは、未加入よ
りは良かったと思う人が多いのではないかと思うのです
が、最近の単なる安価な自動車保険に走ってしまい、い
ざトラブルや事故になるとほとんど役に立たなかった
いうことが増え出しているのも確かのようです。

 

自動車保険を別のところに乗り換えても今までの経歴
や等級が引き継がれるようになり、自由化が進み通販
型の自動車保険も華々しく賑わっている業界ですから、
誰もが少しでも安いところへと飛びつきます。

 

安いほうが良いに決まっているのですが、その安さの
理由をきちんと確かめなければ安かろう悪かろうとい
う他の商品の状況と変わらない結果となり、加入の意
味が無かったということになってしまうのです。

 

そもそも自動車保険には、
対人補償
対物補償
人身傷害補償
搭乗者傷害
自損事故傷害
無保険車傷害
車両保険
という項目を気にして調べた人がいるでしょうか?

 

見積もりをする時にそれらの項目について補償金額を入力
することになりますが、その金額を低く設定したり、それ
らすべての保険に入らないでチョイスしたりすることで保
険金額が安価になっているとしたら、それは補償が低くな
ったために安くなったということですから、自動車保険の
内容そのものが安物ということになるのです。

 

実際に、安いという意味にはネット割引やその他の特典割引
による割引が多いのであり、その割引分を自動車保険の内容
について充実させてもなお安価ということになるのです。

 

安いけれど、どんなときにも安心な補償が充実していると
いう自動車保険の探し方は、対人と対物は無制限にしてお
き、搭乗者や自損事故、人身傷害、無保険車傷害もそれな
りの金額を補償してもらう形にしておくべきなのです。

 

そのバランスを考えたセットものも登場しています
が、個々の多様なニーズに応える自動車保険は、や
はりセレクトするしかないということになります。

 

自分に適した十分な自動車保険を解らないという人が多
いのも確かで、自由にチョイスした自動車保険が人気と
いっても、できればプロのアドバイスも欲しいものです。

 

自動車保険の悪いところは、素人判断で適当にチョイス
したプランを通してしまうことですから、できれば気に
なる保険会社の数社のカスタマーセンターなどに電話連
絡をして、車の運転をする人についてを始め、どんな使
い方をするのか自動車に関する細かいことを話しアドバ
イスをもらいながらプランを組み立ててみると、意義の
ある自動車保険を安価に得られることになるでしょう。

自動車保険おすすめ〜まとめ

現在、私たちが加入することができる自動車保険は多種多様な
タイプのものがありますが、どこに加入するかは人の自由であ
り、加入する人は自分が良いな〜と思ったところや周りからお
すすめされたところに加入するというのが一般的でしょう。

 

実際に事故を起こすまで保険に関しては何も思わないかも
しれませんが、いざ自動車保険を使うときに困らないよう
にするためにもしっかりと選んでほしいと思っています。

 

>>ここの見積もりサービスは良かったです

 

>>自動車保険の口コミに真実を知るのページに進む

 

自動車保険おすすめ@口コミ!安いばかりを考えるデメリットTOP